今年もあと少しで終わります。

本当にあっと言う間で、毎年ビックリします。

今年も色んな事がありました。

出逢い、別れ、驚き、感動…。

毎日毎日、1日たりとも同じ日はなく、

同じように見える景色も、決して同じではないように、

同じ事の繰り返しのような販売も、毎日が新鮮でした。

そうして、私が毎日毎日変わらずイキイキと生活できるのは、

周りの方の支えがあるから。

私に関わる全ての人に感謝は忘れません。

その中で、今日は私の母親に感謝を伝えたいと思います。

生まれた時から、やんちゃくちゃで

母親と全く性格が違うため、多々心配や迷惑をかけてきました。

何をするにも、まず反対されるほど、私のすることが

理解できなかったようです。

もちろん、とくし丸をする時も、手放しで応援してくれたわけでは

ありませんでした。

それでも、今はとくし丸をしている私をとても喜び、

全面的にサポートしてくれています。

父親が亡くなって、もうすく3年。

ひとりで、散髪屋を守り、営業続けています。

そして、火曜日から金曜日は子供たちと旦那さんのお弁当を作ってくれています。

母親は昔からお弁当の品数が豊富で色とりどりなので、

私が高校生の時も、友達が

「はよ、お弁当開けて!今日はどんなん?!」と、楽しみにしていましたが、

今も同じように、子供たちが友達に言われているようです。

火曜日と金曜日、私が母親のところに販売に行く日には、

わたし用におにぎりも持たせてくれます。

このおにぎり、最初はちいさなお弁当でした。

でも、私は止まって休憩する時間がないので、

母親にお願いしておにぎりにしてもらいました。

「お弁当のおかずをおにぎりに入れてくれたらいいから!」

どうせ、口の中に入ったら一緒だし!

そう思ったのですが、たまにビックリする事があります。

黒豆と塩サバ・ミートボールとしば漬なんかが、

自分の意思に関わらず、口の中でコラボしちゃうもんですから 笑

おっと!と、笑ってしまいます。

そこまで考えて、おにぎりの中に入れられないのは

わかっているので、何が口の中に入ったのか、

ドキドキワクワクしながら楽しんで食べています 笑

そして、これ!

黒にんにく!!

美味しいし、栄養満点!!

これのおかげもあって、開業から1度も体調壊さず

がんばれていると思います。

ありがとう。

いつも、いつもありがとう。

どうか、お母さんも元気で毎日を満喫してください。

それが、心からの願いです。

普段は、なかなか言えませんが、

母に感謝状です。


順番

| とくし丸 | | 2件のコメント

とくし丸は3コースを週2回回って販売しています。

私は週休2日にしてから、月曜日お休みにしたので

木曜日1回となりましたが…。

そして、各コースも順番が決まっています。

コースを作った時に、順番というのは自然と決まります。

順番が決まると、ポイントポイントに伺う時間も

大体決まってきます。

もちろん、新規のお客様が増えたり、逆にお客様が減った場合は

コースやそれに伴う時間も変わる事があります。

最初は、山盛りで積込します。

私のコースはお店に戻る事がなかなかできないので、

補充分も山ほど積んでいきます。

それでも、最後の方のお客様には足りないものがどうしても出てくるのです。

そして、陳列もスカスカになる日もあります。

「今日はよ~け売れたんやなぁ~

野菜も肉も全然ないやん!

まぁ、よ~売れた言う事や。ええこっちゃ!笑

(逆にたくさんあると、「どうでゃあ!今日はよ~け残っとるわ。

あんまり売れなんだんか」と、心配される事も 笑)」

そう言って大きな温かい気持ちでいてくださるお客様もありますが、

「お豆腐ある?」

「すみません(汗)今日は、お豆腐がたくさん出て、無くなってしまって…」

「え~~っ?!お豆腐がないの?!そりゃ困った!

鍋しようかと思ったんやけど、ほんなら、何しょ?」

なんて、ガッカリさせると本当に申し訳ない気持ちになります。

そりゃあ、主婦にとって、献立は日々の悩みなんですから。

最後の方のお客様は、そうなる確立が高い訳で…。

そんな事が何回か続くと、当てにならない。と、思われても仕方ありません。

もちろん、そういう事のないように、前日とか最悪、販売の途中でも

思ったら、「あれ持ってきて!」とか「あれ取って置いて!」って、

お電話ください。と、お願いしているのですが、

「だって、さっき思いついたんやん」と、言われると

そりゃあ、そういう時もありますよね…。すみません。

と、納得してしまいます。

すると、次の日の積込は気持ちモリモリになります。

「すみません、無くなってしまって…」が、怖いのです。

でも、そんな日に限ってドサ~っと余ってしまったり…。

そうすると、今度はお店の方に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

心から、すみません…。と、思うのです。

集合ポイントが多い私のコースは、

多い日で15人くらいのところが、日によっては半分くらいだったりします。

時には、観光客のようなふいなお客様が20人くらい押し寄せられる事もあったり…。

なかなか積込が読めないのです。

これは、毎日毎日の悩みだし、

永遠に悩み続けるテーマなんだと思います。

近頃では、日が暮れるのも早いし、

最後の方のお客様にはご不便やご不自由をおかけする事が

多々ありますが、最後のお客様にもご満足していただける

とくし丸になれるよう、これからも永遠に考え続け

努力していきたいと思っています。

 

 

 


最初は1週間前の古澤さん(ヴァローレ)からの連絡でした。

「また、来週行くよ!

今度は完全にリフレッシュで。」

隣町からいとも簡単に遊びに行くよ♪って、感じでいつも言われるので

錯覚してしまいますが、富山県です。

車で片道4〜5時間くらいじゃないでしょうか?!

「晩ごはんを一緒に。」ということだったので、

ゆっくり来られるのかな?

きっとそうだろうな…。と、思いながら

その日の朝、いつものように店に向いました。

すると、こんな写真が…。

 

 

 

 

 

 

「俺持っとる!笑 マジタイミングいいぞー!

虹とコラボレーション 笑」と。

「ん?」

「ん?!?!」

これは、うちの近くの籠(この)神社!!

えっ?!もう着いてる?!

それから、積込していても

いつ、どのタイミングで現れるのか!と、気が気でない!笑

でも、なかなか現れることはなく

こんなクイズのような写真が送られてきたり…。

 

 

 

 

 

 

結局、お店には姿を見せられないまま、私は出発!

そうして、12時くらいでしょうか…

徳島県の森茂樹さん(キョウエイさん)から電話がかかりました。

「古澤さんが行ってるの知ったら、急に僕も行きたくなってきた。

美穂ちゃん今から宿とれるかな?」

えっ?!

えぇ~~~~~?!

ほんまですか?!

今からですか?!

富山県より近いとはいえ、徳島県だって3時間~4時間はかかるはず!!

その日は3連休の中日。

ダメ元でアタックすると、

なんとか1軒とれました!

すごい!奇跡!!笑

ホッとしながら、走っていると

脇に止めた車から手を振る人が…。

「あっ!今のは古澤さん!!」

そうなんです。

何度も、何度もこの地を訪れ、このコースは熟知されているのです。

この時間なら、今どの辺って、ちゃ~んとわかっておられるのです。笑

1時くらいにやっと合流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞くと、今まで経ヶ岬や伊根のあちこちを散策されていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、何度もこの地を訪れてても、決まったとこばかりで

観光はほとんどされてないですものね。

この日は、本当に気持ちのいい秋晴れのお天気でどこを見ても

きっと景色は最高でした。

少しは日頃の疲れた心と体を癒してもらえたのかなと思ったりしました。

古澤さんは、もうすっかりお客様の中でもお馴染み 笑

みんな、喜んでくださってました。

そんな中で、1番喜んだのはわんちゃんだったのではないでしょうか?笑

いつもと違う車なのに、車を見た瞬間に

「わお~ん わお~ん」と、しっぽフリフリ大喜び♪

ちゃんと覚えてるんですよね!!

 

 

 

 

 

 

心許しすぎて、こんなんなっちゃいました 笑

 

4時過ぎでしょうか。

森さんが宮津に無事に着かれたと連絡が!

よかった。

販売が終わったのが、17時半。

急いで店に戻って、片付けてやっと

20時前に森さんにも会えました!

宮津に古澤さんと森さんがいる!!

なんだか不思議な感じです。

つい最近、森さんと

「4月に仲間と集まった時はすんごい楽しかったけど、

なかなかじっくり喋ることができなかったですよね」って、話してて

森さんもじっくり喋ろう!喋りたい!って、思ったそうです。

そして、そう思ったら、いてもたってもいられず、

朝、洗車しててもその気持ちは強くなるばかりで…

で、本当に来てくださいました!

すごい行動力!!

その行動力に驚きと感謝です。

美味しいご馳走を囲み、話は弾みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい話、嬉しい話、辛い話、未来の話。

話は尽きません。

同じ思いで、同じ方向を向いている人たちとの話は

全てが心地よく胸の奥に沁み込んでいきます。

みんな、それぞれ抱えているものはあるけど、

同じ気持ちの熱い仲間がいるから

こんなにもがんばれるんです。

そう、3人で再確認しました。

熱い、気持ちのいい、心地のいい夜でした。

幸せものだなぁ~

これも、とくし丸に出会えたから。

最高の仲間に感謝です。


新しい命

| とくし丸 | | 4件のコメント

『体が自然に動くんです!ぼく』という初期の頃の投稿で

登場してくれたHくんは、

『みんなの宝物』という投稿でIくんという弟ができて、

お兄ちゃんになりました。

その後、Iくんもすくすくと大きくなって、

今では2人でとくし丸のお手伝いをしてくれるまでに成長しています。

保育所が早く終わる土曜日は、

急いで保育所から戻ってきてくれ、

2人でとくし丸のドアを閉めるのを一緒に手伝ってくれます。

早い日には、ご近所のYちゃんという女の子と一緒に

お客様にカゴを配ってもらいます。

私が渡すより、かわいい子供たちからカゴを受け取るほうが

お客様も数倍、いや数百倍嬉しそうです 笑

バイト代も渡さなくて申し訳ないですが、

子供たちはみんな、張り切ってお手伝いしてくれます。

そんな姿を見て、「人の子は成長が早いというけど、

本当に早いなぁ~。みんな、どんどん大きくなって

どんどんしっかりしていくなぁ~。」と、

母、いやいやおばあちゃんの気持ちで感動しています。

そんな、HくんとIくんが

またまた、お兄ちゃんになりました!!!

今度は、女の子です。

かわいい、かわいい女の子。

Aちゃんです。

10月に誕生されたので、しばらくはお会いできないだろうな…。と、

思っていたら、お母さんが抱いて見せに来てくださいました。

まだまだ、小さくて壊れそうなほどですが、

とても健康そうな、べっぴんさんでした。

ぐっすり眠っていたのに、風でビックリしたのかな?

大きな泣き声も披露してくれました。

そうこうしていると、お兄ちゃんたちが保育所から戻ってきました!

よし!これは!!と、

初めての家族写真をお願いしました。


みんな大きくなったでしょ♪

以前にも書きましたが、こうして新しい生命の誕生や

お子さん方の成長をいつもまじかに見れることは

本当に幸せなことです。

有難いです。

この日、ママが差し入れをしてくださいました。

「子供のおやつにスイートポテト作ったので、

砂糖も何も入れてないので、あんまり甘くないです。

そのままさつまいもつぶしただけみたいですが…笑」と。

子供さん3人育て、まだ産後間もないのに…。

そして、日頃からお子さんの食べるものに

ものすごく気をつけておられます。

子供さんへの愛を感じます。

すぐにいただいたスイートポテトは

やっぱり優しい優しい味でした。

ありがとうございました。

ご馳走様でした。


介護・看護の関係の職員の方とのつながりが

どんどん拡がっています。

とくし丸と市町村とは、見守り協定を結んでいますが、

特別に何かをしてきたとは思っていません。

ただ、週に1回とか2回販売に回っている間に、

気になることがあれば、包括支援センターに電話したりしていました。

本当に些細な事で、もしかしたら、こんな事をお伝えするのは

どうなんだろう?と、思うような事もありました。

それでも、面倒そうにされず、キチンと受け止めて頂け、有難かったです。

例えば、先日もこんな事がありました。

夕方、少し暗くなった頃に90代の女性のお宅を訪問しました。

いつも、玄関を開け

「こんにちは~~~!!〇〇さ~~~ん」

と、大きな声で呼びかけると、奥から

「は~い」

と、返事が返ってきます。

それが、その日は何度呼んでも返事がありません。

おかしいな。

しばらく、様子をみて、裏口に回って戸を開けて呼びかけますが、

やはり返事がありません。

考えたくないけど、嫌な事が浮かびます。

でも、ルールで勝手に家の中には入れないので、

そういう場合は、ケアマネさんか包括支援センターに連絡します。

この方の場合、ケアマネさんからご紹介頂いたこともあり、

ケアマネさんと連絡をし合っていたので、この日も状況を説明する電話を入れました。

「おかしいな。トイレかな?

どうされますか?水口さん、私が行くまで待たれますか?

それとも、後のお客様もあるし、行かれますか?」と、聞かれました。

ケアマネさんのおられる施設は近くだし、残りのお客様も2件。

それに、何よりお客様が気になりました。

「待ちます!」

そうこう5分くらい待ちました。

そして、2人で玄関に向うと

「あれ?電気がついてる!」

お客様が出て来られました。

「〇〇さん、どこ行とったん?

水口さん、心配して待とってくれたんやで」

と、ケアマネさん。

「ちょっと、畑見に行とったんや。」

「畑かぁ~。あ~良かった!」と、2人。

「来るまでに、色んなシュミレーションを頭で組み立ててきたんです 笑」と、

ケアマネさん。

「そうですよね。私も、つい悪い事ばかり考えてしまいました。

すみません。ご迷惑おかけして。でも、なんでもなくてよかったです。」

と、言うと

「いやいや、何かあったら言うてください。

こちらも有難いです。」と、言ってくださいました。

そのケアマネさんには、以前にもそのお客様が電話が故障して使えない事を

お伝えし、ケアマネさんが電気屋さんに連絡してくださって、お客様の電話が

使えるようになったこともありました。

 

販売に回った時、そのお宅にヘルパーさんや訪問看護師さんと

お出会いする機会も度々ありました。

施設に販売に回るようになって、施設の職員の方やケアマネさんとも

色々お話させて頂いたり、情報を共有させて頂いたりするうちに、

「水口さん、今度どこどこのだれだれさんのお宅に行って頂けませんか?」

という感じで、お客様をご紹介いただく機会も増えました。

これは、本当に自然の流れなのですが、

意識しない間に、細い脈があちこちにつながるように

お客様を軸に拡がっているなと、感じます。

そのラインの1本にとくし丸が加われている事、

そのラインがどんどん太く、長くなっていっている事に

強い責任と喜びを感じています。

この、お客様を軸に拡がる脈は太ければ太いほど、

多ければ多いほど、お客様にとっては心強いものになるんではないでしょうか?

交通の便が悪い田舎で、何をするにも不便な場所にひとり住んでおられる方が

たくさんおられます。

ここだけではなく、きっと全国のあちらこちらに。

だから、きっと、とくし丸の需要も増えているんだと思います。

販売するだけじゃない。

それが、とくし丸です。

まだまだ、できてない事がたくさんあると思いますが、

できる事をできるだけやって、

少しでもお客様のお役に立てたらなと思います。


『刺激』でも、書きましたが、

お客様とお話していて、刺激を受けたり

反省したりする事が度々あります。

「あ~自分は、なんて小さい人間なんだ…。」と、思う事が。

先日も、お客様との会話の中で、

お客様が旦那様に尽くして尽くしてされているお話を聞き、

「お父さんは、さぞかし、Yさんと結婚して幸せやと思っとんなるやろね。

ありがとう、Yって、言うてくれなるやろ」と、言うと、

「そんな事いっぺんも言うてもらった事ないわ。

そんなん言われたら、いよいよか…。思って、逆に心配せんなんわ 笑」と、

言われました。

いつも、「お父さん、お父さん」と、旦那さんに尽くされる姿を見て、

それだけでも、すごいなぁ~と、感心しているのに。

「あ~、また自分がなんて小さい人間なんやって、思うわぁ~

昨日も、夜仕事が遅くなったし、

『帰ったら秋刀魚を頭とって、はらわたとって、

塩して、いっつも私がしとるみたいに、塩焼き用に用意しといてくれへん』って、

頼んだんや。そしたらな、帰ったら、秋刀魚が開いてあったんや!

もう、目が点で…。焼いたらカリカリになって、ジューシーさも何もありゃしない  笑

ある時は、薄切りにしといて言うたものが、みじん切りになっとったんや 笑

で、ヤーヤー言っちゃうんだよねぇ~。ひどいやろ?私。

でも、ほんまは、そうしてくれるだけで有難い事なんやけどなぁ~

旦那さんに、甘えとるんやろな。

きっと、Yさんとこのご主人もYさんに甘えとんなるんやろね」

自分で言って、納得していました。

そうなんです。

いつも、お客様との会話の中で

「ハッ!」と、気付かされるんです。

わかってるんです。

そして、感謝してるんです。

ここ1~2年は、ずいぶん余裕もできて、

家に帰って私が殆ど食事は作るのですが、

仕事が遅くなる日は、下ごしらえのお願いをして

やっておいてもらう事もあるのです。

少しでもしてもらってあると、ずいぶん楽だし、早く出来上がるので助かります。

沢山ピーマンを頂いた日も、

「今日はピーマンの肉詰めしよう!!

私はタネを作るから、あなたはピーマンをひたすら

半分に切って、種とっておいてくれる?」

「え~~~!!今から肉詰めするんか?!」と、

へこたれてた旦那さん 笑

でも、2人で並んで作業して、

今日あった事を話しながら肉詰めしたりしてたら、

意外とアッと言う間で楽しかったりするのです。

逆もあります。

生の栗を頂いた日も、ちょっと気持ちに余裕がなく、

『休みの日に剥こう!』と、思っていたのに、

「よ~し!剥くるぞぉ~!!」なんて、旦那さんが張り切り出して、

「え~~~~?!今から?!」と、後ろ向きだった私も

旦那さんがまず専用の栗向き器で外の殻を剥き、

私が包丁で渋皮を剥いていくうち、

なんだか楽しくなってきて、夢中になってきて

これも、アッと言う間に完成!

とくし丸をするまでは、一切台所に立とうとしなかった旦那さんですが、

こうして、せざる得ない環境の中で、一緒に台所に立てることは

本当によかったなぁ~と思います。

日々、旦那さんが当たり前に手伝ってくれる事を

当たり前だと思って、感謝を忘れる事があります。

いけない、いけない。

改めて、旦那さんのおかげで

毎日イキイキ元気に、笑顔で仕事ができている。

開業から、ずっと変らず、

会社の帰りにフクヤさんに寄って、

毎日とくし丸の清掃もしてくれています。

雨の日も、風の日も。

これは、自分ならとてもできる事ではありません。

我が夫ながら、本当にすごい人だなぁ~と思います。

この10月で、結婚19年を迎えました。

きっと、私がとくし丸を始めた事が、結婚生活の中でも最大の事件(? 笑)だと

思いますが、旦那さんがいてくれたから今があると心からそう思えます。

毎日、毎日、幸せをありがとう!

こんな私を、そしてとくし丸をこれからもよろしくお願いします!

ラブレターだな 笑


刺激

| とくし丸 | | 2件のコメント

「とくし丸」を始めてから、よくたくさんの方から

「よ~がんばるなぁ~」とか、「がんばっとるなぁ~」と、

言っていただきます。

確かに、今まで50年近く生きてきて、1番がんばってるかもしれません。

「がんばっとるでぇ~ 笑」

と、元気に笑顔で返していますが、多分、私のがんばりなんて

70代、80代、90代の方のやってこられたがんばりに比べたら

全然敵わないと、心底思います。

だから、そんな年代の方から、そう声をかけて頂くと、

本当に恐縮してします。

そして、腰が曲がったり、足が痛いと言いながら、

今でも畑に出たり、仕事したり、家の事をがんばっておられる姿に

心から敬意を評し、刺激を頂いています。

睡眠時間が2~3時間っていう方もおられ、

6時間しか寝てない…。と、思っていた自分が

情けなくなりました。

私なんか、ちょっとがんばったと思ったら

「今日は自分へのご褒美♪」と、ハーゲンダッツのアイスを食べたり、

美味しい物を食べに行ったり、自分にたっぷり甘いです。

なのに、お客様は

「お父さんにこれ、供えてあげよ」とか、

「〇〇さんに、ええもんもらったで美味しいもんお返ししよ」とか、

人の事ばかり言われます。

時々、「どこどこ行って来たんや。楽しかったわ」とか、聞くと

本当に嬉しくなります。

買い物していて、「これ、美味しそうやな!おやつに食べよかな♪」なんて、

聞くと、ウキウキワクワクしてきます。

どうか、どうか、自分の時間も楽しんで、

いっぱい美味しいもの食べてくださいよ。

そう心から願います。


週に1度、金曜日に伺うお家があります。

そこで、見つけたお楽しみ♪

大のカエル好きの私は思わず、テンションが上がりました。

「絶対、このカエル見つかっとらん思っとるんやろね 笑」

ほんと、すっかり外壁の一部と化してます。笑

また、次の週。

「あっ!今日はこんなとこにおったな!笑」

微妙に色を変えている。

今回も、見つかってない。見つかってない。と、自信満々のご様子。笑

次の週は…。

わかりますか?

まず、そのお宅に行くと店を開くより先に

カエルくんを探します。

お客様も

「昨日はいなかったと思ったけど、

もしかしたら、金曜日をカエルくんも楽しみにしてるんかも 笑」と。

嬉しいじゃないですか!

相思相愛のようです 笑

最近では、家族も楽しみにしてくれていて、

ラインで写真を送ると、いる場所に丸をつけて返してきます。笑

 

 

 

 

 

 

正解!!

さぁ~!だんだん、難易度をあげていくよぉ~ 笑

次の週

これは、わからんやろ?!笑

さすがに、小さすぎてちょっとてこずったようですが、

拡大して「おった!ここ!!」と、嬉しそう♪

 

こんなに、みんなを楽しませてくれるカエルくん。

次はどこで待っていてくれるかな?笑

冬眠までの時間、いっぱい楽しませてね!


とくし丸の仲間、大阪関西スーパーの販売パートナー

村山かおりちゃんが10月で1周年を迎えられました。

まだ、1年?!って、思うほど、すっかりしっかり仕事をこなされ、

全国ネットのテレビにも出演し、大人気のかおりちゃん。

そんな、かおりちゃんが1周年の感謝を込めて

とくし丸つうしんを発行されました。

関西スーパーさんやお客様、とくし丸に対する愛がいっぱい詰まったつうしんです。

きれいな読みやすい書体の手書きで、かおりちゃんらしさ、

かおりちゃんの優しさが詰まってるなぁ~と、思いました。

彼女は3人のお母さん。

1日販売をして、母もして、貴重なお休みを利用して、これを仕上げたんだと思います。素晴らしい✨

その他にも、スーパーさんに向けて、自ら報告書をわかりやすく作ったり…。

なかなかできることではないなぁ~と、感心ばかりです。

「美穂さん、美穂さん」と、慕ってくれて、先輩と言ってくれますが、

妻としても母としても先輩だし、かおりちゃんの方が

考え方もしっかりして芯があるし、本当に大人だなぁ~と、

私の方が学ばせてもらう事が多いです。

つうしんには私の本の紹介もしてもらっています。

ありがとうございます。

これからも、同じ母販売員として、悩み合いながら

励まし合いながら、頑張って行きたいなと思います。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

ある日、フェイスブックを通じて、熊本県の菊池市職員の

今林さんという方から連絡が入りました。

菊池市が第三セクターに委託する形で移動販売を行っている。

来月号の広報で特集を組みたいが、

同じ移動スーパーで販売をし、本を出版している水口さんから

コメント頂き、記事に載せたいという依頼でした。

移動スーパーの名前は、とくし丸を参考に菊池市から取り、

「菊丸」というそうです。

ほぉ~。

全国で、色々移動スーパーが増えているという認識はありましたが、

実際関わっておられる方と知り合うのは初めて。

しかも、「菊丸」!

これは、私の一存では無理と、まずは

とくし丸本部へ連絡頂き、許可をもらって頂くよう、お伝えしました。

発行までの時間が迫っておられるらしく、早速連絡をとられると、

たまたま住友社長がおられたようで、快諾されたと共に、

アドバイスも頂いたと、言う事でした。

さすが!住友さん!

懐が深い!!

そして、初めて電話でお話し、インタビュー(?)を受けました。

お声がお若い印象で、お話していても、とても感じの良い方でした。

どんな記事になるのか、どんな広報なのか本当に楽しみだったので、

出来上がったら見せてくださいとお願いしました。

すると、早々に郵便が届きました!

写真も人の表情が豊かでとても綺麗だし、

内容もとても濃いものに仕上がっていて、

広報誌とは思えないなぁ~と、思いました。

うちの旦那さんは、印刷会社でDTPをしていて

広報をさせて頂くこともあるそうで、

今、広報はすごいんだ!

担当させてもらっている広報も

全国の広報コンクールに出したりされるので

すごく力を入れておられる。だから、プレッシャーなんだ。と、言っていました。

それを聞いて、今林さんにも菊池市の広報の

素晴らしさに感激したとお伝えし、

是非、コンクールに!と、言いました。

すると、

「実は、前任の広報の方が、7年連続全国大会入賞されているんです。

それで、プレッシャーがすごいんです。」と、言われました。

さすが!!

本当に、1つの雑誌かと思うほど、素敵でした。

こんな、素敵な広報の1ページに載せて頂くことができ、

光栄なことです。

これも、とくし丸がつないでくれたご縁です。

「コンクールで入賞したら、またお知らせくださいね!」

「はい。是非!頑張ります!」

また、楽しみができました♪

ご縁・つながりに感謝です。

 

 

 


とくし丸をしていて、正直楽しい嬉しいばかりではありません。

時には、自分ひとりでは抱えきれないほどの

重い・深い事案と向き合わなくてはならない事もあります。

でも、そんな時、全国にいる仲間からの温かい心や言葉で

ずいぶん助けてもらいます。

実際には、問題を解決するのは自分自身しかいないのですが、

それでもアドバイスや心に寄り添う優しい言葉で救われる事があるのです。

そして、お客様にも…。

つい、最近もそういう大きな事案が続けて2つ重なり、

私の小さな受け皿がいっぱいいっぱいになり、心が潰れそうになっていました。

心も身体もくたくたなのに、頭が興奮して眠れない。

でも、次の日は変らず膨大な積込をし、変らず接客をする。

その日常すらも、きちんとこなせるか不安でした。

そんな時、やはりお客様に助けてもらいます。

きっと、お客様はそんな私の状態を知っている訳ではないのでしょうが、

そういう時に、妙に。

買い物を終えて、買い物カゴを返された時に、中にドリンクが入っていました。

「えっ。」

車を収納してから、玄関を訪ね、お礼を言いました。

そうすると、私の2つの手をお客様の2つの手でつなぎ、握り、

「あのな、あなたが来てくれてみ~んな本当に喜んどるんよ。

ほんまに楽しみにしてるん。

わかる?

あなたのしている事は本当にすごい事なの。

だから、お礼なんていいんやで。

これからも、あなたのその笑顔でみんなを元気にしてあげてね。

それを、みんなが望んどるの。

ありがとうね。」

つないだ両の手から、じわじわ心が伝わって

壊れかけていた心に沁みていきました。

涙がぽろぽろ溢れて止まりませんでした。

「あんな、今、丁度本に載っていた素敵な言葉を

落書きみたいに紙に書き出してたの。

みんなにも、配ってあげようかなと思って。

あなたにもあげるね。

あなたは、できてる。

いつも、できていることだけど、

でも、どこかに貼っておいて、時々見ては考えるのもいいよね!」と、

素敵な言葉をプレゼントしてくださいました。

有難いです。

やはり、こんなに素晴らしい仕事はないです!

お客様を見守り、支え、愛し

お客様に愛され、支えられています。

自分の力は本当に小さい。

そう感じる事が多いですが、

できる範囲でできるかぎり無理せず、

続けていきたいと思います。

感謝感謝です。

 


2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

カウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター