「あれ?!私、さっきネギ買おう思ってここ置いといたのに

どこやったんやろ?」

お客様(Yさん)が、言われました。

「えっ?どこ置いたん?ないで。」

一緒におられたもう1人のお客様(Aさん)と探します。

「あれ?どうしたんやろ?さっき、絶対ここ置いたんやけど…。」

「ちょっと、あんた、これちゃうん!」と、Aさんが指差した先は

お客様の脇でした。

「あ~!笑

私、ずっと傘を挟んどる思とったわ!(大爆笑)」

私もAさんも大爆笑!

Yさん:「もう、こんなんやでぇ~私。抜けとるんやなぁ~ 笑」

私:「ええわぁ~ 笑 今日1日、この大雪で参りそうになっても、

ネギの事思い出して、楽しく回れそうやわ 笑 おおきに!」

そんな事を言い合って笑ってる私も、全然負けてはいない大ボケさんです。

よく、「しっかりしとるなぁ」と、人に褒めて(?)頂くのですが、

本人には全く『しっかりしている』という自覚はなく、

ただただ、あわてんぼうのおっちょこちょいだと思っています。

つい最近でも、色々やってます。

去年の暮れ、早めに大雪が降った時のことです。

大雪とはいえ、もうとくし丸での冬は3回目。

雪道もだいぶん、慣れてきました。

平地はなんなくクリアして、いよいよ細い急な山道を登って行くコース。

念のため、セカンドに入れて走ります。

細い急な坂道の行き止まりをUターンする際、やってしまいました。

キュキュキュキュキュー

キュキュキュキュキュー

前にも後ろにもタイヤが動かない状態に。

近くの人に頼もうにも、周りはご高齢の方ばかり。

何が何でも自分で頑張るしかありません。

持っていたスコップで、前と後ろのタイヤのところの雪をかきます。

車に乗り込んで、再度挑戦してみます。

キュキュキュキュキュー

キュキュキュキュキュー

アカン…。

焦ります。

それを、何度も繰り返していると、外出から戻ってこられた近所の方(60歳くらいの女性)が

アドバイスしてくださり、車を押してくださいました。

2度ほどチャレンジしたところで、車はやっと動きました。

「ありがとうございました!ほんまに、ありがとうございました!」

「雪道は大変やね。これ、四駆なんやろ?」

「はい、四駆です。四駆でもここまで積もってテカテカになると怖いですねぇ~(汗)」

本当に、冷や汗が出ました。

なんとか、心を落ち着かせ販売し、次の場所へ移動し、

そこで、先ほどあった話を聞いてもらいました。

「ほ~か。この車四駆なんやろ?」

「はい、四駆です!

…………。

あっ!四駆やけど、四駆にせんなんのや!

四駆にするボタン押すの忘れとった!

この車は四駆や四駆や思って安心しとったけど、

そうや…。四駆にせんなんのやった…。

1年たったら、すっかり忘れとりました。」

ビックリです。

何がビックリって、さっきも書きましたが、

とくし丸での冬は3年目。

初めての冬ならわかるけど…。

無事に戻れたからよかったようなものの…。

情けない。

お正月休み明け、「さぁ!今日からいよいよ!」と、張り切って朝起きて

いつものようにベッドでストレッチをし、

いつものようにテレビをつけ、朝食。

食パンとフルーツ入りヨーグルトと

前日作ったビーフシチューを温め

いつもよりガッツリめの朝ごはんを食べました。

いつものチャンネルに合わせましたが、

いつもの番組ではなく、お笑い芸人とジャニーズが出ている旅番組。

あ~、まだ正月明けでいつもの番組はやってないんだな。

天気予報が見れないけど、好きな芸人さんが出ているし、

結構面白くて観てしまいました。

で、ふと時計に目をやると

2時15分

ん?

んんっ?!

時計の二度見です。

あれ?

時計がくるっとるやん。

で、携帯の時計を見ると

2時15分

………。

えぇ~~~~~~~~~!!

なになに?!

どういうこと?!

えぇ~~~~~~~~~!!

いつもより、ガッツリ食べたやん!

食べきっとるやん!

夜中やん!

まだ、さっき寝てから3時間やん!

なんやったら、晩ごはん食べてから、そんなたってへんやん!

えぇ~~~~~~~~~~!!

どうしよぉ~~~~~~~!!

とりあえず、歯は磨いてさっさともう一回寝てみました。

俗に言う、牛になるやつです。

もう、おおかた夜中に朝すべきことは済んでいるので、

タイマーはいつもより1時間遅れの6時にセットし直しました。

張り切りすぎです。

張り切りすぎの無駄遣いです。

暮れと新年早々に、大ボケまくったので、

今年も怖いものはないな!と、思います。

そして、このネタをひっさげて

色んな方に初笑いしてもらいました。

「あんた、見かけによらず、おっちょこちょいやな 笑」

そう、言ってもらいますが、

もうそろそろ、見かけによらず…。

ではなく、相変わらず。

に、なってきそうです。

(もちろん、家族は慣れっこで、またか…って、感じですが 笑)

いつも以上に張り切ったり、いつも以上に焦ったりすると

ミスやアクシデントが起きやすいものです。

私に必要なことは、落ち着き。

小さい頃から、言われ続けていることです。

今年で、4回目の年女。

もうそろそろ、落ち着かなアカンな 笑

 


丸々、とくし丸に関係ある訳ではありませんが、

ものすごく関係あるといえば、関係あることかな。

今日、販売でお世話になっている地区の公民館で、

お客様が企画・運営されるイベントがあり、

夫婦で参加してきました!

伊根町の観光協会さん主催の「お魚教室」です。

事前にお客様からお聞きし、すぐに参加の申し込みをしました。

なぜなら、旦那さんにお魚のさばき方を覚えてもらうため!笑

私がとくし丸をするようになってから、頑張ってキッチンに立って

一緒に料理をしてくれる旦那さんですが、

魚料理だけは敬遠していました。

「血・内蔵が苦手」「グロテスク」「臭い」

やらず嫌いというのでしょうか 笑

でも、やってやれないことはないし、

スキルアップになる。

苦手なこと克服できたら、

人生の楽しみがまた広がる!

まぁ、そんな大層なことより、

私が助かるから♪って、いうのが1番の理由なんですが 笑

旦那さんに、「こんなんあるけど、夫婦で参加してみぃひん?」と、聞くと

「いらん!」と、言われることを想定していたのに反し、

意外と前向きな答えでビックリしました。よしよし 笑

参加費 1人 800円

ペアだと、1400円!ってのも、リーズナブルで魅力的!

マイ出刃包丁とエプロンと参加費を持って、いざ出発!

前日に大雪が降り積もったため、開催が危ぶまれましたが、

先生が晴れ男ということもあり、当日は見事に晴れ!

魚も準備できるかな?と、心配されていましたが、

予定通り、準備できたそうです。ラッキー♪

場所は、伊根町本庄の浦島神社横の本庄公民館

公民館

奥が浦島神社

浦島公園

すぐ隣には、浦島公園もあります。

11時の開始10分前に着くと、もうすでに調理場では

賑やかな声が聞こえてきました。

主催されたお客様が出迎えてくださり、みなさんに

「とくし丸の水口さんとそのご主人です。」と、紹介してくださいました。

さすがに、伊根町のほとんどを回らせて頂いているので、参加者の中に

お客様だったり、知ったお顔だったり、私を知ってくださっている方も

いらっしゃいました。

エプロンをつけて、早速お料理が始まりました。

まずは、鯵の開き方(フライ用)です。

私は普段しているので、今回はカメラマンと助手に徹することにし、

率先して旦那さんにやってもらいました。

最初は、怖々おどおどしているように見えましたが、

1匹、2匹とさばくうちに、どんどん要領もわかってきたようでした。

ひとつクリアしたら、ステップアップ!

次は、イカのさばき方。

先生が大きなイカをさばくと

中から沢山の小魚が出て来てビックリ!

食べたんだと思ったら、泳いでいたら勝手に胴の中に入ってくるんだそうです。

どうりで、みんな綺麗なわけだ!笑

帰ってから子供たちに写真を見せていると、「すごいやろ!1番ビックリした!」と、

旦那さんが興奮気味に説明していました。

よほど、衝撃的だったんでしょう 笑

イカも刺身用に上手に切っていました。

みんなそれぞれに、ワイワイキャッキャ言いながら、

楽しく和やかに時間が過ぎました。

次は、ハマチ。

ちょっと、大物です。

最初に大きな切り身までは先生がしてくださり、

その後、刺身用に皮を剥いたり、カットしたりをさせてもらいました。

この頃には、どんどん慣れて、先生に

「うまい!うまい!」と、褒めて頂ける様になりました。

そんな、旦那さんを横目に、私は数名の方たちとおしゃべりしながら

先ほど開いたアジをフライにしたり、盛り付けたり、

着々と食べる用意に取り掛かりました。

事前に先生が刺身のつまや、

手作りのたくわんを用意してくださってたり、

観光協会の方が手作りのお味噌を持ってきてくださったり

(それで、お味噌汁を作りました)、

参加者の方が自然の湧き水を持ってきてくださったり

(なんでも、野室という地区では水道をひねると湧き水が出てくるそうです。

美味しいし、ミネラル豊富。その上水道代がタダ!)、

それだけでもすごい豪華。

都会には都会の良さがありますが、こういうところは、

本当に田舎の良さ・贅沢さだと思います。

みんなで、協力すること約1時間。

あっという間に、ご馳走が並びました!

朝獲れたての魚を自分たちでさばき、自分たちで料理し、

みんなで楽しく食卓を囲む。

美味しいのはこの上ない!豊かでとても温かい時間でした。

片付けも、みんなですると早いし、楽しい♪

お土産に、イカやお魚を頂きました。

先生、そしてお世話になった観光協会のみなさん

本当にありがとうございました!

☆    ☆    ☆    ☆    ☆

さてさて、お家に帰って復習です。

参加できず、食べられなかった子供たちの為にも、

是非とも旦那さんに頑張ってもらわないと!

習ったことは、すぐに復習するのが1番!

旦那さんは、カワハギのさばきのおさらい。

カワハギは、時間の関係で先生がさばかれるのを見てお勉強しただけ。

できるかなぁ~と、やや自信なさげな様子でしたが、

「うっ」「うえっ」などとつぶやきながら、

なんとか2匹さばきました!素晴らしい!!

私は、その間イカを野菜と炒めて一品。

そして、旦那さんのさばいたカワハギを煮付けました。

子供たちは、お父さんがさばいたカワハギにやや不安そうでしたが、

それでもにんまりしながら、美味しい美味しいと食べてくれました。

お魚教室は、第二弾・第三弾があるような嬉しいお話もあったので、

是非、また参加させてもらいたいな!と、思いました。


新年が明けてから、随分経ってしまいましたが、

明けましておめでとうございます。

暮れは、とてもとても忙しく、

なかなかパソコンに向うことができませんでした。

お正月休みもしっかりとって、心身ともに十分休養させて頂き、

やっとこうしてパソコンに向っています。

こんなに忙しく充実した時間が過ごせるのも、

たくさんのお客様のおかげだと改めて感謝しています。

そして、陰になり、日向になりサポートしてくれる家族、

そして、フクヤさんの方々、業者さん…。

大変な時に、人の優しさ・温かさを強く深く感じました。

自分ひとりでは何もできない。

とくし丸は基本的にひとりでやっているけど、

自分だけでは何ひとつできない。

支えられて、今がある。

そう強く強く感じました。

人間、余裕がなくなると周りが見えなくなったり、

自分本位になりがちです。

お客様にも、満足のいくサービスができていたか、

できているのか最近、自信がありませんでした。

周りのサポートのおかげで、なんとか今まで体を壊すこともなく、

休むこともなくやってきましたが、

色んな事を考えて、今年から日曜日に加え、月曜日もお休みにして、

完全週休二日制にしようと思いました。

これは、半年以上考えて考えて出した答えでした。

月木コース・火金コース・水土コースと、週二回回っていたところを、

月木コースのお客様は木曜日だけの週一回になるのです。

その分、不自由をご迷惑をおかけしてします。

心は決まっていても、なかなかお客様に伝えることができませんでした。

でも、お客様皆様

「そうか…。一回だけになるんか…。

でも、あんたにはずっと来てもらいたいし、長く続けてもらいたい。

だから、今のままでは大変やなぁ~って、思っとったんだ。

そうして。無理せんと、身体大切にしてずっと来てな。」と、

逆に私を気遣ってくださいました。

余計に心は痛みましたが、お休みを頂いた分、

パワーアップして頑張らなくっちゃ!という気持ちになりました。

開業当初より、お客様やコースも変りました。

亡くなられた方、転居された方、そして逆に増えた方。

これから先もそれは絶対あることです。

その時、その時の状況に応じて、これからも身体資本に

新年新たな気持ちで頑張っていきたいな!と、思っています。

どうか、2018年もとくし丸5号車を、

そしてどんどん拡がり頑張っている全国のとくし丸をどうぞ宜しくお願い致します!

 


毎年、クリスマスにはお客様に感謝の気持ちを

ささやかなプレゼントにしてお渡ししています。

でも、今年は早めの大雪や、日常のバタバタで

なかなか気持ちがクリスマスまで向くのに時間がかかりました。

毎日、毎日天候が悪く寒いと、自分自身もお客様もどうしても気持ちが

沈みがちなのを感じていました。

なにか、楽しいことがしたいなぁ~

気持ちが少しでも明るくなることが…。

そう思っていたら、パッと思いついたことがありました。

そうだ!

毎年、キャンディーやお菓子を小袋に入れてプレゼントしてるけど、

今年はお菓子のつかみ取りやってみよう!

思い立ったら、後先考えずに突き進む性格です。

「ええけど、なんでこんな年末の忙しい時に、

余計大変なことするんや(苦笑)

自分で自分の首絞めとるようなもんやん(呆れ顔)」

と、だんなさんに言われてももう止まれません!

さっそく、『お菓子のつかみ取り箱』で、検索して箱を購入しようと

あれこれ探していると…。

「そんなん買わんでも、自分で作ったらええやん!」と、

旦那さんがカキ氷機の空き箱を持ってきてくれました。

すると、娘が「私が穴開けたげるわ!」と、箱に上手に穴を開けてくれました。

あとは、自分でクリスマスっぽい包装紙を箱に貼り付けて完成!

飴やお菓子を大量に買い込んで、まずはお家でみんなでお試し。

「おっ!25個も取れたど!」

えっ!もしかしたら、全然お菓子足らんやん!(汗)

「お母さん、去年お菓子5~6個詰めてこれくらいの量やったんやで。

絶対無理やん 笑」

あ~だ、こ~だ言いながら、大変な作業もみんなに助けてもらって

なんとか準備ができました。

今までは、イベント前には旦那さんにPOPを作ってもらって

事前に告知していたのですが、なんせ年の瀬の急な思いつきだったので

告知なしのいきなりイベントとなりました。

箱をシャカシャカふりながら、

「さぁ~今日はお菓子のつかみ取りをしていただきますよぉ~♪

ささやかですが、クリスマスプレゼントです!

たくさん掴んで取ってくださいね♪

ただ、欲張りすぎると出口で引っかかって出てきませんよ 笑」

そう言いながら箱を差し出すと、みなさんとても驚いて

でも、楽しそうに参加してくださいました。

初めてのことで戸惑われる方、よ~し!と、腕まくりする方、遠慮される方

最初は様々でした。

「よ~け取ってよ!」と、言っているのに

探って探って1つだけ摘んで出される方も結構おられて、

「これ、つかみ取りやで!それは、つまみ取りやん!笑」と、言って

笑いあったり、

「あんたよ~け取れたなぁ~

私こんだけやで!」と、取ったお菓子を見せ合っこして比べたり、

「うわぁ~ ほんまや!よ~け掴んでも出口で出られんように

うまいことなっとるわ!笑」とか、

いつもはとても静かな方が、意外と乗り気で真剣にたくさん取ろうと

頑張ってくださったり、

みんな最後は童心に返ったような笑顔を見せてくださり

思った以上に喜んで頂けたようでした。

やはり、予想があたり、当初買い込んだお菓子は全く足りませんでした 笑

でも、その分たくさんの方とイベントを楽しめたんだと思うと

やってよかったな♪と、本当に自己満足ではありますが

そう思いました。

お客様の笑顔をたくさん見せてもらえて、私が最高のプレゼントをもらったなと思います。

じゃんけん大会・ビンゴ大会・お菓子のつかみ取りと、やってきましたが

これからも、もっともっと楽しんでもらえるようなイベントを考えて

もっともっとお客様に感謝の気持ちを伝えていけたらなと、思っています。

 

 

 

 

 


まだ、開業して3年も経たない私でも、今始められる方からしたら先輩になる。

ということで、時々研修に来られます。

フクヤさんで新しく始められる方の研修はもちろんですが、

他の県から来られることも、たまにあります。

これから、開業される方もありますが、

もうすでに開業されている方も来られたりします。

ここ最近では、11月に山梨県いちやまマートさんの社さんという方が来られました。

山梨県!

そんな遠くから!

最初聞いた時はビックリしました。

そんな遠くから、来ていただいて、私はちゃんと何かを伝えられるんだろうか…。

いつも、そんな時恐縮した気持ちになります。

しかも、積込みが多いため、同乗研修ができないかもしれない…。と、お伝えしたら、

後ろからついて行きます。と、軽トラックの荷台にバイクを積んで来られたのです。

季節も季節、寒い中あまりにも申し訳ない…。

そこで、なんとか他の荷物をおろして、なんとか同乗研修していただけました。

社さんは、もともとおひとりで職人さんをされていたそうで、

人と接するのが苦手だから、職人をしていた。と、言われていましたが、

とても物腰の穏やかで優しい方で、きっとお客様にも丁寧に接しておられるんだろうな…。

と、感じられる方でした。

研修の前には、それこそご丁寧にお葉書を頂き、

研修後にも、お手紙をくださいました。

しかも、すごい達筆で!

きっと、そういう真面目でまっすぐなところが、

お客様にも伝わるだろうな…。

そう強く感じました。

いつも、思います。

研修に来ていただいて、勉強させてもらっているのは私の方だな…と。

12月に入ってから、今度は石川県のどんたくさんの所村さんが来てくださいました。

マネージャーさんの出島さんという方とご一緒に。

出島さんは、能登の方で出発は夜中の3時だったそうです。

所村さんは、金沢ということで、それでも4時出発だったそう。

それでも、お2人とも疲れを全く感じさせない爽やかな笑顔で

はじめまして!のご挨拶。

所村さんとは、ラインのグループで繋がっていたのですが、

それまでにお顔を拝見したことがなかったので、新鮮な感じでした。

出島さんの車に荷物を全部積込んで、所村さんには隣に乗ってもらい、

出島さんが後について、いざ出発!

しばらく走るコースだったので、車中話が盛り上がりました。

盛り上がってる最中に、所村さんの電話が…。

「えっ?!今、府中公園?

水口さん、出島さん、迷ったみたいです…。」

えっ?!だって、ずっとまっすぐな道…。

どこで?!

あっ!

府中公園って、わりと出発してからすぐのとこ…。

もしかして、信号待ちで…。

あまりに話に夢中で、後ろの車を確認してませんでした(汗)

「とにかく、まっすぐまっすぐ海岸線を来てください!」

待つこと、5分~10分。

無事合流できました!

とにかく、天気予報がずっと悪いといっていたし、

その日も午後から降る予報。

しかも、伊根の方は、天気が変りやすく(『うらにし』というもので、

『弁当忘れても傘忘れるな!』と言われるほど)、いつ降り出すか

いつ降り出すかと、ドキドキしていました。

でも、雲行きが怪しくなっても、一向に雨が降らず…。

そう思っていると、所村さんが

「もしかして降ったら…と、思って言わなかったんですけど、

僕ら2人共晴れ男なんです!どこ行っても、降られたことないんです♪」

で、結局最後まで雨にも雪にも会わずに済みました。

そして、私のコースの最高の景色も見て頂く事ができ、嬉しいやら

感謝やら♪

そして、お2人が帰った次の日は

初雪の大雪が降りました(もう、笑い話にするしかない!笑)

最後にお2人から、「楽しかったです♪」と、言って頂きました。

本当にそうなら、本当に嬉しいです。

いつも思います。

とくし丸をしてなかったら、出逢うことはなかったつながりです。

こんな、全国の方々と繋がれることに、今回も感謝でした。

 

 


もう、とくし丸を始めて二年半以上が過ぎました。

それでも、未だにわからない&聞いたことのない言葉に出会います 笑

自分の住んでいるとこと、そんなに距離も離れてないとこでもです。

ビックリです!

日ヶ谷というところでの会話で出てきた言葉

『どーどーの川』

へっ?!何それ?!

例えば、「明日は雪がどーどーの川だ」みたいな。

『たくさん』という意味らしいです。

それで、びっくりした私に

Fさん:「ほんならこんなんは知っとるか?

『あだける』は?」

私:「知らん!何?」

Fさん:「『落ちる』だ 笑」

私:「へぇ~。そしたら、穴にあだける。って、使うん?」

Fさん:「そうだなぁ 笑」

すると今度は、それを聞いていたOさんが

「ほんなら『もやこ』は、わかるか?」

私:「笑 知らん、知らん 笑 何? 笑」

Oさん:「『もやこする』って使うんや」

私:「え~全然わからん 笑」

Oさん:「分けるっていう意味やな 笑」

そんなこんなで、その場にいたみんなで盛り上がりました。

で、次の販売場所に行って、その話をすると、少ししか部落が離れていないのに

「こっちの方では、『もやいこ』言うて、『一緒に』っていう意味で使うなぁ~。

例えば、『もやいこして、畑に行った』とか。」

またまた、ビックリ!

こんなけしか離れてないのに、違うんだぁ~

Kさん:「ほんなら、『おたてぇ』は、わかるか?」

私:「あ~、それは、父がよ~つかっとったけど、どういう意味かいまひとつわからんなぁ~

どういう意味なんやろ?」

Kさん:「まぁ、ええ意味では使わんわなぁ。『困った』とかいう感じかなぁ~

『台風で田んぼがわやだわや。ほんまにおたてぇわ!』って、感じかな」

なるほど!困った感がハンパなく伝わってきます。

きっと、まだまだ知らない方言があるんだろうな。

人との出逢いはもちろん、こういう新たな方言に出逢えるのも

日々の楽しみの一つです。

そこから、会話が広がり、距離も縮まる気がします。

さあ!明日も新しい出逢いがありますように…。


とくし丸を初めて利用される方や

観光客の方がよくビックリされることが

レシートが出るということです。

プリンターとハンディーターミナルを使って、

会計を行い、レシートを発行します。

商品には全て、バーコードがついているのですが、

生鮮食品の野菜にはついてないものがあります。

それに、野菜は毎日とはいいませんが、度々値段が変るため、

値段を打ち直す必要があったりします。

その他の部門の物でも、登録が間に合わず、未登録の物もあったりして、

その際は、ハンディーの操作で、値段を自分で打ち込まないといけない場合があります。

そういう時のために、バーコード表というのがあります。

「きゅうり」「トマト」とか書いてある横にバーコードがついた表です。

開業前、研修で初めてハンディーを使って清算する時は

とてもドキドキしたのですが、このバーコード表から

お目当ての野菜を探し出すのに一苦労したのです。

『これは、慣れるまで大変だぞ!絶対、モタモタしてしまう…。』

何かいい方法はないか?

開業までの間に考えました。

考えて、自分流のバーコード表を作りました。

 

絵を描くのが好きだったので、この作業はとても楽しかったです♪

そしてこれが、思った以上に良かった!

見やすいし、パッと探したいものが見つかります!

研修に来ていただいた方の中でも

すごく興味を持っていただいて、「これはいい!まねしてみようかな!」と、

言っていただきました。

使い続けてラミネートがヨレヨレになってしまいましたが、

これからも、このバーコード表は私にとってなくてはならないものです 笑

こうやって、自分で色々考えたり、色んな方の事例を参考にさせてもらったり、

どんどんバージョンアップしていけるのが、とくし丸の楽しいところでもあります!

失敗したり、また挑戦したり、お客様にとっても自分自身にとっても

より良くなるように、試行錯誤を繰り返していきたいなと思います!

 

 

 


翌日は、ゆっくりホテルを出て

とくし丸の本部を訪ねました。

徳島県へは、今年3度目になるのですが

とくし丸本部へ行くのは初めて!

日頃、何かとお世話になってるところです。

ちょっと、見に行くだけだから…。と、全くアポとらずだったのですが、

本部には、住友社長と岸本さん以外みんな(湯浅さん、佐藤さん、荒川さん、坂本さん)いらっしゃって、

私たちの突然の訪問にキョトンとされていました。

お仕事の忙しい最中に、本当にご迷惑でしたが、

近況を報告し合ったりさせて頂きました。

そろそろ、失礼しようかと思っていた時、

住友さんが帰って来られ、みんなの顔を見るなり

「どしたの?!」

やっぱり、ビックリされてました。

記念に。と、一緒に写真を撮って頂き、またまたよい思い出ができました。

 

お仕事がお忙しい時にお邪魔して、本当に申し訳ありませんでした!

そして、その後は、これまた日ごろからお世話になっている

「マーキュリー」さんへ。

私のとくし丸の生まれた場所です。

私のとくし丸の生みの親、太平さんにも4月ぶりにお会いできました。

そして、いつも優しく対応してくださる蛭子さんにも…。

マーキュリーさんは、困った時、いつでも丁寧に対応してくださる

心強い存在!

この日も、私の積込みの多さや悪天候のことを

すごく心配してくださって、とても感激しました。

作って、納車して終わり!ではない関係を続けてくださっていることに

本当に感謝です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、これも、「とくし丸」を初めてなかったら

分からなかったことですが、「徳島」は温かい。

人情味に溢れた地だと感じました。

そこで生まれた「とくし丸」だから、

こんなにも、たくさんの人の心に広がったんだと思いました。

徳島万歳!

とくし丸万歳!

仲間万歳!

そう強く感じた2日間でした。

わざわざ、宮津の自宅まで迎えに来て

旅のお供にしてくれたヴァローレのみなさんに

心からありがとう!

この体験をまた、日々の販売に生かしてがんばるぞ!


「雪が降るまでに美穂さんを徳島に連れて行くよ!」

富山県にあるヴァローレでとくし丸をされている古澤さんから言われたのが

9月だったでしょうか。

半信半疑だったのですが、有言実行の方。

本当に実現してしまいました。

私の連休に合わせて、11/19,20の二日間、徳島県への視察・研修旅行です。

もちろん、古澤さんだけではありません。

以前、私のところに研修に来てくださった涌井さんと、佐伯さんも一緒♪

「こっちを夜中の1時に出るから、美穂さんとこには5時くらいに着くから!」

えっ!い、1時?!

もちろん、みんなその日は仕事。仕事終わって、そのまま…。

すごいバイタリティー!!

4時に目覚ましセットしましたが、遠足前の小学生のように

3時に目が覚めてそれから寝られませんでした 笑

予定より少し遅れて、到着!

久々の再会でしたが、いつもラインで連絡取り合っているし、

なんだか不思議な感覚でした。

途中、車の中から朝日を眺め、近況を報告し合っているうち、

アッという間に徳島県に到着しました。


 

 

 

 

 

鳴門過ぎて、川内というところで、キョーエイの金本くんと合流することになっていたのですが、

あまりに順調で1時間も早く着き、金本くんを驚かせてしまいました 笑

そして、金本くんのお家で、金本くんのとくし丸を見せてもらうことに。


 

 

 

←※とくし丸の前に停まっているのは、

とくし丸カラーにアレンジした古澤号!


 

 

 

 

 

そして、金本くんを乗せて、小松島市の森さんのお宅に。

森さんのお宅でも、とくし丸を見せてもらいました。


 

 

 

 

 

森さんは、息子さんもとくし丸をされているので、

ガレージにとくし丸が2台!

森さんは自分で試行錯誤され、

中身の棚などを自分で工夫して改造されたりしています。

今更ですが、外側は同じとくし丸でも、

中身はみんな違います。

品揃え、陳列の仕方、みんなそれぞれ違う個人商店です。

だから、みんな人の車に興味津津なんです。

とくし丸の話になると、いくら時間があっても足りないくらい

話がどんどん膨らんで、そこからまた、アイディアが生まれたりして、

とても充実して、ワクワク♪した時間でした。

その後、森さんが積込みをされている巨大なキョーエイさんのスーパーへ!

とてつもなく、デカイよ!と、すでに見学済みの古澤さんからは聞いていたのですが、

本当にビックリするほどの大きさ!

 

中も見学させてもらったのですが、品揃えも豊富で楽しくなって、

普通に主婦として買い物を楽しんでしまい、みんなに笑われました。

夜は、キョーエイ8号車の北岡さんも合流し、

森さん行きつけのお店で美味しいお料理をいただきながら、

7人で親睦を深め合いました。

そして、スペシャルゲストとして

東京のベニースーパーの佐藤くん、愛媛県のセブンスターの渡邊さん、

高知県のサニーマートの中平さん、栃木県のどまんなかたぬまの矢部さんが

電話で参加してくれました♪

普段は、みんなそれぞれ1人で仕事をしています。

そして、それぞれに違った場所で働いています。

会うことも、そうなかなかありません。

でも、同じ『篤志』の心をもって働く仲間です。

もし、1人で落ち込むことがあっても仲間に話すと

なんだか心が軽くなります。

嬉しいことがあって、報告すると一緒に喜んでくれます。

悲しいことは半分に

嬉しいことは倍になります。

そんなかけがえのない仲間に出会え、こうして過ごせること

本当に幸せに思える時間でした。


 

 

 

 

 

パート2につづく…


1カ月ほど前に、連絡が入りました。

京丹後市の保健所からでした。

「11月の28日の火曜日に地域の医療・介護・福祉に関わる方が

集まってのイベントがあります。

とくし丸は、地域のお年寄りの方との関わりが深く、

見守り活動もされているとお聞きし、水口さんにその場で

10~15分ほどお話して頂きたいなと思いまして…」

ビックリです!

そんな、スペシャリストの方々が集まられる場で

私に何が話せるでしょう…。

「なんとかだでなぁ~」とか、

「したんだでぇ~」とか、そんな言葉で喋れない場な訳で…笑

そして、なによりその日は販売。

販売は休めないと、お断りせざる得ませんでした。

「では、事前に水口さんのインタビューや

販売風景を見せて頂いて、ビデオでの出演というのはいかがでしょう!」

改まって喋るのは苦手ですが、いつもの販売風景を見ていただくのなら

自然にできる。そう思い、そのご提案をお受けしました。

私は、2年半とくし丸をしてきましたが、未だに

販売している。という意識があまりありません。

最初の頃と変らず、大好きな親戚のおっちゃんやおばちゃんに会いに行ってる。という

感覚が強いです。

だから、その大好きなおっちゃんやおばちゃんの顔色が悪い、

元気がない、はたまた、お買い物の場に来ないし、呼んでも出てこない。

そんな状態を、当たり前に心配し、出来ることはしれていますが、

出来る限りの対応をしています。

とくし丸の、この日常が、お声をかけて頂いた要因のようです。

先週の土曜日、京丹後市の保健所から、3人の女性が訪ねてくださり、

販売風景を見て、お客様にインタビューされ、ビデオ撮影されました。

最初は、カメラに身構え硬くなっておわられたお客様も

いつもと変らないたわいもない会話をしているうちに

いつもどおり自然にお買い物して頂けました。

取材を終えた後、

「販売風景を見させて頂いて、よかったです。

たくさん、参考になることがありました。」と、言って頂きました。

大好きなおっちゃん、おばちゃんと冗談を言ったり、

大声で笑いあったり、触れ合ったり…。

そんなとくし丸の日常が、知らず知らずに地域のお役にたてているなら、

こんな幸せなことはないなと、思います。

そんなとくし丸の日常のご紹介や

様々な方の実践報告や

劇を通じて認知症を考えたり。など、

アグリセンター大宮で、

「地域包括ケア実践交流会 お気軽サミットin丹後」が開催されます。

お近くの方は、是非ご参加ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

カウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター