4/22(土)に、とくし丸の聖地である徳島県で

「ねても さめても とくし丸」のトーク&サイン会が開催されました。

宮津駅から高速バスに乗って梅田まで。

折角、梅田で下りたのでちょっと『紀伊國屋書店』を覗いてみると、

「社会」のカテゴリーで私の本が置いてありました。

しかも、平積みで!

もう、すでにテンションが上がっていました。

その『紀伊國屋書店』で、西日本出版の内山さんと待ち合わせて

内山さんの車に同乗させてもらって徳島入りしました。

会場は、徳島市にある『平惣書店』という大きな書店さん。

そこで、とくし丸の代表 住友達也さんと合流。

住友さんとの再会は1年ぶり。

相変わらずのオーラにまず最初の緊張。

でも、本の編集・イラストを担当をしてもらった

浦谷さんの登場で少し気持ちが落ち着きました。

浦谷さんとは、本の出版までの約1年間

本当にお世話になりました。

浦谷さんじゃなかったら、出版までたどり着けていたか

わからないくらいです。

この本に対する思いは私以上で、それがいつも伝わっていたから

頑張れたし、こんなに素敵な本に仕上がったんだと思っています。

そんな浦谷さんと再会を喜びあうのもつかの間、すぐ打合せに。

イベントは、書店の中の一部の空間でざっくばらんな雰囲気で行われるものだと

勝手に想像を膨らませていたのですが、書店の二階に案内されて会場を見てビックリ!

それまで、緊張するからとあまり考えないでいましたが、

いやが上にも緊張せざるえない記者会見会場のような立派な会場です!

急に心拍数がはね上がりました。

事前に内山さんから

「住友さんは、喋りは慣れてはるから

住友さんに任せといたら大丈夫!

住友さんのパスを受けてたら、なんとかなるし気楽に!」と、言われていたので、

結構軽く考えていたのですが、

会場の立派さと住友さんの打合せで考えが甘かったことを思い知りました。

住友さん:「僕、講演はよくしてるけど、こんなトークショーみたいなのは

初めてやから…。で、何分くらい喋ったらいいの?」

内山さん:「1時間」

私、住友さん、浦谷さん:「えっ~~~~!!」

住友さんは、私と違ってキチンとトークのひな型を書いてきておられたのですが、

1時間というまさかの設定に、お手上げ状態でした。

住友さん:「水口さん、一応全部君が書いた本なんやから本の事でなんか色々、喋ってよ」

もう、匙を投げられた感じでした… 笑

でも、笑ってなんかいられません。

あの会場にどれだけの人が入られるかはわかりませんが、

その方たちを前に私ひとりでフリートークなんてできるわけがありません(汗)

短い打合せの間で、なんとかかんとか覚悟を決め

いざ、会場の扉を開けました。

すると、そこには椅子を埋め尽くす大勢の方が。

まずは、自己紹介から始まり、なんやかんや言っても

場数を踏んでおられる住友さんがトークを引っ張ってくださり、

最初はガチガチだった喋りも、住友さんのリードのおかげと

「最初は、本を出版するっていうのは冗談やったんよね」という、

嘘とも本気とも取れない衝撃発言により、

「え~~~~~~っ!!」っと、絶叫してからは

なんだかリラックスして、楽しめる余裕が出てきました。

あっという間の1時間。

なんとか、終えるとすぐにサイン会。

その場で本を購入して頂いた方、事前に購入して頂いた方に

私と住友さんのサインを書かせて頂きました。

住友さんは、ここでも手慣れたペン運びでササッと

サインを書かれます。

私と言えば、慣れない上に感謝の気持ちを言葉にして

入れたかったものだから、もたもた時間をくいました 笑

来てくださった方は、販売パートナーの仲間もたくさん。

遠いところでは、長野県や富山県から。

これから販売パートナーを志す方も関東の方から来てくださってました。

有難いことです。

そして、ラインでグループをつくっていつも支えあっている

仲間とも初めて会うことができました。

1年以上やりとりをしているので、もう何回も会ってるような気が

しますが、実際目の前にいる仲間に会えて感激でした。

こんなにたくさんの方が、この本の出版を喜んでくださってると

心から感じることのできた本当に幸せな時間でした。

この後、もうひとつの初体験があったのですが、

つづきはまた…。


「じゃあ、また次月曜日ね!」と、元気にお別れした方が

次の時には、急に入院された。と、いうことがよくあると

以前にも書きましたが、最近もありました。

元気にバイバイした次の時、

いつも空いてる玄関にカギがかかっている。

近所の方に聞くと

「大丈夫やろで。さっき、家の前で草抜きしとったで」

とのことだったので、お出掛けかな?と、

そのお宅を後にしました。

でも、次の時も玄関にカギが。

おかしい。

なにかあれば、きっと連絡してくださるMさん。

で、もう一度近所の方に聞くと

入院されたとのこと。

やっぱり…。

同じようなことが、他の方にもあり

いつも元気な方なだけに、どちらもビックリしました。

それが、今日、Mさんからお電話がありました。

「入院しとったけど、退院したで寄っとくれ」と。

「あんな、あんたのよ~知っとる人がおったけど、

また来てから喋るわ」と、意味深な言葉を残して…。

とりあえず、今日会える!と、嬉しく思いながらMさんの元へ。

「どう?もう、大丈夫?どうやったん?」などと、聞くと

自分の病状よりも伝えたいことがあるようで、

「あんな、Sさん知っとるやろ?

病院のベッドが隣やったんや。

話の中でとしく丸が出て来て、

うちも来てくれとるで。と、とくし丸の話で盛り上がったんや 笑」

「え~~~~!!Sさんが隣やったん?!」

Sさんは、時同じくして入院された別の地区の方だったのです。

そんな偶然!!

Sさんは残念ながら、まだ退院はもう少し先になりそうですが、

知らない者同士だったけど、とくし丸の話で意気投合して仲良くなったそうです 笑

「面白いええ人や」とMさん。

はい!そうです。

そして、Sさんが退院されたらきっと同じことを言われるでしょう。

だって、とくし丸のお客様は自慢できるくらい

いい方ばっかりなんですから!

どんな話で盛り上がったかは、ちょっと聞くのが怖い(笑)ので、

やめておきましたが、Mさんの退院と共に思いがけない嬉しい報告となりました。

そして、2人で、Sさんの1日も早い退院を祈りました。


そっと

| とくし丸 | | 8件のコメント

いよいよ、「ねても さめても とくし丸」が発売されました。

昨夜、宅急便にて100冊の本が

我が家にやってきました。

感慨無量です。

すぐに、注文をもらっていた友人に配達して回りました。

そして、父のお仏壇にも…。

そこで、初めて私もページをめくりました。

父と一緒に読みたかった。

父も「美穂、よ~できたな」と、笑ってくれていました。

旦那さんは戻ってから、あっという間に読破して

「アカン、どんどん読んでしまうわ」と、言ってくれました。

次の日(今日)、フクヤさんに行くと

いつもの様子となんだか違います。

ん?

いつも積込をしているところの窓ガラスに

こんなにいっぱいチラシや写真が貼られていました。

中に入ってみると

本が届いたら並べるように特設コーナーが作ってありました。

気になって聞いてみると

「あっ、それはたぶんF副店長だと思います。

昨夜やられてました。」とのこと。

いつもは、シャイな方ですが、

応援してくれてたんだ…と、思うと

熱いものがこみ上げてきました。

急いで、涙ぐちょぐちょでお礼に行くと、

やや引いておられましたが、

「俺の計算では、本が来たら

ちゃんと並べられる計算ができとるで、まかせとけ!」とのこと。

また、朝から大泣きでした。

常日頃、お客様のご注文とは言え、沢山の無理難題を言っては

困らせたりしているのに、こんなに応援してもらって

本当に言葉がありませんでした。

私が返せることって…。

考えてみても、やっぱり一生懸命仕事を頑張る事しか

思いつきません。

フクヤさんとは、共同経営者のようなもの。

共にお客様に喜んでもらえるよう、

ますますがんばらないと!と、思いました。

少し恥ずかしいけど、本当に有難いです!

Fさん、ありがとうございました!


「とくし丸」は、今全国で200台以上が走っています。

はっきりした数字が言えないのは、日々どんどん増え続けているからです。

新しい都道府県、新しい町・村…。

同じ音楽を鳴らしながら…。

200台走ってるという事は、私のような販売パートナーが

200人以上いるということ。

同じ志を持ち、同じように楽しい・大変を共有する仲間です。

そんな仲間の中で、知らぬ間に輪が広がってSNSでつながるようになりました。

会ったこともない人が殆どですが、日々やりとりをする中で

以前からずっと知り合いの友達のような錯覚をするほどになっています。

「今日、こんな物を積んでみようと思います!」

「もっと積込を充実させるため、こんな工夫をしてみました!」

などなど、お互いの良いと思った事を画像付きで紹介しあったしています。

いいな!って、思ったら、すぐにみんな参考にして真似して、

上手くいったら報告し合って喜びあっています。

逆に、

「今日は、集合ポイントでお客様が一人も来られなかった…」

「朝から頭が痛くて調子が悪いです」

などの凹みコメントなどもあります。

その都度、みんなから励ましの言葉がきます。

相談ごとがあると、みんなで真剣に考え、

真剣な意見が飛び交います。

悩みが解消し、報告し合うと喜びの言葉が飛び交います。

1人で販売しているけど

1人じゃないんだ!

みんな、一緒に悩み、一緒に考え、一緒に喜び一緒に怒り…。

そんな仲間がいること

そんな仲間が増えること

とても嬉しいです♪

私にとって、お客様と同じくらい大切な存在です。

きっと、私の知らないどこかでも

同じように販売パートナーの輪が広がっているんだと思います。

そして、広がっていたらいいな…と、思います。


4月1日

| とくし丸 | | 4件のコメント

4/1、おかげさまで

「とくし丸5号車」2周年を迎えることができました!

これもひとえにお客様のおかげ。

支えてくださる「スーパー フクヤ」さんのスタッフさんのおかげ。

スタッフの皆さんには見えないお客様ですが、

提供してくださる商品が良いから

お客様は安心して信頼して「とくし丸」でお買い物をしてくださいます。

お客様に喜んで頂くため、無理なお願いをすることもありますが、

それにこたえようとしてくださるおかげで

お客様にご満足頂けるサービスができます。

そして、家族のおかげ。

今日も、

「丁度、土曜日やし、お客様にプレゼント渡すわ!」と、

息子と旦那さんが販売に回ってくれました。

奇しくも、開業した日と同じコース。

開業日を思い出しながら、積込しました。

あの日は、必死だった積込も

今では少しは慣れて早くできるようになりました。

そして、何より違うのは

あの頃は知らない誰かの為の積込でした。

でも、今は

よ~く知ってるあの人この人を思い浮かべての積込です。

どのお客様が何を好まれ、何を求めておられるかを

考えながら積込みます。

時には、新商品を

あの方喜んでくださるかな?と、ワクワクしながら…。

「売れる」商品ではなく、

「喜んでもらえる」商品を選んでいるんだと思います。

それは、ずっと変わりません。

これからもずっと…。

販売に出て、おひとりおひとりにささやかなプレゼントをお渡ししました。

いつものことながら、恥ずかしいような物ですが、

心を込めておひとりずつに感謝の気持ちを伝えることができました。

「今日で丸二周年を迎えることができました。

本当に皆様のおかげと、心より感謝しています。

これからも三周年、四周年とお元気で、

これからもずっと永いお付き合いをどうそ宜しくお願い致します。」

出会いもあれば、別れもあるお仕事です。

今ある毎日を当たり前と思わず、

1日1日を大切にしなくては。と、強く思いました。

大好きな大好きな皆さんとずっとずっといつまでも

楽しく笑っていられますように…。

心からの願いです。

そして、今日は1日

大好きな家族とも一緒でした。

久々に同乗した息子の

大きく成長した姿を見ることが出来ました。

帰り道、寝なかったし 笑

折角の休みに

車を出してくれた旦那さん。

いつもいつも陰で私をサポートしてくれます。

一緒に回れなかったけど、家の事は私に任せて!と、言ってくれた娘が

いてくれたから、安心して販売に回れました。

そして、母からはまた今年も花をもらいました。

なかなか、母の助けができない私に文句も言わず

いつも応援してくれています。

本当にたくさんの皆さんのおかげさまです。

ありがとうございます。

感謝と感動を忘れずに、無理せず

自分らしく一歩一歩進んでいきたいと思います。

「とくし丸5号車」は、走り出したばかり!

これからもますます、とくし丸GO!GO!


←沢山のお客様に囲まれ、バタバタしながらも

笑顔満開の幸せな時間…✨

←お客様の畑でキャベツをもらう息子 笑

←販売終了後、片付けと掃除をしてくれる二人✨

ありがとう…✨


とくし丸の音楽を聴くと

つい、出て来てしまう。と、いうお声をよく頂きますが、

それは、人間だけではないようで…笑

犬も猫も人間より聴覚が発達しているので、

音楽に敏感に反応するようです。

お客様に聞こえ出すずいぶん前から

ペットたちはそわそわし出し、わんわん にゃんにゃんと、言い出すそうです。

そして、外に出るようご主人様にせっつくそうです。

リードにつながれて出てきたワンちゃんは、

ご主人様が何か買ってくれるまで

てこでも動きません。

いつも、根負けして買わされてしまうご主人様。

帰る後ろ姿もなんだかルンルンして見えます 笑

わんちゃんによっては、歓迎の意を表して

いつも、ぬいぐるみをくわえて出て来てくれる子もいます。

そして、私が体をなでるまで、

「ク~ン ク~ン」と、鳴き続けます。

その熱烈歓迎ぶりは毎回で、とにかく撫でると

納得したようにおとなしくなるのですが、

忙しくてなかなかかまえない時は

延々鳴き続けます 笑

最近では、お客様のお家の縁の下に住み着いたのらネコちゃんが

とくし丸が到着すると

「ミャーミャー」鳴いて出てきます。

そして、お客様にちくわをもらって

満足そうに(?)食べています。

先日、『あれっ?今日は出てこないな。もう、どっか行っちゃったのかな?』

と、思って販売していると、

終わりがけに、全く違う道から戻ってきました。

お客様が「出かけてたけど、きっと音楽が聞こえて

急いで帰ってきたんやわ 笑」と、言われました。

帰ってくるなり、「ミャーミャー」と、またちくわの催促。

お客様と顔を見合わせて笑いました。

こんなかわいいお客様ならいいんですが、

カラスやとんび、カモメなんていう空からやってくる子もいます。

きっと、音楽を聴いて…。

でも、これは歓迎できません 笑

でも…

♪~   かあさん おばあちゃん

こどもに わんわん

みんな集まる

仲間が寄ってくる とくし丸 ~♪

やっぱり、みんな集まると楽しいねぇ~


門出

| 家族 | | 2件のコメント

この時期、まだ降り足りないのか、なごり雪…。

暖かくなったかと思えば、急にまた冬に逆戻りの今日。

長男の中学校卒業式が行われました。

裾上げ随分していた制服も、もうこれ以上伸ばせないほど

身長も伸び、知らぬ間に母を追い抜き、父に追いつきそうな勢いです。

でも、身体のわりに心がついていかず、

いつまでたっても幼稚な感じですが、

例にもれず、中二には見事に反抗期に突入。

中だるみにも陥り、毎日だらだらした生活。

丁度、私がとくし丸を始めた時期と重なります。

もう、中学生だから大丈夫だろう…。と、

安易に考えていましたが、たまたまなのか、

このタイミング。

考えました。

『やはり、大きくなっても母が家にいないと、こうなってしまうのか…

私が、一日中家にいないから、こんな風にだらけてしまったのか…』

でも、後ろを振り返っても仕方ない!

ブレずに、私は自分の選んだ道をがんばろう!

きっと、いつかわかってくれる…。

そう信じるしかありませんでした。

それが今日、『母へ』という手紙をもらい、

間違いではなかったんだと、思いました。

「なかなか勉強する気が出なかった。

勉強せえ、勉強せぇと、言われても、

全くできなかった。

でも、お母さんの一生懸命頑張る姿を見て、

僕も頑張ろうと思った。」

そう、書いてありました。

『ちゃんと、見てくれてるんだ…。

そして、伝わっているんだ…。』

じんわりと、心に染み渡りました。

素敵な仲間や先生方、地域の方々のおかげで

知らぬ間に、こんなに大きくなっていたんだな。と、

つくづく感じた大切な日でした。


大詰め?

| とくし丸 | | 4件のコメント

「まねきねこ北近畿」さんでブログを書かせて頂いて

何年になるでしょうか?

以前、勤めていた「おがみ工務店」さんの『ogamiな毎日』というブログから

換算すると5~6年になるのかなぁ~。

あの頃は、何気ない日常に、ふと感じた事や疑問など

面白おかしく書いて楽しんでいました。

「とくし丸」を始めても、ブログは続けたいと思いました。

今度は、自分自身の日記のつもりで…。

開業前から研修、そして開業まで

楽しいこと、辛いこと、感動したこと

ありのままに感じたことを綴ってきました。

そのブログが、今、本になって出版されようとしています。

今でも、信じられません。

はじまりは、『㈱とくし丸』の創業者 住友達也さんの言葉でした。

「ブログ、本にしてみたら?」

それ以前にも、Facebookで私のブログを紹介してくださり、

その中で「本にもできるんじゃないか…」と、ありました。

最高の賛辞だと、嬉しくて仕方ありませんでしたが、

まさか、本当にそうなるとは、その時は思いもしていませんでした。

それが、その後お会いした時に、それは社交辞令ではないことを聞きました。

「僕の本を出版した出版社の方に話してみるよ」と。

その後、すぐに出版社に話を持ち掛けてくださったようで、

なんと、その出版社の社長さんが私のブログを読んでくださり

出版しましょう!と、おっしゃってくださったんです。

浮足立つ気持ちを抑えるのに必死でした。

ただ、住友さんは

「仕事しながら本を仕上げるのは、本当に大変なことだ。」と、言われました。

「でも、全力でサポートする。」とも、約束もしてくださいました。

その時、私はとても簡単に考えていました。

結構な量のブログを書いていたし、

ブログを少し触るだけで、あとはブログをつなげていけばいいって思っていました。

それは、初めて出版社の内山さんと編集担当の浦谷さんと顔合わせをし、

お話を聞いて甘かったと思い知らされました。

ブログをつなげるだけでは、本にはならないんです。

加筆がかなり必要でした。

その際、『書籍化構成案』というのを作って来てくださって、

それにそって、加筆をしていきました。

今まで、ブログに載せていなかったビジネスの話も必要になってきました。

本にするからには、いい加減なことはできません。

元来、アバウトで生きてきた私には、大変な作業でした。

くじけそうにもなりました。

でも、私以上にブログを読み込んでくださった浦谷さんが、

的確にアドバイスしてくださったり、直してくださったり、何より沢山励まし、

気持ちを上げてくださいました。

「私は、この本が本当に大好きなんです。

この本を読むと元気が出るんです。」

そう言って、大切に思ってくださった言葉がわすれられません。

どれほど、救われたことか…。

なんとか、原稿を書き終えても

まだまだ、終わりではありませんでした。

直しが入り、手直ししたり…。

イラストも浦谷さんが描いてくださったのですが、

写真を送ったり、確認しあったり…。

帯を誰に書いて頂くのか…。とか、

表紙のデザインをどうするのか…。とか。

改めて、一冊の本を仕上げるのは本当に大変なことなんだな。

そして、一冊の本に関わる人がこんなにたくさんおられるんだという事も…。

実際に、お会いしたのは社長の内山さんと編集・イラスト担当の浦谷さんですが

知らないところで沢山の方の力が集結しているんです。

そして、住友さんの最初の約束はウソではありませんでした。

お自身も本当にご多忙な中、私のつまらない質問にも

誠実にこたえてくださり、全力で応援し、協力してくださいました。

本を通じて出会えたこと、そして、一緒に一冊の本を作りあげられたことに

また、感謝の気持ちでいっぱいになります。

「原稿は、自分の手元から離れた時から、親の元を離れた子供のように独り歩きしていくものなんですよ。」

と、浦谷さんに言われたとおり、

私の手元から離れてから、知らない間に話は進んで、どんどん大きなことになっていました。

そして、4月中旬~下旬いよいよ全国で発売です!

今は、ワクワクドキドキがとまりません!

このまま、発売せずに

このワクワクドキドキをずっと感じていたい気もします 笑

久々に、子供の頃の遠足の前の日の気分を味わわせて頂いています。

こうして、発売できるのも、お客様のおかげ!

いっぱいの、うれしい・たのしい・感謝を与えていただいたおかげです。

そして、ご縁をいただいたすべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。

どうか、1人でも多くの方に手に取って頂き、

たくさんの愛を届けられたらなと思っています。

また、詳しいことはブログでお知らせしますね♪


またまた来ました、大寒波。

お客様から、フキノトウなど頂いたり、

車窓から咲きほころぶ梅の花などを見て

「あ~もうそこまで春がきている♪」

なんて、思っていましたが甘かった。

前回の寒波より

より強い寒波が私の地域を再び襲いました。

昨日の朝は、それほどでもなく

「案外大丈夫やん」と、軽く思ってましたが、

午後からどんどんどんどん降り続き、

あっという間に積もりました。

昨日、販売終わった時点で

今日の販売の危惧をしてたのですが、

やはり起きたらすごかった!

50㎝はゆうに積もってる!

それでも、待ってくださるお客様がいる!

こんな時こそとくし丸!

と、準備して出かけようと玄関を開けましたが、

道路の除雪が間に合わず、車を出すことができない!!

除雪を待って、お店についても積込が間に合わず

出発も随分遅れる。

きっと、道も悪いし、伊根に到着するのも

いつも以上に時間がかかる。

しかも、お店に商品が入ってくるのも遅れる可能性大です。

いつになるかわからない除雪を待つより、

早く決断してお店や業者さん、お客様に連絡をする方が

賢明だと、泣く泣くお休みすることに…。

個別に電話すると

「大雪になったなぁ~ 来れんやろ!」とか、

「もう、今日は来ん方がええわ。

次まで、なんとか食べるもんもあるし、

なんなっと食べておとなししとくわ 笑」と、

みなさん、ご理解頂きました。

そんな中、

「そうか!来てもらえる思って楽しみにしとったのに…」と、言われる方や

「今日は来てもらえますか?」と、電話をくださる方もおられ、

申し訳ない気持ちと、残念で悔しい気持ちいっぱいになりました。

本当に申し訳ありません。

徳島の南部の販売パートナーさんから

うそやろ!って、くらいいいお天気の写真が届き、

不公平だなぁ~と、子供みたいにうらやましく思ってしまいました 笑

でも、自分の住んでるところは紛れもなく雪国。

雪国だから、必要とされてる部分もあります。

昨日も、雪深い地域で家には雪で行けないお宅のお客様が

少し離れたポイントまでリュックをしょってお買い物に来てくださいました。

ここまで、来てくれるだけでも有難い!と、買われた物を

どんなに、「持って行くから!」と、言っても

頑として、自分で持って帰る!と、聞き入れてもらえません。

そんな後ろ姿を見て、学ぶことが沢山あります。

『有り難い』

この気持ちを忘れないように…。


去年の5月に全国で50台を突破した「とくし丸」

あっという間に200台を突破したそうです!!

すごい勢いです!

50台突破した時には、記念にオリジナルステッカーを頂きました♪

そして、今回200台突破記念に

とくし丸本部さんから

全国の販売パートナーさんに

こんな素敵なプレゼントが届きました!

かわいい靴下のがま口と缶バッチ✨

袋を開いて、テンションが上がりまくりました!

住友社長をはじめ、とくし丸本部のスタッフのみなさまの

愛がいっぱい詰まっているなぁ~って、思いました。

とくし丸愛。販売パートナー愛が。

200台。と、聞いて急に自分は何台目の開業だったのか

気になりました。

気になって、本部の荒川さんにお聞きしたら38台目でした。

結構、早い方だったんだなと、ちょっとビックリしました。

先輩方、そして、後から開業されていても勢いがあって

向上心のある販売パートナーさん方から刺激をたくさん頂いて、

毎日楽しくお仕事させて頂いて…。

あ~、とくし丸の200台分の1台なんだなぁ~

あ~、幸せだなぁ~

またまた、改めて噛みしめてます。

大きな愛に包まれて、

その幸せをまた、みなさんにお届けしたいなぁ~と

思っています。

素敵なプレゼント、ありがとうございました!!


 

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

カウンター

有料アダルト.com月額アダルト.com裏dvd.net有料アダルト動画サイト・比較.net月額アダルト動画サイト比較.net美マン.com美人フェラ.com無修正アダルト動画.netフェラチオ動画.comフェラ動画.biz
アクセスカウンター無修正フェラ.comhttp://xn--eckveb0l156nrwdcp8c7ujhjj.com/無修正dvd.biz
無料カウンター高画質アダルト動画.com無修正動画サイト.com
無料アクセスカウンタージャポルノ.netポルノ動画.comセックス動画.bizsex動画.pw
ブログカウンター