とくし丸を始めて、4年と半年経とうとしています。

本当に信じられないくらいたくさんの出会い・つながりがありました。

どの出会いも、私にとってとても大切なもので、

ひとつひとつの思い出が宝物です。

大好きな人との別れ。

覚悟の上の別れもあれば、突然の別れもあります。

一緒にお買い物をしていた方が

「Mちゃん、これよ~買ってたなぁ~」

なんて、言われると

「そうそう!たまに、無くって怒ってたねぇ~」

などと、商品を見て思い出したりして…。

大概のお客様の好みは把握していて、

毎回、同じ物を買われるお客様などは

商品がその人の顔に見えるほどです 笑

販売した商品それぞれに、お客様との思い出が詰まっています。

たくさんのお客様とお別れしましたが、

不思議と新しいお客様も増えています。

紹介だったり、偶然だったり…。

その都度、その出会い・つながりに感謝しています。

今まで、お顔さえ知らなかった方…。

最近、よく来てくださるようになった方も

以前、半年ほど前に1度買い物に来てくださって

その時、ふりかけを大量に買われました。

その方が、また最近買い物に来てくださって

その事を覚えていたので、

「ふりかけですか?笑」と、言うと

ちょっとびっくりされて

「笑

そうや、どこやったかいな?」

「ここ、ここ。

よ~けありますよ!笑」

もう、私の中で『ふりかけのお父さん』です 笑

その方が、ユーモアのある方だとわかった途端、

調子もんの私は

「ふりかけのお父さん!ふりかけのお父さん!」と、

話しかけます。

孫ほど違う私に、そう言われても

嫌な顔ひとつされません。

「おー!今日ももらうどー 笑

おい!あれないんか?あれ!

わしは、あれが大好きなんだ!

ほら、きゅうりの漬けもんの細か~く切ったあれだ!」

ピンときました。

「ごめんなさい、お父さん。

それ、今日は売れてしまったわ。

また、次でもええ?次持ってくるわ!」

「なんだいや、そうか。今度はいつかいな?

わかった、持ってきてくれ!

あれだで、わかっとるか?」

「はいはい。たぶんアレ。持ってくるわ!笑」

次の時、私もお父さんもちゃ~んと覚えていました。

「アレ持ってきたか?」

「持ってきたよ!これちゃう?」

「お~お~、そうだ、そうだ!

これ、3つくれ!」

「え~~~~。3つは持ってきてへんわぁ~。

3つかぁ~(汗)」

「なんだ、1個しか持ってこんのか!わしゃ、こんなもん

あっと言う間に食べてしまう。今度は、よ~け持って来んか!笑」

良いんですよねぇ~。

思った事を、思ったまま言うてくれるんです。

腹に持たずに、キチンと言うてくれるんです。

割と、私のお客様はそういう方が多くて、

その時は、ドキッとすることもあるのですが、

腹に持たないというか、言う事が全てというか、

そういう関係がすごく有難いんです。

永くお付き合いさせて頂きたいので、その方が嬉しい。

私も、販売する側なのに、結構好きな事言わせてもらって、

それでも、お互い笑っていられる関係が

本当に居心地がいいんです。

お客様みなさん、懐が深いんでしょうね。

あっちにも、こっちにも

私の周りには素敵なお客様がいっぱい!!

きっと、全国のとくし丸の販売先にも

素敵なお客様がいっぱいだと思います。

日本中のあちこちで

笑顔の輪が拡がってる!!

別れはあるけど、出逢いもある。

明日も新しい出逢いが待ってるかな?

出逢いを大切に、日々を大切に…。


7/1、フクヤさんの専務より

「テレビの番組で

水口さんを取材させてほしいと依頼がありました。」と、

連絡がありました。

その時は、軽い気持ちでお受けしました。

その後、7/10に1度ディレクターさんが

打ち合わせも兼ね、1日一緒に回りたいと

改めて連絡を頂きました。

去年、関西テレビさんの取材を1度受けた事は

ありましたが、その時は、コーナーの一部として

2~3分ほどだったと思います。

今回は、私個人をコーナー丸々使って取材という事で

少し、いやいやだいぶんドキドキしていました。

でも、お会いしたディレクターさんは

思った以上にお若くて、フレンドリーな印象で

お話しやすい方で、ちょっと安心しました。

1つ、不安だったのが

『こんな接客を放送していいのか?!』と、いう事でした。

親戚のおっちゃんやおばちゃんと話すみたいに

なーなーな関係でお仕事させてもらっている私。

丹後弁丸出しで、好き勝手言っている私。

そんな販売、大丈夫?!

1日同行終えて、心配した私は

率直にディレクターさんに聞きました。

「水口さん…

これは、ちょっとキツイですねぇ~

放送できませんわ…」

そういう返しを想像していました。

しかし、返ってきた答えは意に反して

「水口さん!めっちゃ楽しかったです!!

そのままの水口さんでお願いします!!」と、いうものでした。

「えっ?!いいんですか?あんなので?!

めっちゃ、なーなーですよ?

好きな事言うてますよ?」

「いいです!

あれがいいんです!!笑

また、取材の日程が決まったら連絡します!」

なんだか、ホッとしたのを覚えています。

肩の力を抜いていいんだ。と、思いました。

その後、取材の日程の連絡がありました。

暑い日は避け、少し涼しくなった9月に入ってからの

9/1(日)、9/4(水)、9/5(木)、9/6(金)の4日間密着という事でした。

よ、4日間…。

まぁ、この時は、本当の4日間密着の大変さはわからなかったのですが…。

日曜日は、家族のプライベート取材

後の3日間は各コースそれぞれの販売取材

最初の水曜日に関しては、

販売後、お家に帰ってからの過ごし方ということで

本当に朝から晩までの密着取材となりました。

 

9月に入ったら、少しは涼しくなるだろう…とのディレクターさんの目論見は

見事にはずれ、夏よりも暑いんじゃないかというウィークに

はまってしまいました(苦笑)

 

まず、日曜日

家族総出の棚卸作業撮影。

初めてのことに

家族みんな戸惑いと恥ずかしさを隠せません。

私も初日だったので、

ぎこちなさと引きつった顔を最後まで

修正することができませんでした。

棚卸の後は、家での過ごし方撮影。

息子の洗車シーンと私のパソコン仕事シーンを撮りました。

撮影の合間合間で、ディレクターさんやカメラマンさん、バイトくんと

雑談する中で、少しずつ少しずつ打ち解けて

素の自分が出せるようになったかもしれません。

 

そして、2日空いて水曜日。

スタッフはひとり運転手さんが増え、

みなさん近くのホテルに泊まりこみの密着取材がスタートしました。

初日から精力的にお客様にインタビューされ、

お客様が魅力的な方たちばかりだから当然なのですが、

「水口さん、どうしましょう。

メッチャ撮れ高よくって、枠に収められるか困りますわ 笑」

と、ディレクターさんが嬉しい悲鳴をあげておられました。

「じゃあ、もうあと2日いらんのちゃいます?」

本気で聞きました 笑

「いやいや、そうはいきません!

撮りますよ!!」

淡い期待は叶いませんでした 笑

そして、夜

いつも通り、お店で返品作業を終え、

旦那さんが仕事終わりに掃除に来てくれたとこも撮影し、

私が清算作業をしている間に

旦那さんが先に家に帰って

夕飯の支度→私合流、一緒に支度→家族合流、一緒にご飯風景も撮影しました。

旦那さんのプレッシャーはハンパなかったと思います。

私と結婚していなかったら、静かにそっと暮らせていたはずなのに、

私と結婚したばかりに、私に引きずり回されている旦那さん…

ただただ、申し訳ない 笑

でも、これも家族の軌跡。いい思い出と受け止めましょう!笑

そして、こんな女と結婚してしまった宿命とあきらめましょう!笑笑

 

 

 

 

 

 

 

食事風景撮った後、スタッフの皆さんにも無理やり

夕飯食べてもらって、すっかり家族もスタッフの皆さんと

打ち解け、自然に笑顔が出るようになりました。

好奇心旺盛な娘は

「このカメラって重たいんですか?」と、初めて見るカメラに興味津々。

「持ってみる?」

初めてカメラを担がせてもらって、

「重っ!!」と、言いながらも楽しそう。

 

 

 

 

 

 

 

そんな娘の姿を見て、みんなで笑顔。

大変だけど、楽しい時間でした。

あっ、そうそう!!

作った食事をカメラで撮影しましょう!と、

出てきたライト!!

「えっ?!そんな、ライトあったの?!

なんで、今日1回も私に使ってくれへんかったんですか?!」

いわゆる、女優ライトというのでしょうか?

自分が作ったお料理も見事に料理番組に出るように

撮ってもらいました。


 

 

 

 

 

 

是非、明日からはそのライトを私に…。

その願いは、ついぞ叶いませんでしたが…笑

 

2日目

ますます暑い日に…。

注文の多い日で、また汗だくになって積込をし、

ようやく出発という時。

私が、運転席側にいる時、

『バキっ!!!』と、今まで聞いたことのないようなすごい音が。

「あ~~~あ~~~」

取材の様子を見に来てくれていた専務の声が…。

嫌な予感。

見ると、扉を支えている支柱のような物が

ものの見事に、扉から剥がれ落ちていました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉は油圧式で、閉めるときには、オレンジの部分を押さえながら閉めないと

折れてしまったりするんです。

ディレクターさんには伝えていたのですが、カメラマンさんまでは

伝わっていなかったようで…。

良かれと思って、閉めてくれようとしたカメラマンさんの

泣きそうな顔。

『アカン!これから、楽しい販売始まるのに、

このままの空気ではアカン!!』

落ち込み謝るカメラマンくんの肩をぽんぽんたたき、

「はい!もう、終わり!!

終わった事は仕方ない!!

もうこれで、忘れて。

これから、始まるから、

テンションあげていこう!!」

「すみません…」

まだ、落ち込んでる様子なので(当然ですよね 汗)

「まぁ、今日1日、みんなに

『どうしたん?』と、聞かれる度に

言うてネタにするから大丈夫!!笑

もちろん、ブログにもしっかり使わせてもらうよ!

こんな、オイシイネタ!!笑」と、

みんなで笑いあってスタートしました。

たまたま、いてくれた専務の気転のおかげで

折ったほうきの柄をずっと、つっぱりにして

1日なんとか回りました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、帰りには車工場に寄って、

直してもらう事もできました。

待っている間、みんなでワイワイ話も弾み、

飛んだハプニングのおかげで

グッと近しくなった気がします。

 

いよいよ金曜日最終日。

なぜか、夜中に珍しく目が覚め、

それからどうしても眠れず

寝不足のしかも猛暑で絶不調

嫌な予感。

 

3件目終えた時に、

スタッフ車が脱輪。

これは、運転手さんの名誉のために言いますが、

その溝の溝蓋は、以前からカタカタ言っていて

外れやすかったんです。

それが、運悪く外れて

見事にはまってしまいました。

「オーマイガット!」

昨日に続き、今日もアクシデント。

みんなの中で、嫌な思い出ばかり残ってしまうのでは…。

それも、心配でした。

でも、男4人の力はすごい!!

大きなワンボックスカーのすっぽりはまった後輪を

えいっ!っと、上げてしまいました!!

本当に、大事にならずに良かった!!

 

そこから、最後の方の施設まで

ますます暑い日が続きます。

その日は、去年熱中症になった魔の金曜日。

気が張っている間は

なんと頑張れたのですが

施設終了後、スタッフのみんなとバタバタ別れた後で

ドッときました。

なんとか、かんとか店に戻り

青果さんの冷蔵庫でひたすら身体を冷やし

経口保水液を2本飲み干し

ようやく、少し回復しました。

やっぱり、慣れないテレビ取材。

しかも、延べ4日間密着は

想像以上に堪えました 笑

でもでも

本当にハートフルで気を遣わないスタッフの皆さんの

おかげで、大変だけど

楽しい濃い時間が過ごせました。

割と最後の方は、いつも通りの私を

撮って頂けたと思います。

本当に、素敵なメンバーで良かったなと思います。


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

はじめ、このお話を頂いた時、

「この年で、今更テレビで特集なんてどう?

おこがましいなぁ」と、いう思いがありました。

でも、いつも思うのは

「人生は1度きり。

たった1度の人生、いろんなこと経験できることは

幸せなこと。

できることは、できるだけやろう!」という事です。

そして、とくし丸の魅力を

私の素敵なお客様の魅力を

たくさんの方に知ってもらえることは

とても嬉しいこと。

私が住んでる、そして活かしてもらってる丹後を

たくさんの人に知ってもらえることは幸せなことです。

 

こんな田舎の小さなまちに暮らす、

普通のおばちゃんにスポットを当てて頂けるなんて…。

とくし丸と出会えたおかげだと本当に思います。

別にスポットが当たらなくても

幸せな人生だと思っていますが、

こんな素敵なとくし丸を

みなさんに知っていただく機会を

与えて頂いたのだから、

魅力を思いっきり伝えたい!と、思いました。

後に、ディレクターさんから

「4日間取材させて頂いたものを

ギュッと凝縮して、水口さんととくし丸の魅力が

みなさんに伝わるよう、次は僕が気合を入れる番です!」

と、ご連絡頂きました。

もう、まな板の上の鯉です。

あとは、オンエアを楽しみに(いや、だいぶ怖いけど)

待つだけです!

オンエアの予定は

9/30(月)

よみうりテレビの『情報ネットten』という番組の中の

『ノゾキミ』というコーナーです。

関西だけの放映になりますが、

よみうりテレビのホームページから

全国どこでも『ノゾキミ』を観れるそうです。

よかったら、私の汗だく奮闘記観てください!!



お盆営業

| とくし丸 | | 4件のコメント

今年のお盆もたくさんの別注をいただきました。

盆用のお花、お供え物、オードブルやお刺身など。

他にも、帰省のご家族のために用意されるためのお買い物なども。

ここ最近、台風の影響なのか

毎日、毎日酷暑が続き、

皆さんの体調も気になるところですが、

暑い中、お買い物に出て来て頂き、本当に有難いことでした。

以前にも何度か書きましたが、

別注を頂くということは

「とくし丸」を必要としてくださり、信頼してくださっている証だと思っています。

ですから、とてもとても神経を使います。

特に、こういう特別な別注は間違いがあってはいけません!

(いやいや、どんな別注もあきません!)

朝、毎日の積込に加えて、別注品を揃えます。

注文を頂いた時点で、自分で用意できるものは準備して、

当日しか用意できない物などは、各部門に振り分けて

用紙に書いて、お願いします。

各部門、みな信頼してお願いしているのですが、

それでも、当日手元に届くまでは安心できません。

確認、確認し、用意します。

いつもの積込だけでも、必死ですが、

たくさんの別注がある日は

本当に悲壮な顔になっているかもしれません。

そして、あふれ出る汗。

もう、この世のものとは思えぬ形相です 笑

でも、そんな時

「おはよ!がんばっとるなぁ~」とか

「大丈夫か?倒れんようにしなよ!」とか

フクヤさんにお買い物に来られた友人や知り合いの方が

声を掛けてくださったり、ドリンクを差し入れてくださったり、

ハグしてくださったりすると、

思わず、涙腺崩壊してしまいます。

うっかり、恐ろしかった顔が

崩れてもっと恐ろしくなります。

なんて、幸せなんだ。

自分だけが、がんばってるわけじゃない。

みんな、がんばってる!

そして、誰かに言われて嫌々がんばってるわけじゃなく、

自分自身がやりたくて、がんばってるだけです。

無理なら、しなきゃいい。

でも、やりたいからやっているのです。

それなのに、優しい言葉をかけていただき、

それに感激して泣いてしまう自分…。

まだまだだなぁ~。

喜んだり、反省したり、やっぱり感謝したり…。

とにかく、無事にお盆の営業が終わりました。

今日から少しだけ、お盆休みを頂いています。

やっぱり、早く目が覚めたけど、

それでも、したいことをして、

ゆっくりさせてもらっています。

お休みの間に「とくし丸」のまるごとお掃除をして、

また気持ちよく営業できるように

色んな意味でリセットしたいと思います。

感謝感謝です。


開業してすぐからのお客様がおられました。

90を軽く超えられているのに、お元気で

ユーモアがあって、いつも笑顔を絶やさない

大好きなお客様。

雨の日も、手押し車に傘差して、

すごい坂道をおりて

お買い物にきてくださいました。

何かをお手伝いしようとしても、

「まだまだ、そんなんしてもらわんでも大丈夫!」と、

甘えることなく、しっかりされた方でした。

そのお客様が、体調を壊されて入院されたのがもう1年近く前。

お会いできなくなって、寂しい日々が続きました。

入院からしばらくして、退院されても、

私が行く曜日が、デイサービスにあたってしまい、

やっぱり会えなくなってしまいました。

それでも、退院され、デイサービスに行けるほど回復されたことは

本当に嬉しくて、人づてに元気にされていると聞いて安心していました。

ある日、その娘さんとお会いした時のこと。

「ご無沙汰しています。お元気にされていますか?」

「はい。おかげさまで…。

ただ、とくし丸の日がデイサービスと重なってしまって…」

「本当に、寂しい。

大好きだったから、お会いしたいけど、でも、

お元気と聞いて、嬉しく思っているんです」

というと、

「この前、急に明日はデイサービスに行かん。と、言い出して…。

『なんで?』と、聞くと、

『明日はとくし丸が来る日だで、行かん』って…。

『豆腐も買わんなんし、りんごも…』って…。」

えっ…。

言葉を失ってしまいました。

お会いできなくなって、もうずいぶん経つのに…。

泣けて泣けて…。

覚えていてくださったことも嬉しいし、

デイサービスを休んでまで、行きたいと言ってくださったことも…。

とくし丸をしていて、こんなに嬉しいことはありません。

また、いつ、お会いできるかわかりません。

でも、その日、変わらずお迎えできるよう、

私も万全のとくし丸でいないとあきません!

暑さに負けそうな毎日ですが、

またお客様に元気を頂いた嬉しい日になりました。


伊根の津母(つも)という所に

大きな旅館があります。

高台の見晴らしのよいところに建っています。

そこに、大学の留学生が研修を兼ねて

1年間滞在されています。

インドネシアからの留学生。

働きながら、学んでいる

アユちゃんとデシちゃんです。

伊根にはお店が少なく、

津母にもない為、

とくし丸に買い物に来てくれるようになりました。

2人は、日本語がまぁまぁわかるし、喋れるので

コミュニケーションがほぼほぼとれます。

そして、観光の勉強をされているだけあって、

社交的で、とても明るくかわいいのです。

「ミホサ~ン♪」と、

名前を覚えて、気さくに呼んでくれます。

私も、名前だけはかろうじて判るインドネシアに

興味津津!!

「インドネシアも暑いの?」

「はい。インドネシアは1年中暑いです。」

「湿度も高いの?」

「シツド?何ですか?」

今は、便利な物がありますね。

スマホで、『インドネシア 湿度』と、調べると

『keiembaban』

「お~!keiembaban!!

ん~すごいです(困り顔)」

とか、

インドネシアのお金を見せてくれて


 

 

 

 

 

 

「この人は、デビ夫人の旦那さんです」

「え~っと、スカルノ大統領!?」

「そうです!」

「お~~!!」

で、これは日本円で1000円だそうです。

ピンクや青や緑と色もカラフルで綺麗なお札でした。

あれや、これや色々質問する中で、

どうもとんちんかんな答えが返ってきた時がありました。

「ん?こうこうこうだよ?」と、もう1度説明すると、

ようやく間違った返答に気付いたようで、

「お~!うっかりはちべえ!!」と、

大げさにおでこをたたくリアクション!

めちゃくちゃ、レアな日本語に

大笑いしてしまいました。

なんでも、一緒に働く年配の方に教わったそうです 笑

まだまだ、ひらがなとカタカナが読めるくらいで、

あとは、メニューにある漢字くらいらしいですが、

インドネシア語、バリ語、英語、日本語

そして、伊根弁が少しわかるそうです 笑

バイリンガルです!

私もインドネシア語を1つマスターしました。

「トリマカシン!」

日本語でありがとうです。

私が「トリマカシン!」と、言うと、

笑顔で、「オオキニ!」と、手を振って帰っていきます。

「ミホサ~ン、次は水曜日ね!」と。

聞くと、お母さんの年齢と一緒!

かわいいかわいい娘たちです。

彼女たちがお国に帰るまで、

彼女たちがたくさんの日本語と伊根弁を学ぶ間に

私は、いくつ言葉をマスターできるでしょうか?笑

いつも、外国の方と接する度に感じます。

言葉は喋れるにこしたことないけど、

根っこはハートトゥハートだなぁ~って。

笑顔は万国共通。

心と心を繋ぐ1番のアイテム。

大好きな津母に、

またひとつ楽しみが増えました。



4年ぶりでしょうか…

久々にやってしまいました(汗)

その日は、積込が遅くなり

出発が少し遅れてしまい

若干焦っていました。

♪とっくとっくと~く とくし丸♪

いつものように、音楽をかけて出発!

カタン と、音がしました。

『ヤバイっ!』

急いでいて、冷蔵庫のサッシの鍵を閉め忘れたようです。

国道に出る前にのところで慌てて急ストップ。

それが、いけなかったんですよね…。

すぐに、道路脇に車を停めて

扉を開けました。

『あちゃぁ~』

4年前はクリームたっぷりシュークリーム。

今回は、プチカップデザートが見るも無残に飛び散っていました。

絶望的な気持ちになります。

でも、道路脇で片付けるのは難しい。

そこで、しばらく走った一軒目のお客様の所で

片付けさせてもらうことに…。

もう、すっかりテンションは下がっています。

どこをどう手をつけていいのかわからないくらいの惨劇です。

ティッシュを何枚使ったことか。

消毒液を何度シュッシュとしたことか。

その日は、結構な雨降りでしたが、

濡れることも忘れてひたすら掃除しまくりました。

10分くらいかかったでしょうか…。

なんとか、お客様に迷惑のかからない程度に掃除できました。

もう、すでに

20分はいつもより遅れています。

でも、ここで焦ったらダメ。

こういう時ほど、心に余裕を持っていかないと!

リラックスできる音楽かけて、鼻歌歌いながら次のポイントへ。

やはり、もうすでにお客様は待っていてくださってました。

「すみませ~ん!ちょっと、トラブルあり遅くなってしまいました!!」

お客様は寛大に、笑顔で許してくださいました。

急いで、開店準備をします。

ん?

あれ??

暗いぞ!!

さっきも言いましたが、この日は雨で景色も暗い日でした。

冷蔵庫も、どこも真っ暗なのです!!

『えっ?!なんで?!まさか、ヒューズがとんだ?!?』

また、焦ります。

「ごめんなさいよ!!どうも、ヒューズがとんだみたいで真っ暗で(汗)」

「まぁ、そうか。まぁ、でも大丈夫だ。いっつもの感覚で

大体、どこに何があるかわかっとるで!」と、

またまた寛大に笑顔で慰めてくださいました。

でも、焦る。

今日1日、真っ暗なのか??!

私の心も真っ暗です…。

以前、ストックで持っていたヒューズを探すも、

全部使い切っていたようで、ない!!

経験を活かし、ヒューズさえあれば

自分で交換できるようにはなっていたのです。

ただ、ヒューズがないと話になりません。

『あ~、今日はなんて日だ!!』

心で叫んでいました。

ハッと思い出し、いつもお世話になっているガソリンスタンドに電話。

もしかしたら、ヒューズがあるかも!探しとく!!と、救いの言葉。

そのガソリンスタンドに行くまで、もう少し、

暗い事を詫びながら販売を続けました。

ようやく、ガソリンスタンドへ。

ヒューズを用意して待っていてくださいました!!

早速入れてもらうも、すぐにまた、ヒューズがとぶ!!

あ~~~~

どうしょう…

今度は、いつもお世話になっている電気屋さんのお兄ちゃんに電話。

カクカクシカジカと、説明すると

大本の接続部分が切れているかも。と。

ハンダし直す必要あり!と。

その間、もう一回、念のためヒューズ入れてみよう!と、

入れてみると…。

「点いた!!」

今度、ヒューズ買う時は、1つ上の20を買った方がいいと

アドバイスをもらいました。

恐る恐るですが、その日はなんとか消えずにがんばってくれました。

そして、帰り道、家により

洗剤とブラシを持って店に戻り、

積み下ろしが終わった後、

冷蔵庫内を綺麗に水洗いしました!(笑)

なんて日だ!!の日でなんだかドッと疲れましたが、

最後は綺麗になり、気持ちいい日になりました。

『どんな日もある!』

とくし丸をしていると、アクシデントやトピックスがいっぱいです 笑

ほんと、飽きない(笑)

明日は、どんな1日が待っているんだろう!

いいことも、悪い事も楽しんでいこう!!笑

 

 

 


最近

| とくし丸 | | 7件のコメント

あまり、大きな声では言えませんが

最近、『ねても さめても とくし丸』ではないかもしれません。笑

 

なるべく、お休みの日には

気持ちを切り換えて、スパッと忘れるようにしたりしています。

そうは言っても、商品の棚替えやお客様からの注文のお電話(有難い事です!)で

全く離れるなんて事はありませんが…。

それでも、美味しいもの食べに行ったり

自分で美味しいもの作ったり、

(美味しいもん食べてばっかりですが 笑)、

マッサージに行って心身ともに癒してもらったり…。

そういう時間を大事にしています。

それでも、仲間がラインで

「今日はこんなことしてます!」とか

「こんな事考えてます!」などと

それこそ、『ねてもさめても』なお休みを過ごしているのを知ると

「はぁ~、私は頑張ってないなぁ~」と、少し焦ったりもします 笑

週休2日制にして、時間に余裕ができたら、

もっともっとお客様のために、あれやこれや考える時間ができる!と、

思っていたのに、なんてことでしょう?!

いやっ!

でも、それは、とくし丸に力が入っていないのではありません!

そこは、断じて。

ただ、休む時は休んでもいいのかな?と。

これから、まだまだ長いとくし丸人生。

飛ばしすぎたらダメかな?と。

少し、ゆとりが出てきたのかもしれません。

身体が資本ですものね。

長く、そして、休まずお客様の元に行きたい!

そう思っています。

開業して、間なしの販売パートナーさんは

それこそ、慣れない販売やリズムで

『ねてもさめても』な生活だと思います。

周りの先輩たちと比べて焦ることもあると思います。

もしかしたら、そんな余裕さえないかもしれませんね。

でも、これから長いです。

どうか、無理せず、お互い頑張りましょうね!

さぁ~!

健康診断も行った。

オイル交換も行った。

お友達とも久々ゆっくり喋った!笑

また、1週間気持ちよくがんばろ~!!

 

 


少し前のことになりますが、

全国のとくし丸が400台を突破しました!

すごいですねぇ~

そこで、またまた

徳島県にある

とくし丸本部から

記念品をいただきました!!

キャッシュトレーです♪

(トラックは300台突破記念のペーパーウェイトです)

毎回、素敵な記念品をいただきますが、

今回のもとびきりかわいい!!

いつも思います。

目のつけどころが素晴らしい!!

センスがいい!!

本当に、販売パートナーさんのことを考えてくださってるなぁ~って思います。

素敵なプレゼントで

毎日の販売がますますウキウキ♪するのです 笑

ありがとうございます!

400台のとくし丸が同じ思いで

同じキャッシュトレーを使って販売しているかと思うと

グッと力が強くなった気がします。

 

最近、販売中に色んな事がありました。

正直、とくし丸をしているからこその大変さを

痛感しました。

重く、重く、なかなか気持ちが上がらない日が続きました。

新しく開業される仲間から

「水口さんのブログ読んで、とくし丸をしょうと思いました」とか、

「ねてもさめてもとくし丸読んで、したいと思いました!」とか、

言っていただくことがあります。

本当に有難いし、嬉しいお言葉です。

もちろん、ブログや本に嘘偽りは全くありません。

全て事実ですし、全て思った通りの事を書いています。

ですが、思った以上に大変な事も、もちろんあります。

受け止めきれないくらい深い悲しみも…。

仲間の柳川さんから

「水口さんのブログ

いつもポジティブな内容だったり、

とくし丸の仕事の楽しい事が多く良いのですが

辛い事も掲載しても良いかと思います(╹◡╹)

と、言いますのも、とくしまるが全国で400台を超え

これから益々増えて行く事自体 嬉しいのですが

とくし丸の楽しさと共に

大変さや悲し事も知った上で、

覚悟がある人に開業して欲しなぁ〜って思うのです。」という言葉をもらいました。

彼も、私のブログを読んで

開業を考えてくれた1人です。

いつも、私をサポートしてくれる仲間。

ずっとブログを読んで、

実際に開業し、

365日ねてもさめても とくし丸で

色んな事を経験し、

その思いを共有した彼だから、そう強く思ったんだと思います。

真剣に仕事し、真剣にお客様に向き合えば

向き合うほど、深く重くなります。

いい事ばかりじゃない!

実際、開業しても残念ながら

何らかの事情でやめられる方もおられます。

私自身は

それでも、それ以上に喜び・充実・やりがいを感じられ、

『生きてる!100%生きてる!』と、実感できる

このとくし丸をやっぱりやってよかったという思いは変わりません。

それを、理解した上で

それを覚悟した上で

それでも、「とくし丸をやりたい!!」と、

思ってくれる仲間が

これからも、どんどんどんどん増えてくれるといいな。と、思います。

また、明日も

かわいいキャッシュトレーと文鎮に見守られ

笑顔いっぱい「とくし丸go!go!」

 

 


お客様の中には、

母と同年代の方がたくさんおられます。

みなさん、娘のように接してくださいます。

本当に有難いです。

「おなかすいとるやろ」と、

握りたてのおにぎりや自分で焼いたパンや

蒸したてのさつまいもをいただいたりします。

あっちにもこっちにもお母さんがいっぱい!

(もちろん、本当の母にも色々もらったり、

なにかとお世話になっています 笑)

なんて、有難いことでしょう。

時には、注意してくれたり

時には、愚痴を聞いたり、

時には、料理を教え合ったり、

時には、冗談言い合って大笑いしたり。

どのお母さんも素敵で、魅力的です。

ある日、色んなトラブルや問題が重なり、

心が重い日がありました。

なんとか気持ちを上げよう!と、しましたが

なかなか上がってこず…。

そんな時、電話が鳴りました。

「今、ええか?

あんな、この前、あんたに教えてもらった『あんこ』

今、焚いとるんだけど、聞いた通りしとるけど

小豆が硬いんだ。

指でつぶれる程度って言うとったやろ?

なかなか潰れんのやけど…。」

「もう少し、焚いてみたら?」

「うん、もう少しやってみるわ。

小豆が古いしかな?」

「古いん?」

「うん、去年のかな。

いや、一昨年のやわ!」

「一昨年?!そりゃあ、古いな!笑

ちょっと、時間かかるかもね 笑」

「ぎゃはははは!!

ほんまや!じゃあ、もう少し焚いてみるわ!」

「うん、また報告して!」

なんだか、笑ったらちょっと気分が軽くなってました。

そうこうしながら仕事を続けていましたが、

さてさて、小豆はどうなった?と、気になりました。

「もしもし。焚けた?」

「あんなぁ、柔らかなったんや。

柔らかなったんやけど、それがな、

その小豆をボールに上げるつもりが、

全部、美味しい煮汁が流れたんや!」

「えっ?!なんで?!」

「ボールや思って置いたんが、ザルやったんや!

え~~~~~っ!!って、思ったけど、もう遅いやん。

全部、流れてしもたんやもん。」

「ボールや思って、ザルって!!笑」

「さぁ、そうやん。もう、笑えるやろ!ぎゃはははは!!」

「笑えるわ!!わっはっはっは!」

もう、なんだかわからへんけど、

涙が出るほど笑いました。

笑って、元気が出ました。

流してしまった煮汁には申し訳ないけど 笑

「ごめん、Yちゃん。

Yちゃんには悪いけど、なんかメッチャありがとう。

すごい、救われたわ!

やっぱ、笑わなアカンな!

ありがとう!」

Yちゃんは、なんだかわからない様子でしたが…笑

その後、負けずになんとか焚いたというあんこも

食べさせてもらいました。

とても、優しい美味しいあんこでした。

でも、もう一回、リベンジする!!と、

燃えておられました。笑

元気で明るいお母さんがいっぱいです。

そんな、お母さんたちに囲まれ、支えられて

今日もがんばれます!

ありがとうございます!

 

 

 


少し、前のことになりますが、

毎年、4/24

地元の葵まつり(府中まつり)があります。

 

葵まつりとは、

お伊勢さまのふるさと、丹後一宮・元伊勢籠神社もといせこのじんじゃで行われます。

北近畿、京都府北部丹後では最古の祭礼と言われ、2,500年余という長い歴史があります。

祭礼は、宮司の祝詞奉上で始まり、御祭神の御霊をお遷しした「神幸祭」の儀、そして、

供奉者による神輿の行列が地域を一巡する「御神幸」を行います。

その道中や祭礼の前後に繰り広げられる「太刀振り(たちふり)」や「神楽」の芸能の数々が大きな見どころなんです。

中でも、太刀を自在に操る「太刀振り」は、平安時代から始まったと伝わり

京都府無形文化財」にも指定されている由緒ある奉納神事です。

 

うちの地区は、太刀振りで、当日は地域の方々も

その行列について回ります。

その時、飲み物や巻き寿司などを用意し

振舞うのですが、それを自治会の会計が全て段取りします。

食べ物の用意、当日は発砲スチロールの箱に氷を入れて

飲み物を冷やして準備する。

これが、結構大変そうでした。

とくし丸を始めた年が

たまたま自治会の会計ということもあり、

よし!「とくし丸」を使おう!と、思いつきました。

だって、冷蔵庫が付いているんだもん!

冷蔵庫に飲み物を冷やし、巻き寿司などは棚に並べる。

としく丸車両が大活躍しました。

すると、次の年からも

「とくし丸」に頼もう!と、言ってくださり、

飲み物、巻き寿司だけじゃなく、

宵宮で配るパンやパックジュース、うどんなども

とくし丸で頼んでもらうようになりました。

そして、今年も。

ありがたい、ありがたい。

 

最初は抵抗があった境内でも…

車両が目立つので

みんな「何っ?!」と、見られたり

知ってる方は販売してるのかと

買い物に来られたりすることもあります 笑

葵まつりは、日にちが決まっているので

平日に当たることが殆どで

その日は販売をお休みしないといけないので、

お客様にご迷惑はかけるのですが、

年に1度、地域のみなさんに

「とくし丸」をご利用頂くことは、嬉しいことだし、

有難いことだと思っています。

来年も、ご依頼あれば、

「とくし丸5号車」

はせ参じます!笑

ありがとうございます!!


2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近のコメント

カウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター