毎年、言うてるような気がしてるんですが、

大嫌いな季節がやってきました。

年々、厳しくなる暑さに加え、今年はコロナの影響で

マスク着用を余儀なくされ、どんどん気持ちがブルーになっています。

暑くなるずいぶん前から、そんな日を心配して過ごしていました。

とくし丸の販売パートナーさんや本部・スーパーの担当者が見れる

とくし丸のサイトの掲示板という書き込みに、

「マスクの熱」と、題してその心配事を書きました。

その掲示板には、どなたでも思う事を書き込んだり、

自分がやってよかったことや感じたことを紹介し合い、

みんなで共有できる場です。

今回の私の悩みにも、すぐさま色んな方が共感し、

色んなアドバイスをくださいました。

マスクだけに関わらず、猛暑対策のアドバイスも。

その中で、これは!という物を早速ネットで調べ、

早速ポチッと注文しました。

マスクは、東京でとくし丸をしている佐藤君のおすすめで

口元だけの透明なフェイスシールド?を早々試してみました。

 

 

 

 

 

 

飛沫は一応防げるし、上が開いてるので熱がこもらない。

そんなに息苦しさを感じなくていい!

これは、想像以上の良さでした。

ただ、耳にかけるゴムが多少痛くなるのと、

汗をかくと顎にホールドしてる箇所がちょっと痒くなる。

それだけが難点といえば難点ですが。笑

それでも、ずいぶんずいぶん楽になってます♪

体を冷やすものとして、徳島の森茂樹さんからの紹介で

空調服を購入しまいした。

森さんは、日ごろから色々試され、自分がよかったものを

紹介してくださいます。

その森さんのおススメはバートルというメーカーの空調服。

 

 

 

 

 

色んなとこから出てる空調服だけど、バッテリーとか諸々比較すると

バートルが1番!ということでした。

森さんが言われるなら!と、早速注文しましたが、

さすが人気だけあって、注文してから手元に届くまで1か月以上かかりました。

ををぉ~これが、空調服か…✨

ただ、着いてからなかなか30度超えるほどの猛暑がなかなかないので、

出番は少ないのですが、これから夏本番の活躍に期待したいと思ってます。

その空調服がくるまでや、猛暑とまではいかないまでも

熱中症がやばいぞ!と、思う日に大活躍な新人が!✨

 

 

 

 

 

 

東京の堀内さんの紹介で購入した冷却ベストです!

届いたベストはカチカチの状態なのですが、

それを水にしばらくつけると、絞っても、その生地が水をしっかりたっぷり含んで

服の上から着ても、ひんやりと体の熱をとってくれるんです。

しかも、ずっと。

そのベストがまた乾いてカチカチになるまで、

冷却力は続きます。

しかも、乾いたらまた水で濡らして絞るだけで

ずっと効果は続くんです。

空調服はバッテリーやファンが少し重たいのがネックだなと感じますが、

冷却ベストは手軽で軽いのが魅力ですね。

お値段も安い!

ビックリするのは、汗かきの私が全然汗をかかない!

これは、体的にいいのか悪いのかわかりませんが、

それでも、体の負担が格段に少ないことを実感できます。

注意事項に、5時間以上の装着はダメだと書いてあるのも、

そういう理由なのかもしれませんね。

でも、夏は手放せない最高の相棒になりそうです。

次は、食品の暑さ対策です。

去年から、ずっと住友さんにも推してもらってたのですが、

お値段がよいのでなかなか購入できなかった保冷ボックスをいよいよ

今年は購入しました!

この保冷ボックスは、関西スーパーさんのとくし丸で使っておられて、

保冷力がすごいということで、本部の方が注目され、みなさんに推奨されたものです。

実際使ってる村山かおりちゃんにも色々聞いて、やっとこの夏前に購入できました。

確かに、商品の冷たさがずっと続く。

これなら、猛暑になっても食品を心配することはないな。と、いう安心感があります。

お客様もすぐに気付かれ、

「ええのん買ったやん!これは、ええわ!」と、好評です。

新しいアイテムが増えると、自分自身のモチベーションも上がるし、

気分も上がる感じがします。

夏は大嫌い!

それは、変わりないでしょうが

嫌いな夏と少しでも上手に付き合い、無事に乗り越えられるよう、

最強のアイテムを手にした水口は、気分を上げて頑張ることでしょう!

うん!がんばろう!笑


先週、初めてオンライン会議に参加しました。

機械が苦手な私は、ハラハラドキドキでしたが、

機械に強い人が旦那さんでよかった。笑

なんとか、無事つながって参加することができました。

会議の出席者は、本部の方2名(坂本さんと向山さん)と、

沖縄のリウボウストアというスーパーさんのとくし丸担当者さんと

これから開業を考えておられる方お2人、

そして、スーパーセイミヤさんの堀内さんと私の7人です。

堀内さんとも坂本さんとも、九州以来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビでよく観る感じのリモート画面!

そこに、久しぶりのお2人の顔があって、めちゃくちゃ嬉しくて

なんだか、緊張してた気持ちも少しほぐれました。

なぜ、リモート会議になったかというと、

コロナの影響で、なかなか今まで通りの研修ができないという事が理由のようでした。

全国に広まったとくし丸。

5/12、沖縄のリウボウストアさんと提携して47都道府県

全てにとくし丸がサービスを展開することとなりました。

開業は年内を目指されるということです。

沖縄で初めて…。

ということは、スーパーさんもわからないことだらけだと思います。

もちろん、

新しく始められるかもしれないお2人も、

興味はあっても、不安がいっぱいだと思います。

これから、開業される方とお話する度、

自分のその当時の事を昨日のことのように思い出します。

わからないことだらけで、

面接にはいっぱい質問事項をメモって、

担当の方を質問攻めにしたものです。笑

お2人も、事前に、私と堀内さんがテレビ出演した際の

映像を観て、予習をしてくださってたみたいですが、

それでも、男性の方は

「質問を書き出したら、70ありました 笑」と、

おっしゃってました。

一応、時間は1時間の予定…。

さて、全部いけるでしょうか?

さすがに、最初は質問する方もされる方も

ぎこちなさがありました。

私なんかは、どこを見てしゃべったらいいのかわからず、

キョロキョロ挙動不審だったと思います 笑

その点、堀内さんはすごかった!落ち着いておられて、

にこやかに、的確に答えておられました✨

堀内さんの落ち着いたスマートなお答えと

坂本くんや向山さんのスマートな進行のおかげもあり、

笑いもいっぱいで

自然と空気感も和んで、和気あいあいできた気がします。

(私だけが思ったのかもしれませんが 笑)

短い時間で、どれだけ伝えられ、

どれだけお2人の不安が減ったか?

甚だ疑問は残りますが、

遠い会ったことのない方と、

目の前で会って喋ったような錯覚に陥るほど

身近に感じられたリモート会議を体験できたことは、

私にとって、とても貴重な体験でした。

今まで、リモート飲み会にもお誘い頂いてたのに、

機械に弱い事などを理由にお断りし続けていましたが、

これからは、積極的に参加しよう!とまで、思いました 笑

コロナで悪影響をたくさん受けている世の中ですが、

こういう状況だからこそ、得られる貴重な体験もあるのだなと思いました。

人生初

とくし丸をして、何度この言葉を使ったことでしょうか?

また、ひとつを体験させてもらいました。

ありがとうございます!

お2人が、仲間になってくださるといいな…。

そして、お2人を皮切りに

沖縄にたくさんとくし丸が走るといいな…。

堀内さんと、そんな沖縄にいつか行きたいね!と、

また、夢が膨らみました♪

 

 

 

 


「昨日な、クロスワードの本やっとったら

『とくし丸』って、出てきたど!」

そう、嬉しそうにお客様が教えてくださいました。

「えっ?!どういうこと?」

最初、意味がわかりませんでした。

「問題解いとったら、問題のとこに『とくしまる』って

出てきて、おおぉ~いうて、ビックリしたんや。」

「え~~~~!すごいやん!

問題になるってことは、すごいみんなに認知されてるってことやん!」と、

めちゃくちゃ興奮してしまいました。

「え~~~、見たいなぁ~その本」というと、

急いで持ってきてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うわぁ~!!ほんまや!!『トクシマル』って、載ってるやん♪」

雨の日でしたが、一気にテンションが上がりました 笑

捨てようと思ってたということだったので、

貰って帰ってきました。

もちろん、仲間のみんなにも報告しました。

みなさん、知らなかったみたいで、

ビックリ・喜んでくれました。

少し前には、徳島県の金本くんが

小学校2年生の娘さんの教科書にとくし丸が載ってた!と、

教えてくれてました。

教科書✨

教科書ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか、誇らしい気持ちになります✨

最初は、私自身も「『とくし丸』?なんじゃそれ?」って感じでした。

お客様にも、「『とくし丸』って、船の名前か?」とか言われることが

何度あったことか…笑

それが、すごい!

観光客の方にも

「あっ!とくし丸だ!」と、声掛けられることも多くなりました。

これが、住友さんの言われるスイミーの力なのかな?と、思います。

ひとりひとりの力は小さいけど、全国に500人以上いるスイミーたちが

みんなそれぞれがんばることで、こんなに認知度がアップしたんだと思います。

何度も、ブログで書いていますが、

そのスイミーの一匹であることを、本当に誇りに思います。

これから、もっともっと認知度が上がり、

当たり前に『とくし丸』が、みんな知ってる存在であるように

これからも、頑張らなな!と、思わせてもらいました。

 

 


102

なんの数字でしょうか?

最高齢だったお客様のご年齢です。

残念で寂しいことですが、数日前にお亡くななりになられました。

正確には、この方の娘さんがお客様なのですが、

私が開業した時から、買い物には来られなくても、

お家の前に座られたり、お散歩したりお元気な姿を見せてくださっていました。

最初、娘さんからご年齢を聞いた時はびっくりしたものです。

20は若く見えるし、とてもお元気そうでした。

2年前の敬老会では、皆さんの前で表彰(?)され、

ご挨拶もされたと聞いて、またまた驚きました。

 

でも、最近では少し食が落ちてこられていたようで、

少し心配はしていました。

娘さんがいつもお母さんのことを想われ、

尽くしておられました。

娘さんにとっても、元気で長生きされているお母さんは

自慢のお母さんだったと思います。

肉親でもないのに、お客様というだけで

勝手に私も自慢に思っていました 笑

悲しい、寂しい思いはきっとたくさんあると思いますが、

こんなに長くお母さんが一緒だったという満たされたお気持ちも

きっとあると信じています。

開業時、97歳だったおかあさん。

お母さんの長い長い人生において、たった5年間という短い間でしたが、

関りができたことに、ありがとうございました。

まだまだ、お母さんに続け!と、元気で長生きのお客様が

たくさんおられます。

これからも、とくし丸は

健康ご長寿のお客様とたくさん思い出を作っていきたいと思います。

今日のこの日を当たり前と思わず、

1日1日を大切に…。

 

心から、ご冥福をお祈りすると共に、

心から、ありがとうございました。

 

 


高齢者のお客様の多い「とくし丸」ですが、

60代~70代のお客様も割と多く、

今、60代、70代というと、とてもとてもお若いです。

(80代、90代の方も、見えない方がほとんど!)

若々しいというのは、外見だけではなく、

色んな取り組みに参加されたり、

新しいことにチャレンジされる方も本当に多いです。

最近、スマホに変えたというお客様が多く、

ラインでもつながるようになったり!

ラインは、私的にとても有難く、

例えば、

「あんた、今度テレビで宣伝しとったあれ買ってきて!」

なんて、雲をつかむようなご注文でも、

店内を探して、これと思う商品を見つけて画像を送って

「これ?」と、聞けたり、

「みそ買ってきて!名前忘れたけど、パックに入ったやつや!」

なんて、アバウトなご注文でも、

みそコーナーの棚を写真で撮って送って、

「どれ?」と、聞けたりとても便利✨

でもです。

慣れるまでが、大変!

もちろん、この私も大の機械音痴。

新しいスマホに変わるたびに、イライラして

何度もスマホを投げ出しそうになりました。

そういう方も多いです。

「あ~~~~~!!もう、いややぁ~~~~!!

イライラするぅ~~~~~!!

もう、やっぱり、やめようかな?」と、諦めかけたり…。

そういう時は、自分も苦手なくせに、教えたり

叱咤激励したりします。

「Yちゃん!諦めたらあかん!

とにかく、なんでもええで、私に送ってきて!

練習あるのみ!そのうち、慣れるし!

な、送ってきてね!」

「うん、わかった!送るわ!」

そして、しばらくして電話が…

「送ったけど、いったか~?」

「えっ?きてないよ」

「え~?!送ったのに、それは、どこいったんやぁ~~~?

もう、いらん!イライラするぅ~~~~」

多分、最初に誰しも経験するんじゃないでしょうか?笑

気持ちがわかるんです、とても。

だから、諦めずに乗り越えてほしいんです!

何度も、何度も、販売の度に、レクチャー 笑

あーだ、こーだ言いながら、笑い合いながら…。

そうこうしているうちに、写真が送られてくるまでに…✨

注文だって、ラインで来ます!

他のお客様も、

「初めて、ラインで注文してみたけど、

もっとはよしたらよかったなぁ~!

便利やわ♪」

みんな、やっぱり若い!

私自身、なかなか新しいことにチャレンジするのは、

億劫になったり、尻込みしたりします。

それが、まして、苦手なことならなおさら。

でも、乗り越えると、そこに自信と喜びが半端ない!

お客様とも、楽しみながら一緒にクリアしていけたら

ますます楽しいですね!

SNSばかりで、SNSだけのつながりはさみしいけど、

上手に使って、より会話に花が咲くひとつのツールになればいいなと思っています。

今日も、3件ラインでご注文♪

ありがとうございました!!

 


今年2月頃から、実施された

「第2回とくし丸料理コンテスト」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国には、たくさんのとくし丸が販売し、

そのお客様もたくさん!

しかも、お客様はほとんどの方が料理の達人ばかり✨

その土地土地で、地域で受け継がれている伝統の郷土料理も

たくさんあると思います。

そこで、そんな達人たちのお料理を、ずっと残していきたい。

伝えたい。という思いや、教えて頂きたいという思いで、

この企画が誕生したようです。

僭越ながら、きっかけは『ねてもさめてもとくし丸』だったんだよ。と、

住友社長が教えてくださいました。

本の中で、お客様から聞いた料理の話を載せたのを見て、

思いついたんだよ。と。

これは、俄然がんばらないといけません!笑

1回目の時、レシピを書かないといけない。ということで

なかなかハードルが高く、応募してくださる方が少なかったのです。

だから、今回は声掛けにものすごーく力を入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回目の特賞受賞者の方が、近隣の舞鶴の方だった事。

そのお料理が、こちらでは馴染み深い身近なお料理だった事を

切々と、おひとりおひとりにプレゼンしました。

何回も何十回も何百回も!笑

最初は、「そんなん、よ~書かんわぁ~」とか

「そんなん書けるような料理作ってへんし、恥ずかしいわ」とか

想像通りのお言葉が返ってきてましたが、

前述の事を伝えると

「へぇ~、舞鶴の人が?!」とか

「それやったら、うちでも作ってるやつやな!」と、

ちょっと、興味持って聞いてくださるようになりました。

あと、一押しです!笑

「とにかく、出したら1枚につき、

コカ・コーラ1本もらえるんやでぇ~。

難しく考えんと、気軽に挑戦してみてよ!

特賞は3万円!

金賞は1万円!

入賞なんか100人も千円もらえるんやでぇ~。

もしかしたら!かもよ。

参加することに意義がある!

よろしくお願いしま~す♪」

ってな、感じで熱烈お願いしました。

すると、今回

前回を大きく大きく上回る応募を頂きました!!

イラストやエピソードを添えて丁寧に仕上げてくださった方も

たくさんおられて、感謝感激でした。

すごい方はおひとりで7枚出された方も。

全部で38通

応募者数19人

 

もしかしたら

私のお客様から受賞者が出るのでは?!という期待が

膨らみました!

発表があったのが4月の半ば。

全国での応募総数は246、応募者数は173名ということでした。

ちょうど、世間はコロナで暗いニュースが続き、大変な時。

きっと、とくし丸本部の方々も

全国のとくし丸から集められた膨大な応募用紙を集計し、

審査し、商品の用意をし、また各とくし丸に振り分けることは

大変な作業だっただろうと、容易に想像が出来ました。

心から、ありがとうございます。

そして、参加賞を提供してくださったコカ・コーラさんにも感謝です。

さぁ~!

ワクワク、ドキドキです。

発表の前に、本部から電話がありました。

「おめでとうございます!

水口さんのお客様に金賞お2人いらっしゃいました!」

「金賞って、1番いい賞でしたっけ?✨」

「いえ、特賞が1番なんですが、金賞は5人中

水口さんのお客様に2人もおられました。

水口さんのお客様の応募がものすごく多かったのですが、

理由はなんででしょう?」と、聞かれました。

「がんばって、プレゼンしました!笑」

「笑 そうでしたか!ありがとうございます。」

熱弁した甲斐がありました。

そして、何よりこの暗いニュースばかりが続く日常に

明るい嬉しいニュースが飛び込んできてくれたことに心が躍りました♪

きっと、お客様も喜んでくださるはず!

早く言いたい!早く伝えたい!

ハヤル気持ちを抑えるのは大変でしたが、

賞品が届くのを待ちました。

それから、数日後

まず、コカ・コーラさんから荷物が直接届きました。

わぁ~

さすがにいっぱい!!

遅れて、本部から受賞者リストと賞金と賞状が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リストを見ると、金賞だけでなく、受賞者の方がたくさん✨

これは、本当にうれしい♪

皆さんの笑顔が目に浮かび、こちらまで嬉しくなりました。

これで、やっとみなさんに報告できる!!

みなさん、思った以上に喜んでくださって、

笑顔がいっぱいの時間になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真が下手でごめんなさい(汗)

手間取ってしまって、焦ってめっちゃ下手くそです。

おひとりおひとりに本部からの受賞コメントを伝えると、

「嬉しいもんだなぁ~。今度は、特賞狙おうか!」

なんて、前向きなコメントもいただきました。

きっと、応募してもらえなかった秘蔵のレシピも

まだまだたくさんあるはず!

本部のみなさま、大変でしょうが、

第3回も楽しみにしていまーす!

協賛いただいたコカ・コーラさま、

とくし丸本部のみなさま、そして

忙しい中、応募してくださったみなさま、

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※金賞受賞作「重ねて重ねてミルフィーユになっちゃった」を

本部の方が実際に作ってくださったそうです。

美味しそう♪

受賞された方に報告したら

「えぇ~作ってくれたのぉ~?」と、

とても喜んでおられました!

重ねて、ありがとうございました。


コロナウィルスではないのですが、

違うウィルスが

ブログの大元のサーバーに侵入したということで、

長い間ブログが書けませんでした。

書けないどころか、もしかしたら

今まで5年以上のとくし丸の軌跡が消えてしまっているかも!(汗)と、

この使えない期間とても心配な日々でした。

なんとか、かんとか復旧したようで、ホッとしています。

その間、私よりも先に

「ブログが見えないのですが、どうかしましたか?」と、

気付いて連絡くださる方。

その他、多数の方からお問い合わせを頂き、

有難かったです。

こういう時に限って、書きたいことがいっぱい!(笑)

改めて、なんて充実した幸せな毎日を過ごしているのか、

過ごさせていただいているのか。

コロナは、とても恐ろしいです。

日本だけじゃなく、世界中をも脅かし、混乱させてる見えない敵。

でも、こんな時だからこそ、つくづく感じることがいっぱいあります。

見えないものに、見えなかったものを見せてもらってる気がします。

まだまだ、マスクが不足しているなか、

ご自身で作られた貴重で手間も思いもこもったマスクを

たくさんのお客様から頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おうち時間があるからといって、

ひとつのマスクを作るのは、大変な労力だと思います。

それをこんなにたくさん!

たくさんの方々の愛を頂きました。

これは、絶対にコロナに負けるわけにはいかない!

みんな、怖くて外に行けいない今だから、

とくし丸が、より一層がんばる時だと思っています。

やっぱり、お客様に救われています✨

 

おうち時間おうち時間と言われていますが、

私は、もともと料理が好きで、休みの日はほとんどキッチンにいます。

だから、変わらず幸せな時間を過ごしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旦那さんも、会社が交代で出勤ということになり、

もともと、家の事をごそごそ模様替えしたり、

庭でメダカの世話をしたりするのが好きなので、

ステイホームを満喫しています。

娘は、休校のため、1番ずっとおうちにいます。

スマホばっかりするんじゃないか?と、いう心配をよそに、

どんどん色んな事にチャレンジして、色んなことを極めています。笑

まずは、私の影響もあり、パン作り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味い!笑

その他、お料理も一品二品作っておいてくれるので、

帰ってからがずいぶん楽♪

そして、とくし丸が大変な時は、朝の積込みや

帰ってからの掃除も手伝ってくれます。

極めつけは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!

部屋の壁のペンキ塗り!!

 

最初のきっかけは

「お母さん、暇やし、自分の部屋のペンキ塗ってもいい?」でした。

暇だから、ペンキを塗る…。

発想が素敵すぎ✨笑

もちろん、オッケーに決まってるやん♪

1日かけて塗った部屋はとても見違えました✨

「ひより、職人やん!」

「すごいな、こんなんやったら、リビングもしてもらおうかな!」と、

旦那さん。

「いいで♪」

いやいや、大変だで。

想像しただけでも、結構広いリビングの壁を全部1人で塗るなんて…。

「大丈夫!もう、だいぶコツがつかめたし♪」

なんとも、頼もしい✨

旦那さんが手伝うと言っても、

1人の方がいい。と、大きな家具を動かす以外は

全て1人でやり切りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごすぎる!!

本当に私の子でしょうか?笑

娘のペンキ塗りと旦那さんの模様替えで

仕事から帰る度に

毎日みるみる、家がきれいになっていく✨

コロナの影響で、1.5倍増しで忙しい毎日ですが、

家に帰ると楽しみがある。

家に帰ると、完全に復活できるほどの

家族の支えがある。

今は、離れている息子も

進学する前の長い休みに

フロントムササビを作り直してくれました!

去年、高知の中平さんが作ってつけてくださって

1年が過ぎ、いよいよボロボロになっていたので…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族がいてくれるから、頑張れる。

改めて、感じる今日この頃です。

そんなことを、お客様に何気に話すと

「すごいね。毎日が母の日だね♪」と、言われました。

ハッ!

ほんとに✨

母の日に、何か特別なことをしてもらったことはないのですが、

ほんとにそうだ…。

母の日ってなくたって、私は毎日が母の日だ✨

また、教えてもらいました。

ありがとう!

これからも、よろしくね!

 

 

 


今年は、桜がとてもきれいだった。

そして、長く楽しめた。

皮肉なものです。

外出自粛せざるを得ない状況で…。

本当なら、ずっと続くお天気を

ずっと楽しめる桜を

心から喜び、胸が躍るはずなのに…。

1年で、1番ウキウキする季節なはずなのに…。

日本中が、世界中が

見えないウィルスに怯えている。

見えないウィルスに脅かされている。

いつまで続くのかわからないこの状況。

いよいよ、近隣にもコロナウィルスが…。と、一報が入ったのは

今週頭の事でした。

中国武漢や、豪華客船での様子をテレビで観ていた時は、

どこか、遠いテレビの中のことと、他人事のようだったかもしれません。

それが、本当に近くまでやってきました。

しかも、見えない・得体のしれない怖さは増すばかり。

田舎だからと、みなさん安心されているのか、

マスクの着用率も低かったのですが、

もう、そうは言ってられない事態です。

これは、販売も含め、皆様に危機管理をしっかり持っていただくよう、

呼びかけるのも仕事だと思いました。

そこで、朝、急いで手書きのPOPを作り、張り出しました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、おひとりおひとりにお願いしました。

自分が、感染しているかもしれない。

相手が、感染しているかもしれない。

と、いう意識を持ってもらうため、

『うつらない! うつさない!』と、

行く先々で唱え、理解を求めました。

ハッとして、口を押え、

「ほんまや!」と、リアクションされる方。

「今までしてたけど、外したわ。」と、急いで

ポケットに入れたマスクをする方。

家に取りに行って、つけてくださる方。

気持ちはみんな一緒だと、安心しました。

中には

「うちら、年寄り家族だけやし、

うつったって死ぬだけやし、ええんや。」と、いう方もおられ、

「いやいや、自分だけの問題じゃないんですよ!」と、

力説したり

「かかったら、めっちゃ痛いらしいよ。

インフルエンザの何倍も痛いし、苦しいらしいよ」と、

脅して(笑)みたりして…。

本当に、ひとりひとりが気を付けることで、

感染を防いだり、減らしたりできると思うんです。

ひとりでも、感染者が少ない方がいいに決まってます。

相変わらず、他府県ナンバーの車を目にします。

それも、たくさん。

どうか、自分のことだけ考えた行動はやめてください!

自分ひとりの勝手な行動で、失う命があるんです。

『ステイ ホーム』

おうちで過ごすのも、いいじゃないですか。

少しの我慢で、また平和な日常が戻るのです。

「あんたが来てくれな、ほんまに困るでな!」

そう言ってくださる方々のため、

私もできる限り、頑張りたいと思っています。

その代わり、休みは一歩も外へ出ず、

普段できない掃除をしたり、

なかなかゆっくり読めない本を読んだり、

料理の作り置きをたくさん作ったり…。

お家を存分に楽しんでいます。

『ステイ ホーム』

心から、願い

1日も早い収束を祈ります。

 


奇しくも、5年前の4/1も雨でした。

そして、同じ水曜日だったと思います。

あれから、5年。

何度考えても、早い!

1時間が

1日が

1週間が…

あっという間に過ぎていく「とくし丸」の生活。

でも、毎日毎日が充実していて

笑顔いっぱい。

吉本新喜劇のように、同じことの繰り返しで

大笑いできる安定の幸せ。

時には、涙

も、あるけれど

最後は、笑って笑顔で…。

この感謝の気持ちを

お客様に伝えたくて、

毎周年には、お手紙と粗品を贈っています。

毎回、何にしようか悩みます。

何だったら喜んで頂けるのか…。

悩む時間も楽しいのですが 笑

今回も、悩みました。

悩んで悩んで

『箸』にしました。

「とくし丸」と、「食」は切っても切れません。

「食べれるって、健康。

食べる人は元気!」

つくづく、感じます。

皆さんが、いつまでも

食を楽しんで、モリモリ食べて、健康でいてほしい。

そういつも願っているし、

『箸』には、

「思いをつなぐ橋渡し」という

思いも込め

『箸』に決めました!

今回、用意したお箸は280本。

届いた箸を見て

「私には、これだけのお客さまがいてくださってるんだ…」と、

改めて感じ、改めて幸せを噛み締めました。

そして、その気持ちを手紙にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなにどんなに言葉を重ねても

この感謝の気持ちをお伝えすることは難しいです。

それほど、毎日感謝が溢れています。

意外と『箸』喜んで頂けて、

「ちょうど、箸買おうと思ってたとこやったんや」とか、

「箸がかけてきてたし、嬉しいわ」とか、

「こんなええもんくれるん♪」とか。

ある方は、用意してた箸のかごをのぞき込んで、

売り物だと思って、購入しょうと選んでおられた方も 笑

『箸』にしてよかった。

手紙を読んで、わざわざお電話してくださる方がおられました。

その日も、欲しいものが売り切れていて、

「なんだぁ~ ないんかぁ~

あかんわや。なんだ~ ないんかぁ~」と、ずっと言われていたので、

てっきり、注文か苦情の電話だと思いました。

「水口さん、あんたの手紙読んで、感動したわ。

ほんま、Kちゃんもおらんようになったし、Sもおらんようになった。

さびしいなぁ~。

色々、苦労があったんだなぁ~

そんな、思いであんたが来てくれとったかと思うと、泣けてきたわ。

でもな、あんたが来てくれるんが、楽しみで行くんだでな。

どうか、元気で頑張ってください!」と。

「苦労したことなんて、書いてた?笑

苦労なんてないよ!毎日、楽しいばっかりの5年間だったよ」

思わぬ電話に、本当にうれしくなりました。

「わざわざ、電話もらってありがとうございます!

これからも、いっぱいモリモリご飯食べて、

ずっと元気でいてくださいね!」

心からの願いです。

お客様という垣根を越えて、

もっともっと近しく、大好きな方々ばかり。

1日でも、永くお付き合いが続くよう願っています。

 

こうして、5年間楽しく続けてこられたのは、

自分の頑張りだけでは絶対ありません。

支えてくれる家族・サポートしてくださるお店・

とくし事業部・とくし丸本部・マーキュリーはじめ

地元の自動車屋さん

そして、全国にたくさんいる同じ販売パートナーの仲間たち。

そういう方々のおかげで

こんな私でも、なんとかやってこられたと、本当に心からそう思います。

とくし丸をして、人という財産がたくさんたくさん増えました。

経験・思い出をいう財産も。

こんなに、中身の濃いギュッと詰まった5年間に

ただただ感謝しかありません。

ありがとうございます!

これからも、まだまだやりまっせ~!!

1年目と変わらないテンションで

毎日イキイキ元気で笑顔で!

6年目からのとくし丸5号車も

どうぞよろしくお願いします!!

 

 


去年の4月から、津母というところの旅館に

住み込みで勉強に来ていた

留学生のデシ&アユちゃんが、

任期を終え、母国インドネシアに帰っていきました。

本当は、4月頭までの予定だったのですが、

コロナの影響で、早く戻らなければならなくなったそうです。

4月入ってからのお別れのつもりだったので、

2人から、

「ミホサン、キョウデオワカレシナケレバナラナクナリマシタ。

ライシュウノ27にココヲデマス。スイヨウビハ、4ジカラノシゴトナノデ、

アエナイカモシレナイデス。ダカラ、フタリデアイサツニキマシタ。」

えっ?!

「そ、そんな…。全然、心積もりできてへん!

えっ?!えっ?!」

なかなか、心の整理がつきません。

2人は、本当にかわいい子たちで、

明るくて、純粋で、真面目で、一生懸命で、そして優しい。

この日も、

最後の買い物しながら

「トックトックト~ク トクシマル♪」と、

唄ってくれていました。可愛い♡

とても、信仰心が強く

インドネシアの神事には

果物やお花を買って供えていました。

日本に、そんな大学生がいるかなぁ?と、

お客様といつも感心していました。

 

インドネシア語、教えてもらったり、

日本語教えたり…。

彼女たちは、どんどん日本語が上達するのに、

私は結局

「トリマカシン!」(ありがとう)

しか、覚えられないままでした。笑

ちょうど、去年はテレビの密着があったので、

彼女たちにも出てもらえて、

お互い、いい思い出ができました。

 

常夏のインドネシアから来た彼女たちには

夢がありました。

「ユキガミテミタイ」

普通なら、簡単に叶う夢なのですが、

神様はそんなに優しくありませんでした。

今年は、ものすごい暖冬。

雪が降らない!

私は、すごく有難い冬でしたが、

彼女たちにとっては、ため息の冬です。

寒いのは、インドネシアに比べたら全然寒いので、

寒いのが苦手の彼女たちにとって、

雪は降らないただただ寒い冬はつらいばっかりでした。

でも

でも

神様はやっぱり頑張ってる彼女たちを見ていてくれた。

頑張る彼女たちに、素敵なプレゼントを降らせてくれました。

「ミホサ~ン!ミテクダサ~イ!」

そう言って、雪景色の写真と

雪だるまを作った動画を嬉しそうに嬉しそうに見せてくれました。

「よかったなぁ~♪

こんな、雪だるま作れるくらい積もったんやなぁ~

でも、寒いのすごい苦手やのに、大丈夫やったん?」

「チョウド、オヤスミダッタカラ、

Sサンニツレテイッテモライマシタ。

サムクナイ!ゼンゼン、ダイジョウブデス!

タノシカッタヨ♪

シャシン、100マイクライトリマシタ♪」

「お母さんたちにも、見せてあげた?」

「ハイ!オクリマシタ。

ヨカッタネ!ト、イッテマシタ 笑」

無邪気に喜ぶ彼女たちを本当に可愛いと思いました。

 

「ミホサンハ、二ホンノオカアサンデス。」

いつも、そう言ってくれました。

そんな、かわいいかわいい娘たちとお別れです。

しかも、急です。

 

最後の会計の時、持ってる小銭を全部使ったのですが、

その中に、インドネシアのコインが混じっていたので

「これは、使えんね 笑」と、返すと、

「コレハ、インドネシアノオカネデス。

ミホサン、コレヲモッテイテクダサイ。

ソシテ、マタ、オモイダシテクダサイ。」と、

コインをプレゼントしてくれました。

泣けました。

最後に、一緒に写真を撮りました。

最初の頃より、少し痩せた二人。

それだけ、母国を離れて、頑張ったんだね!

きっと、2人の未来は輝いてる!

2人の明るさは、周りの人を元気にする!

幸せにする!

どこにいても、何をしても

2人を応援しているよ。

ありがとう!

1年間、本当に楽しかった♪


2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

カウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター