新年早々、ある方から電話がありました。

それは、あと半月ほどで唯一のスーパーが

なくなってしまうという地域の住民の方でした。

それで、なんとかしたい!という思いで

「とくし丸」をやっている私に連絡をしてくださったのです。

その方とは、フェイスブックでつながっていました。

京丹後市の宇川という地域で、

宇川加工所というグループの一員として、

町の活性化に取り組んでおられる増田さんという女性です。

その代表の方と一緒に、「とくし丸」について

話が聞きたいという事でした。

代表の方は、丹後でも有名な山口さんという女性。

とてもバイタリティあふれ、地域や丹後のために

色んな取り組みや活動をされてる方です。

それに賛同されてる方々が、一緒に宇川加工所のメンバーとして

活動されています。

私も、是非お会いしたい!と、思いました。

1/7、私の家の近所まで会い来てくださいました。

新聞やメディアで、今までお顔は知っていましたが、

お話するのははじめて。

とても、シャキシャキされてパワー溢れる女性でした。

まずは、宇川で唯一のスーパーがもうすぐなくなる。

住民はとても不安で困っている。

そうこうしているうちに、もうなくなってしまう。

手をこまねいてる間に、できる事は全部やっておきたい。

既に、去年の7月にいずれスーパーが閉店する、と聞いた時点で

山口さんは動いたそうです。

実際、山口さんは宇川の住民のみなさんにアンケート調査したり

すぐに近隣のスーパー「いととめ」さんにお願いし、

「いととめ」さんがやっている移動販売車を空いている日曜日に

使わせてもらえないか?と、打診したり。

社長はとても男気のある方で、快諾して、来週、さ来週とりあえず、

回ってもらうことになっている。

と、言われていました。

でも、可能性として「とくし丸」さんのお話も聞きたい。と。

私は、自分がわかる範囲でお話しました。

そして、聞けば聞くほど、自分が行きたい!と、思いました。

でも、実際、宇川までは普通に走るだけでも、45分かかります。

それに、今現在、「来てほしい!」と、言って頂いてる他の地域にも

回りきれなくて行けてないのが現状です。

とにかく、今私が出来る事。

もしかして、誰かが移動販売をする際、

安くで車両が購入できないか、

私がお世話になっている徳島県の「マーキュリー」大平さんに

すぐに電話して聞くことでした。

山口さんは、なんでも可能性のある事は、とりあえず

持っておきたい!という思いがあるようでした。

「住友さんにもお話しましょうか?」という問いかけには、

「私1人の一存では…。」という事で、

それは、とりあえず保留でした。

 

まぁ、でも

よくよく、考えてみてください。

今まで、当たり前のようにあった年中無休のお店が

ある日をもってなくなるのです。

車で近隣の町まで行ける方はなんとかなるかもしれません。

でも、車に乗れない方々には切実な問題です。

それは、もしかしたら、明日にでも自分が車に乗れなくなるかもしれない。

そう考えたら、困難さが少しはわかると思います。

いつかは、誰もがぶつかるであろう問題でもあります。

今のところは、「いととめ」さんが試験的に回ってくださるということで、

第一回目の販売の様子を見に行かせて頂きました。

その日は、今年の冬には珍しく寒い日でしたが、

「いととめ」移動販売車両の前には行列が出来ていました。

みなさん、初めての車両に興味津々。

そして、とても喜んでおられる様子が伝わってきました。

「いととめ」さんの車両は、「とくし丸」と違って大きい!

車内に入って、販売してもらえます。

しかも、自動で中が横に拡がります。

私も初めてだったので、「お~!!」「わぁ~!!」

いちいち、驚いて見ていました。

「とくし丸」は、小さいからのメリットがあります。

どんなに細い道でも、家の玄関先にもつけられます。

でも、雨風雪などの悪天候はゆっくりお買い物してもらいにくいところもあります。

その点、「いととめ」車両は、暑くても寒くても、雨でも雪でもお構いなく

ゆっくり買い物できるなぁ~と、そこはすごく羨ましく思いました。

2回目の、試験販売もとてもみなさん喜ばれ、

泣いて感謝される方もあったようです。

その後も気になりながら、エールを送りつつ、時間は過ぎていました。

そして、先日の京都勉強会で…。

本部の方から、住友さんが、すでに宇川のことをメディアで知って、

早速、次の週に京丹後市に行かれるんだ。という事を聞きました。

すぐにその場で、住友さんに確認し、私が山口さんとお会いしたこと、

「いととめ」さんの販売も見に行った事など報告しました。

住友さんは、とにかく、困っている地域を放っておけない!

とにかく、行って話しをしてくるよ!と。

山口さんと一緒。

熱いし行動が早い!

さすがです!

 

話し合いどうだったかなぁ~。と、気にしていると、

2/5朝、山口さんから連絡がありました。

「この前の話し合いの様子が詳しく、今日の毎日新聞載ってるから見て!」と。

早速、積込の途中、向いのコンビニに買いに行きました。

本当に大きく載っていました!

 

宇川に、「とくし丸」が走るには

まず、「やる!」という近隣のスーパーがなくてはなりません。

そして、スーパーが決まったら、私のように

「やりたい!」という販売パートナーがいないとできません。

クリアすべき事がきっとたくさんありますが、住友さんは

住民の方のために、根気よくがんばる!と、言われていました。

今、丹後で「フクヤ」さんから出ている「とくし丸」が9台。

結構、たくさん増えたな。と、言われますが、

それでも回りきれてない地域があるのです。

そして、全国では

宮崎県と沖縄県を除く、1都2府45県でおよそ370台の

「とくし丸」が走っていますが、全然足りてない、

まだまだ行けてない地域がたくさんあるのです。

待っている方々がたくさんおられる。

その数は、もしかしたら、毎日増え続けています。

ご理解、ご賛同くださるスーパーさんが増え、

やる気のある販売パートナーさんがどんどん増えるよう、

微力ですが、「とくし丸」の魅力を、やりがいを

もっともっと伝えていく事が、私にできることなのかなと思っています。

「とくし丸」は素晴らしい仕事だと、約4年やってきて

毎日思います。

お客様の笑顔が見れる、そして自分も笑顔で元気に働ける。

薄れていく人と人とのつながりの大切さを肌で感じ、

人と人とでしか生まれない感動や温かさを実感できる仕事です。

人が好き。

単純にそう思える人が仲間としてどんどん増えてくれることを願っています。

そして、買い物難民・買い物弱者と言われる方々が

少しでも減り、豊かに過ごせる社会になれるよう願っています。


思わぬ事…が、続いてます。

49回目の誕生日の前後で…。

電気が消えて大変だったのも束の間、

なんとか応急処置をしてホッとしてたら

今度は、音が出なくなった。

これも、パニック。

そして、とくし丸を始めてひいてことのない風邪をひいた。

そして、声が出なくなった。

それは、まさに

とくし丸本部が初めて開催する

とくし丸勉強会の朝だった。

その勉強会では、一応任務を授かり、

僭越ながら、みなさんの前で声を発するという事も…。

行きのバスでは、のど飴をなめまくりました 笑

いや、笑えない。

京都駅のすぐそばの会場に

なんとか迷わず到着!(グーグル様様です 笑)

勉強会では、

本部の皆さんが事前に数々テーマを用意され、

そのスケジュールに沿って進行されました。

まずは、グループにわかれグループ内で自己紹介。

お久しぶりの方もおられましたが、殆どがはじめての方ばかり。

販売パートナーさんはもちろん、スーパーのとくし丸担当の方もおられます。

その後は、各地の優秀な販売パートナーさん3名がピックアップされ、

各人の販売風景動画を見て勉強しました。

それぞれに工夫され、それぞれに人間に魅力のある方ばかりでした。

あそこは真似したいな。

あんな風にすればいいのか!が、いっぱいでした。

 

「スーパーさんと販売パートナーさんの関わり」事例では、

関西スーパーの村山かおりちゃんが発表。

かおりちゃんは、以前テレビの「スッキリ」にも出演され、有名人!

慣れたものです。

落ち着いてありのままで、

とても聞きやすく、わかりやすい発表をされました。

さすがだなぁ~と、感心していたら、

ホロリとさせられるエピソードも紹介され、

本当に素晴らしい発表でした。

きっと、みんながそういう素敵なエピソードを各自持っていて、

同じ篤志の心で販売をしていると思います。

改めて、色んな方の色んなお話を聞くと

勉強になるし、刺激になり、

やっぱり「とくし丸」って

素晴らしいやりがいのある仕事だなぁと思います。

住友さんのお話もやはり聞かせてくださいました!

お話慣れされているのもありますが、

人を引き付ける力、話術はすごい!

ず~っと、聞いていられます。

いや、ず~っと、聞いていたいと思いました。笑

さてさて、そんなこんなで私の出番が…。

「先輩パートナーさんに聞いてみよう!」というコーナー。

私ともうひとかた、三ッ丸スーパーの塩見さんが前へ。

進行の坂本くんから、色々質問を受けます。

例えば、記念イベントについて。

とか、こんな工夫やってます。

とか、失敗談と解決策は?とか。

事前に質問内容は聞いていたので、頭の中には答えは入れてました。

でも、まぁ大勢の前、緊張しますわね。

まず、「レシピ大賞の反応は?」という質問。

以前お客様を対象にレシピを募集し、賞を決めたのですが、

それで大賞に選ばれたお客様が塩見さんのお客様だったので、

そのエピソードを披露されました。

そして、会場にはその大賞をとられた「さば缶のお寿司」の試食も

用意されていて、みんなでいただきました。

丹後には、昔から伝わる鯖のそぼろを使ったお寿司で、

なつかしい、やさしい味がしました。

三ッ丸スーパーさんでは、商品化され販売されているそうです。

さぞ、受賞された方もお喜びでしょうね。

 

さぁ、次です。

「水口さん、水口さんの体調管理法を教えてください!」

1番恐れていた質問です。

本当は、1番胸張って答えたかった質問でした。

今まで、1度も体調を壊して休んだ事ないんですもん!!

声を大にして言いたかった…。

でも、出ない…。

声が…。

まさかの…。

このタイミングで…。

「悔しいです!」

一応は、管理法を披露しましたが、説得力がない…。

笑い話にしかならない…。

本当に、聞き取りにくい声で、折角の用意していただいた場で

力を発揮することができず、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

もし、またリベンジさせていただく機会がありましたら…。

たぶん、ないな 笑

勉強会を終え、会場を移して懇親会もありました。

美味しいお料理がたくさん用意され、

はじめましての方や再会の方で色んなお話ができました。

 

 

 

 

 

 

 

残念なのは、全員の方とお話できなかったこと。

私はラインでフクヤさんのグループや

全国の仲間グループがあるので心強いですが、

中にはスーパーで1台だけで、周りにも聞く人がいなくて

一人ぼっちなんですよ。と、言われる方もおられ、

こういう機会はとても貴重で有意義なものだなぁ~と感じました。

販売は1人でやってるけど、1人じゃない。

よく、住友さんがスイミーのお話にたとえられますが、

まさにそうだと思います。

全国で今、370台。

ひとりひとりのがんばりで、

お客様の笑顔が増える。

全国で55万人のお客様の笑顔が

もっともっと拡がりますように。

この勉強会でまた強く思いました。

ご準備から、当日の運営までとても大変だったと思います。

本当にありがとうございました!

また、活かしてがんばります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1月なのに暖かい日が続き

その日も3月かと思うほどのよいお天気。

お客様も足元がいいと出やすいし、

とにかく、お天気は気持ちがいい!!

そんなウキウキ気分でおりました。

それが、突然

一気に気持ちを落ち込ます出来事が。

一軒目の販売の途中でした。

急に電気という電気が消えたのです(汗)

えっ?!

真っ先に思ったのは、ヒューズでした。

以前、ヒューズは替えた経験があったし、

ちょうど、その場が馴染みのガソリンスタンドだった事もあり、

すぐにその方にチェックしてもらいました。

「ヒューズは大丈夫やで」

あれっ?じゃあ、なんで??

車内にある電気のスイッチを見ました。

すると点灯時には赤く光るスイッチが消えています。

すぐに、スイッチを押してみます。

ん?

手応えがない。

押した感じも、戻る感じもありません。

いよいよか…。

少し前から、前兆のような感じをうけていました。

すぐに、徳島のマーキュリー(車を作ってもらった会社)の大平さんに電話しました。

大平さんは、車両になにかトラブルがあるとすぐに相談に乗ってくださいます。

離れているけど、とても心強い存在です。

「水口さん、話聞いたところ、スイッチかもしれんね。

たぶん、簡単な作業で修理できると思うから、どこか整備工場で

見てもらって。」という事でした。

幸い、その日が週の終わり。

休みの間に修理できれば、今日を乗り切るだけ。

も1つ幸いは、今日が晴れてること。

日中なら、そんなに支障ないかも!と、割と楽観的に考えました。

親切に、ガソリンスタンドの方が「懐中電灯持って行くか?」と、

言ってくださいましたが、

「ありがとう!

でも、大丈夫だとおもう!

明るいうちにがんばって回るわ!!」

とにかく、遅れた分早く行かないと!と、思いました。

行く先々で、送れた理由とだから今日は暗いのよという事を説明し、

「まぁ、色々あるわな!」とか

「天気でよかったやん!見える見える!」とか

「わたしらの明るさで明るしたるわ!」とか

励まし、慰めてくださり、なんとかかんとか

4時くらいまでは、まぁまぁ問題なく回れたでしょうか…。

でも、やはり太陽さんの力はすごかった。

日が暮れだすと一気に真っ暗。

冷蔵庫の中なんて全く見えない。

ハンディ(レジ)の数字も見えない。

やっぱ、懐中電灯いったな…。

そこからは、行く先のお客様に頼んで懐中電灯を持ってきて頂き、

買いたい物、手元をピンポイントで照らしながらのお買い物。

後から来られたお客様が、

「今日はえらい暗いなぁ~。おらんのかと思ったわ。」

真っ暗の中に、わずかな光が浮かび上がるちょっと怖い光景。

カメラのフラッシュでほの明るく写ってますが、

実際は本当に手元だけの明るさです。

街灯もない場所ですもん。

ゆっくりお買い物をしてもらう事もできませんでした。

明かりって大事。

電気って大事。

とにかく、何が起こるかわからんから

懐中電灯は持っておかなくては!

また、学びました。

どうか、休みの間に直っておくれ!

人生、いろんなことがありますね。

そこで、また学べる。

相変わらず、急なハプニングにはパニくりますが、

経験が人間を成長させてくれると信じ、

また、がんばっていきますか!

 

 

 


年末のお話になります。

自宅におられる時からお客様で、

施設に入られてからも、引き続きお客様だった方がおられました。

たまたま、行かせて頂いている施設に入居されたことが

ラッキーで、丸3年くらいのお付き合いになるでしょうか…。

そこの施設の方は本当に親切で、入居者の方を本当の家族のように

接しておられることを常日頃の販売から感じ、

素敵だなと思っていました。

ある日、

「水口さん、ちょっとお願いがあるんです」

と、施設の方から言われました。

「実は、Nさんが今度引越しされるんです。

で、それまでに色んな方と写真を撮って、

Nさんに渡したいなって、考えていて…。

水口さん、Nさんとはここに来る前からのお付き合いですよね。

とくし丸のお買い物も今日が最後になるんです。

で、水口さんとも一緒に写真が撮れないかなぁ~と、思って」と、いうお話でした。

まずは、Nさんと今日でお別れという事にビックリし、

寂しさが溢れました。

でも、あ~こんなにも大切にされて日々過ごされてたんだなぁ~と、

Nさんの幸せな施設での生活を思い、温かい気持ちにもなりました。

そして、もちろん

「お願いします!」と、言いました。

みなさんの買い物が全て終わった後、

丁度、飾られてたきれいなクリスマスツリーの前で2人

写真を撮って頂きました。

「Nさん、笑って!表情が硬いよ」と、いうカメラマン(施設の方)の声に

「よ~し、こちょこちょやぁ~!」と、

両脇をこちょこちょ。

「あ~いい笑顔だぁ~」

3人で大笑いしました。

涙をぐっとこらえて、笑ってさよならです。

「私たち、どうしてもお別れがあると涙になってしまうんですけど、

こういう笑顔のお別れもあるんですね。」

そう施設の方が言われました。

次、いつ逢えるのかわかりません。

もしかしたら、逢えないかもわかりません。

だから、笑顔でお別れしたい。

そう思います。

車に乗り込み、涙をぬぐいました。

お互い、元気でいたら

また、会えるかもしれない!

だから、元気でいてください!

今までありがとうございました。

どこにいても、Nさんの幸せを心から祈っています。

 


新むささび

| とくし丸 | | 2件のコメント

三が日も終わり、ずいぶん経ちましたが

あけましておめでとうございます!

本年も、

日々の日常で感じたことを

ぼちぼち書いていこうと思っています。

年末いっぱい仕事して、

お正月明けてから、本当にゆっくりさせて頂いています。

ちょこちょこ

「今、どの辺走っとる~?」

とか

「今日は、ブリのお刺身積んでる?」

などとお電話も入ってきて、

ゆっくりさせてもらっていることを

申し訳なく思ったり、有難いなぁ~と、思ったり…。

そろそろ、体動かしとかんと

ほんま動けんようになるわ!と、

お正月で食べまくって重くなった身体を起こし

恒例の備品洗いをしました。

洗い上げるまでは大変で、今回は台所で大きなコンテナも

洗ったため、シンクの周りがベチョベチョになっていましましたが、

全てを洗い終えると圧巻!

そして、気持ちいい!!

やっぱり欠かせない仕事始めの儀式です 笑

そして、もうひとつ心機一転

新たにつけたもの。

それは…。

とくし丸の扉はオープンすると

屋根になります。

これが、本当に便利なのですが、

屋根と屋根の間の三角コーナーがどうしても穴あき状態になってしまいます。

その間に傘を渡して苦肉の策をしてみたりしたのですが、

風なんか吹くと傘が飛んでいってしまいダメでした。

そう考えているのは私だけではなく、

知恵のある方々は次々に案を出し、実際にそれを作りあげられます。

それは、まさに職人技!!

先日、徳島から会いに来てくださった森さんは、

仲間うちでは「匠」と、呼ばれるまさに職人さん。

前職は、大工さんかなにか?って、思わず聞いてしまうほど!

ガレージで「あんな物があったら」「こんな物があったら」を、

見事に形にしてしまわれます。

通称「むささび」もそうでした。

みんなのあったらいいな。を、形にされました。

そして、その時、うらやましがる私になんと

むささびを作って送ってくださったのです。

あれから、約2年ほど経つのでしょうか。

むささびは、暑い日も、雨の日も、雪の日も大活躍してくれました。

そして、いよいよこうなりました…。

これでは、あきません。

お疲れ様。

そして、ありがとう。むささび。

そして、さようなら…。

いやいや、別れを惜しんでいるわけにはいきません!

なんてったって、これからが最もむささびが活躍するシーズンなんですから!!

そこで、むささび作りの白羽の矢が当たっちまったのが、息子。

『建築科の息子』です。

「あんた、建築科やで、こんなん作れるやろ?」

建築科=そういうことはなんでもできるやろう

勝手に思い込んだ母は、簡単そうに聞いてみました。

「まだ、実習とかあんまりやっとらんで。」

「えっ?!」

「まぁ、でも、できるやろ。」

あ~ありがたや!ありがたや!笑

材料は全て揃え、いつでもどうぞ!の状態で、

待つこと約3週間。

いえね、とっかかるまでに、3週間です。

間に、ウキウキの修学旅行を挟んじゃったから仕方ない。

やっと、取り掛かってくれたら、あっと言う間に一晩で仕上げてくれました。

お~なんとも頼もしい!

君の将来は大丈夫!

むささび作りで、なんとかやっていけるよ!!

休みの日の夜、黙々と1人で仕上げてくれました。

ありがとう、息子よ。

早々、森師匠にも写真を送り、報告。

合格を頂きました!

さぁ、これで、雨が降っても雪が降っても大丈夫!

毎回、扉を開け閉めする度、息子を思い

ニヤつく母になりそうです 笑

という事で、

自分自身はなにひとつ変わっていませんが、

状況環境新たに

また、2019年も全力で駆け抜けたいと思います!

どうぞ、よろしくお願い致します!!

 

 

 


日頃から、お客様には感謝の気持ちが溢れています。

ただ、日々の販売でお返しする事がなかなかできないので、

折々でお返ししたいなぁ~と、思っています。

絶好の機会がクリスマスです。

そう思っていながら、この異常な温かさのせいでしょうか、

クリスマスを目前にするまで、準備することをうっかりしていました。

(気候のせいにしてますが…笑)

プレゼントを決め、届いたのが渡そうと決めた前日。

包装する間もありませんでした。

そして、2年ぶりにトナカイになろう!!と、思ったものの

2年前に使ったトナカイのかぶりもの(?)が見つからない!

当日の朝、だんなさんが見つけてくれてギリギリセーフ。

全てが、滑り込みのクリスマスイベントとなりました 笑

トナカイの角をつけ、いざ!出発!!

と、車に乗り込んで思い出しました。

あっ…。

乗り降りする度、角が車に引っかかるんだった!(汗)

2年ぶりって、こういうものですね。

乗り降りの際、忘れずに引っ掛けないようにいけたのは、

ようやく3日目でした 笑

そんな、思いをしていても、みなさん目線が下の方なので、

なかなか気付いてもらえず、自らトナカイであることをアピールする…。

なんて、ことも多々ありました。

それでも、概ねみなさん笑ってくださり、

考えに考えたプレゼントもとても喜んでくださりました。

クリスマスの絵の付いたスポンジです。

これなら、みなさん使ってくださるはず!笑

「こんなかわいいの使えんわ~」

「使わんと飾っとこうかなぁ~」などなど。

嬉しい言葉をたくさんいただきました。

ほんの気持ちなことしかできません。

それでも、非日常を少しでも楽しんでもらいたいと思います。

思いだけは大きいです!笑

いつも、思います。

お客様に喜んで頂きたい!

でも、喜んで頂いて、1番喜ばせて頂いてるのは

間違いなく自分です。

お客様の笑顔に元気をもらっているのは

やはり私です。

私へのクリスマスプレゼントは

お客様からのたくさんの笑顔。

今年もいっぱいいっぱいプレゼントを頂きました。

ありがとうございます。

全ての方に幸せがありますように…。

笑顔が溢れますように…。

一緒に笑いあえますように…。

2018年もあと少しですが、

ありがとうございました!

また、来年もトナカイをよろしくお願いします!笑


待ち人

| とくし丸 | | 2件のコメント

「あんた、幸せやなぁ~。

雨の中で、みんなこうして待ってくれてるって。

そう思わへん?

私、ほんまそう思うわ。」

ほんとにそうなんです。

雨の日でも、集合場所に着くと

傘の花がいろんな色で咲いています。

ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ…。

心から有難い気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

「ほんまに、ありがとうございます。

雨の中、来てもらって、ほんとうにすみません。

ありがとうございます。」

いつもより深く、長いお辞儀になります。

「えんや、えんや。

こうして、みんなで待つ間、喋ってるのも楽しみなんや。」

確かに、みなさん、雨をものともせず、楽しそうに待ってくださっています。

今年は暖冬だそうですが、

でも、これから雪の季節が必ずきます。

雨・雪に寒さがプラスされます。

 

そんな、寒さの中で待ってくださること。

本当に有難いです。

あんたが来てくれりゃあこそ。

そんな、言葉もよくかけていただきます。

その飾らない心のこもった言葉が

とくし丸をやっていて何よりものご褒美です。

こんなに嬉しい言葉はありません。

人に必要とされること。

ありがとうと言い合えること。

とくし丸の原点だと思います。

「とくし丸の音楽を聞くと

なんだか、ウキウキしてくるわ♪」

そんな、嬉しい言葉も。

暗い、寒い冬。

丹後は、長い長い冬。

とくし丸が一瞬でも

楽しみを楽しさを届けられるように…。

寒さに負けずに…。

 

 

 


感謝状

| とくし丸 | | 2件のコメント

今年もあと少しで終わります。

本当にあっと言う間で、毎年ビックリします。

今年も色んな事がありました。

出逢い、別れ、驚き、感動…。

毎日毎日、1日たりとも同じ日はなく、

同じように見える景色も、決して同じではないように、

同じ事の繰り返しのような販売も、毎日が新鮮でした。

そうして、私が毎日毎日変わらずイキイキと生活できるのは、

周りの方の支えがあるから。

私に関わる全ての人に感謝は忘れません。

その中で、今日は私の母親に感謝を伝えたいと思います。

生まれた時から、やんちゃくちゃで

母親と全く性格が違うため、多々心配や迷惑をかけてきました。

何をするにも、まず反対されるほど、私のすることが

理解できなかったようです。

もちろん、とくし丸をする時も、手放しで応援してくれたわけでは

ありませんでした。

それでも、今はとくし丸をしている私をとても喜び、

全面的にサポートしてくれています。

父親が亡くなって、もうすく3年。

ひとりで、散髪屋を守り、営業続けています。

そして、火曜日から金曜日は子供たちと旦那さんのお弁当を作ってくれています。

母親は昔からお弁当の品数が豊富で色とりどりなので、

私が高校生の時も、友達が

「はよ、お弁当開けて!今日はどんなん?!」と、楽しみにしていましたが、

今も同じように、子供たちが友達に言われているようです。

火曜日と金曜日、私が母親のところに販売に行く日には、

わたし用におにぎりも持たせてくれます。

このおにぎり、最初はちいさなお弁当でした。

でも、私は止まって休憩する時間がないので、

母親にお願いしておにぎりにしてもらいました。

「お弁当のおかずをおにぎりに入れてくれたらいいから!」

どうせ、口の中に入ったら一緒だし!

そう思ったのですが、たまにビックリする事があります。

黒豆と塩サバ・ミートボールとしば漬なんかが、

自分の意思に関わらず、口の中でコラボしちゃうもんですから 笑

おっと!と、笑ってしまいます。

そこまで考えて、おにぎりの中に入れられないのは

わかっているので、何が口の中に入ったのか、

ドキドキワクワクしながら楽しんで食べています 笑

そして、これ!

黒にんにく!!

美味しいし、栄養満点!!

これのおかげもあって、開業から1度も体調壊さず

がんばれていると思います。

ありがとう。

いつも、いつもありがとう。

どうか、お母さんも元気で毎日を満喫してください。

それが、心からの願いです。

普段は、なかなか言えませんが、

母に感謝状です。


順番

| とくし丸 | | 2件のコメント

とくし丸は3コースを週2回回って販売しています。

私は週休2日にしてから、月曜日お休みにしたので

木曜日1回となりましたが…。

そして、各コースも順番が決まっています。

コースを作った時に、順番というのは自然と決まります。

順番が決まると、ポイントポイントに伺う時間も

大体決まってきます。

もちろん、新規のお客様が増えたり、逆にお客様が減った場合は

コースやそれに伴う時間も変わる事があります。

最初は、山盛りで積込します。

私のコースはお店に戻る事がなかなかできないので、

補充分も山ほど積んでいきます。

それでも、最後の方のお客様には足りないものがどうしても出てくるのです。

そして、陳列もスカスカになる日もあります。

「今日はよ~け売れたんやなぁ~

野菜も肉も全然ないやん!

まぁ、よ~売れた言う事や。ええこっちゃ!笑

(逆にたくさんあると、「どうでゃあ!今日はよ~け残っとるわ。

あんまり売れなんだんか」と、心配される事も 笑)」

そう言って大きな温かい気持ちでいてくださるお客様もありますが、

「お豆腐ある?」

「すみません(汗)今日は、お豆腐がたくさん出て、無くなってしまって…」

「え~~っ?!お豆腐がないの?!そりゃ困った!

鍋しようかと思ったんやけど、ほんなら、何しょ?」

なんて、ガッカリさせると本当に申し訳ない気持ちになります。

そりゃあ、主婦にとって、献立は日々の悩みなんですから。

最後の方のお客様は、そうなる確立が高い訳で…。

そんな事が何回か続くと、当てにならない。と、思われても仕方ありません。

もちろん、そういう事のないように、前日とか最悪、販売の途中でも

思ったら、「あれ持ってきて!」とか「あれ取って置いて!」って、

お電話ください。と、お願いしているのですが、

「だって、さっき思いついたんやん」と、言われると

そりゃあ、そういう時もありますよね…。すみません。

と、納得してしまいます。

すると、次の日の積込は気持ちモリモリになります。

「すみません、無くなってしまって…」が、怖いのです。

でも、そんな日に限ってドサ~っと余ってしまったり…。

そうすると、今度はお店の方に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

心から、すみません…。と、思うのです。

集合ポイントが多い私のコースは、

多い日で15人くらいのところが、日によっては半分くらいだったりします。

時には、観光客のようなふいなお客様が20人くらい押し寄せられる事もあったり…。

なかなか積込が読めないのです。

これは、毎日毎日の悩みだし、

永遠に悩み続けるテーマなんだと思います。

近頃では、日が暮れるのも早いし、

最後の方のお客様にはご不便やご不自由をおかけする事が

多々ありますが、最後のお客様にもご満足していただける

とくし丸になれるよう、これからも永遠に考え続け

努力していきたいと思っています。

 

 

 


最初は1週間前の古澤さん(ヴァローレ)からの連絡でした。

「また、来週行くよ!

今度は完全にリフレッシュで。」

隣町からいとも簡単に遊びに行くよ♪って、感じでいつも言われるので

錯覚してしまいますが、富山県です。

車で片道4〜5時間くらいじゃないでしょうか?!

「晩ごはんを一緒に。」ということだったので、

ゆっくり来られるのかな?

きっとそうだろうな…。と、思いながら

その日の朝、いつものように店に向いました。

すると、こんな写真が…。

 

 

 

 

 

 

「俺持っとる!笑 マジタイミングいいぞー!

虹とコラボレーション 笑」と。

「ん?」

「ん?!?!」

これは、うちの近くの籠(この)神社!!

えっ?!もう着いてる?!

それから、積込していても

いつ、どのタイミングで現れるのか!と、気が気でない!笑

でも、なかなか現れることはなく

こんなクイズのような写真が送られてきたり…。

 

 

 

 

 

 

結局、お店には姿を見せられないまま、私は出発!

そうして、12時くらいでしょうか…

徳島県の森茂樹さん(キョウエイさん)から電話がかかりました。

「古澤さんが行ってるの知ったら、急に僕も行きたくなってきた。

美穂ちゃん今から宿とれるかな?」

えっ?!

えぇ~~~~~?!

ほんまですか?!

今からですか?!

富山県より近いとはいえ、徳島県だって3時間~4時間はかかるはず!!

その日は3連休の中日。

ダメ元でアタックすると、

なんとか1軒とれました!

すごい!奇跡!!笑

ホッとしながら、走っていると

脇に止めた車から手を振る人が…。

「あっ!今のは古澤さん!!」

そうなんです。

何度も、何度もこの地を訪れ、このコースは熟知されているのです。

この時間なら、今どの辺って、ちゃ~んとわかっておられるのです。笑

1時くらいにやっと合流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞くと、今まで経ヶ岬や伊根のあちこちを散策されていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、何度もこの地を訪れてても、決まったとこばかりで

観光はほとんどされてないですものね。

この日は、本当に気持ちのいい秋晴れのお天気でどこを見ても

きっと景色は最高でした。

少しは日頃の疲れた心と体を癒してもらえたのかなと思ったりしました。

古澤さんは、もうすっかりお客様の中でもお馴染み 笑

みんな、喜んでくださってました。

そんな中で、1番喜んだのはわんちゃんだったのではないでしょうか?笑

いつもと違う車なのに、車を見た瞬間に

「わお~ん わお~ん」と、しっぽフリフリ大喜び♪

ちゃんと覚えてるんですよね!!

 

 

 

 

 

 

心許しすぎて、こんなんなっちゃいました 笑

 

4時過ぎでしょうか。

森さんが宮津に無事に着かれたと連絡が!

よかった。

販売が終わったのが、17時半。

急いで店に戻って、片付けてやっと

20時前に森さんにも会えました!

宮津に古澤さんと森さんがいる!!

なんだか不思議な感じです。

つい最近、森さんと

「4月に仲間と集まった時はすんごい楽しかったけど、

なかなかじっくり喋ることができなかったですよね」って、話してて

森さんもじっくり喋ろう!喋りたい!って、思ったそうです。

そして、そう思ったら、いてもたってもいられず、

朝、洗車しててもその気持ちは強くなるばかりで…

で、本当に来てくださいました!

すごい行動力!!

その行動力に驚きと感謝です。

美味しいご馳走を囲み、話は弾みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい話、嬉しい話、辛い話、未来の話。

話は尽きません。

同じ思いで、同じ方向を向いている人たちとの話は

全てが心地よく胸の奥に沁み込んでいきます。

みんな、それぞれ抱えているものはあるけど、

同じ気持ちの熱い仲間がいるから

こんなにもがんばれるんです。

そう、3人で再確認しました。

熱い、気持ちのいい、心地のいい夜でした。

幸せものだなぁ~

これも、とくし丸に出会えたから。

最高の仲間に感謝です。


2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

最近のコメント

カウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター