» 山のブログ記事

🏉天理大ラグビー部が悲願の全国制覇を果たし感動冷めやらぬ次の日(🎉36年ぶりの関西の優勝おめでとうございます!!)
2021年山遊び一発目は兵庫県の三木市(裏六甲)にひっそりとたたずむ「丹生山(515m)」と「帝釈山(585m)」にさっきお世話になってきました。

今回の条件、まず雪が少ないこと、ローカリーな山で登山者がいないこと、でチョイスです。


つくはらサイクリングターミナル」の建物横にひっそりと📍登山口が口を開けています。
(GPS無かったら見つけにくいかも)


(9:10)レインウェアを身にまとい完全装備でピストン山行突撃です。


メッチャ荒れてるなぁ~


完全な無音の世界(非日常)が広がっています。


ちなみに最後まで寂しくボッチでした。


神戸市の住宅街かな?


(9:50)「義経道分岐」かっちょええロードやん。


道のド真ん中に石碑(なんか邪魔やし)


「丹生山城」の跡地ですって。
先人はこんな奥によー山城を建てたなぁっていつも関心します。


アナ雪のように凍えきった広場を過ぎると「丹生神社」が鎮座。


この境内の先に「丹生山」山頂があるのですが・・・

アウト!!」
(9:57)前途多難の一年を暗示しているのか「これでもか!」とばかりに木々がモール&ラック状態。

🔵がナウ
あと数メーター、🏉天理大のように頭から果敢に割って入りたいのですが、そんな勇気もなくアッサリUターンをかまします。


「⛩丹生神社」には別ルートで軽トラ1台分の林道が続いているんですね(管理大変やもんね)


「帝釈山」まではそんな高低差もなく格好のトレラン縦走路になっています。


ではでは、なんちゃってトレランしますよー

(10:36)ラストの急登を鼻息“アラブル”と「帝釈山」山頂がお出迎え。


待ち受け画面の候補になる景色を期待したのですが「ざんねーん!!(波田陽区風)」


立ち止まると汗で凍えるのでタッチ&ゴーしました。
登山口まではブヒブヒ駆け足で駆け抜けます。


(11:15)🚙で着替えているとカラダから湯気がモクモク(リアルウオーズマン)
2021年もやっぱり氷の世界からのスタートでした(楽しかった)

本年も引き続き山ブログよろしくお願いいたします(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

12月22日(火)のさっき、兵庫県三田市にある「大野山(753m)」に本年最後の“山おさめ”してきました。
舞鶴はいつもの鉛色の空なのに、こちらはピーカンです(兵庫50山に認定されています)


ビビりの(た)は雪の影響が少ない低山をチョイス。


荒れ果てた別荘地「西軽井沢」の一番奥に駐車場と登山口とがあります。
(9:05)人の姿もなくカラスの鳴き声に合わせての準備体操完了、ではピストン山行スタートです!


自分の足音だけが響いています。
「おおのさん」ではなく「おおやさん」です(標柱で間違いに気づく


時代に取り残され朽ちた建物を横目(キモー)に荒れた登山道をボッチハイク。


昭和の廃墟をぬけ、足元には半分凍った落ち葉が幾重にもかさなりサクサクと踏み音が気持ちいい。


ラスト直線100mの気持ちいいSっ気たっぷりの直線急登(うっひょーい)


たぶん足元は兵庫地質あるあるのニュルっと粘土質なのですが、ガチガチに凍っていおり登りやすい。


「尾の山無線中継所」のアンテナが見えてきましたよー


中継所の敷地内を貫き、電磁波のシャワー浴びながら気合のランニング。


山頂まであと少し(気合いだ!)


芝生の広がる山頂部が見えてきました。


冷たい横風が頬をさす中、オーー!360°の感動が広がっています(GOOD)


(9:55)オリャっと「大野山(753m)」山頂。
右下には「大野アルプスランド」と「猪名川天文台」が見えています。


瀬戸内海と六甲山の山並み(南西)


篠山方面(北西)


京都方面(北東)


大阪方面(南東)


天文台や休憩所のある「大野アルプスランド」に降りてきました。


フムフム。この先に「大野山巨石めぐり散策道」があるらしい。


ではでは時間もあるので巨石めぐりをチョイス(どんな巨石がまってるやら)


アルプスランド駐車場から下山ですね。


まずは「腰掛け岩」やて。
腰掛けるのにかなり登らなアカンしキケン。


(10:13)逆光の「花立岩」


(10:15)「うるし岩」


(10:17)「夫婦岩」なるー、単純ー。


(10:22)「カメレオン岩」違和感あるネーミングやなぁ。もうちょいあるやろぉ。


だいぶ下ってきました。ってことは帰路は登らないといけない・・・


(10:27)「鯉の滝登り岩」確かに見えます。


と、「獅子の昼寝岩」


(10:29)「不動岩」


そして一番迫力あったのは「太鼓岩」と集落。


リュックを置いてみました。大きいでしょう?


(10:34)「おにぎり岩」で岩めぐりは あまり感動もなく 終了(ここで折り返します)
ほんでもって適度な太ももプルプルで(11:27)無事に駐車場に。

最後まで誰一人として会うことなく大声で歌いながら(誰がジャイアンやて)完了です。

(本日のYAMAP)
2020年はコロナの影響で足止めを余儀なくされた一年でもありましたが「ふるさと兵庫100山(竜ヶ岳)」から始まり、「兵庫50山(大野山)」合計31山をケガもなく登ることができました(感無量です)

『同じ山はなるべく避ける』& 『関西圏+α』の日帰り山遊び人として、だんだんと選択肢が狭まり低山が増えております(この条件も苦しいかも)
2021年度も山ブログを引き続きご愛顧宜しくお願いいたします(た)

25日(金)までクリスマスセール」開催中です。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

令和2年もいよいよ師走を迎え朝晩も冷え込み、お布団から抜け出しにくくなりましたねぇ。
しかーし!登山ともなると小学生の遠足前夜のようにワクワク寝られなくなり、目覚めも一発エンジン全開の(た)でございます。


12月1日(火)のさっき、奈良県宇陀市と奈良市の境に位置する「額井岳(812m)」と「戒場山(737m)」に時計屋さん周りで久しぶりの山遊びをしてきました。


関西百名山の一つで別名「大和富士」とも呼ばれています。


(8:45)登山口がある「⛩十八(いそは)神社」近くの広場をお借りし駐車します。


⛩神社すぐ横に登山口がありロングドライブで凝り固まった腰を伸ばしレッツラゴーです。


朝の陽ざしを背に受けながら整備された登山道をルンルン。


紅葉もすっかり終わり、栄養に富んだフワフワ落ち葉道がお出迎え。


さぁ🔥急登の連続攻撃ですよー


昨晩食べた「🛍キャラメルコーン」を消費すべくゴリゴリ足を進めます。
(なんで袋の底のピーナッツあんな旨いんやろぉ)


(9:30)あっという間に「額井岳」山頂GET!


山頂は絶景!とは程遠く残念(なんで関西100名山なんやろかぁ)
気を取り直して次なる「戒場山」へ向かいます。


(9:54)分岐の「戒場峠」まで下りてきて、ここから「戒場山」までラストスパート!


(10:12)オリャ!っと、「戒場山」に到着。こちらも展望ナッシング

山頂広場をぐるっと見回しても視界を遮る🌲🌲🌲
うつむき加減で登山道を先へと進むと・・・


「戒長寺」にぶち当たります。
境内には恐ろしい程の黄色!黄色!黄色!のイチョウの絨毯が広がっています。


奈良県指定の天然記念物「戒長寺のお葉つきイチョウ」ですって。
このイチョウの木がデカすぎて写真に納まらない)


「戒長寺」からスタート地点の「⛩十八神社」までは東海自然歩道(アスファルト舗装)になっています。


さっきいた「額井岳」里山の原風景が広がっています。


登山靴にアスファルトは走りにくいなぁ。


奈良時代の万葉歌人「山部赤人」の墓標。ロマンを感じながらスルー。
で、(10:50)「⛩十八神社」に到着し、一周完歩で終了です。
今回景色は残念でしたが、比較的登りやすく危険な個所もありません。
自然をゆっくり楽しめた山でした(た)


帰りに超有名な「天理スタミナラーメン本店」でランチです(普段はラーメンを食べない)


人気店の店内は多くのお客様で賑わっています。


白菜が多く、ニンニクが効いていて、スタミナはつきそうですが、、、
食後、🔥目が血走るっていうか・・・塩分が多いのかな?というか・・かなりパンチがあり・・・美味しくいただきました(※あくまでも個人の感想)

(本日のYAMAP)

そろそろ山も雪化粧となり登山も少しお預けですかね(た)

お知らせです>
12月4日(金)~12月25日(金)までクリスマスセール」開催いたします。
大切な方へ心を込めてプレゼントはいかがですか。また一年頑張った自分へのご褒美に。
セール期間中はジュエリー・ウオッチ・めがねが特別応援プライスとなります。
皆様のご来店お待ちしております。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

11月3日(祝火)のさっき。
前日までの雨が嘘のように快晴となり、岡山県美作市にある「駒の尾山(1281m)」で遊んできました。
岡山県最高峰「後山」(2017.11)近くに連なる山で2番目に高さを誇る山です。

本来なら↑地図のように「後山キャンプ場(船木山登山口)」から「船木山」→「鍋ヶ谷山」→「駒の尾山」→と周回するみたいですが、昼から予定があるので「駒の尾山登山口」から楽々ピストンです。


麓の集落を抜け、獣除けのフェンスを解錠し、落石をマリオカートのようにかわしながら進むこと5分・・・
林道終点がスタートのようです。


(7:58)恐ろしい🐻警告板を横目に登山開始です。


GPSを頼りに進むのですが・・・


あれぇ~登山道?っていうか荒れた谷間をよじ登るんか?
とにかく上へ上へと進み(〇〇と煙は高い所へ・・・)


背丈ほどの草をかき分け転がり出ると、アスファルト舗装道(竹の頭線)に?
正面に「駒の尾山登山口」の標識があります(ココジャン)
計画ではここがスタート地点でした(仕切り直し)


10分ほど鼻息荒く登ると光がまぶしい尾根道が待っていました。


山頂までは、珍しいほぼ一直線の急登 でもポカポカ陽気で足取りも軽やかです。


風もなく虫や鳥もいない無音の空間で、松の木の香だけが漂う中、口呼吸のハァハァだけが響いています(時々遠くで🦌鹿が「キュン!」と警戒しています)


絵になるねぇ。


↑あの遠くにポッカリあいた光の先に素晴らしい絶景が広がっているはず(👼天に召されるような)


前夜雨あがりの粘土質の登山道に足を取られる。「もうちょいっとぉー(桂小枝風)」


ジャーン突き抜けましたよぉー。稜線もクッキリ別世界ナリー。
右が「後山」です。


景色を遮る木々もなく、熱くもなく寒くもなく山日和の祝日(だれもいない・・・)


(9:05)「駒の尾山」に👼降臨。


西を見ればお世話になった「那岐山」


東をみれば、手前は「鍋ヶ谷山」、その奥に「船木山」、そして一番奥に「後山」が連なっています。


たぶん太平洋も見えているはず(知らんけど・・)


いやぁ~やめれない訳ですねぇ(珈琲で休憩)


この先の「鍋ヶ谷山」までチョイ足を伸ばそうかなぁと考えたのですが、昼からの用事と手前に見える気味の悪い避難小屋もあり断念。


フムフム


ではUをかまします!


「日名倉山」を見ながらブヒブヒ下山です(尻もち1回で無事下山)


帰路にある宍栗市波賀町「東山温泉メイプルプラザ」に寄り道。



¥600を支払い、外湯の紅葉に癒されながらヌルメのラドン湯でスズメの行水(15分で終了)
(こちらは祝日なのでお客様も多い)


着色したんちゃうん!?と疑うくらい🔥ドギツイロの紅葉。

(本日の記録)
1時間チョイでこの眺望はおススメです。
舞鶴からは約3時間がキツイですが。。。(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

急遽、お休みをいただいた10/26のさっき、福井県大野市と岐阜県の県境近くにある「平家岳(1442m)」へ山行です(ヘロヘロでブログ作成)


水のきれいな城下町「大野市」から更に奥の「九頭竜湖」、か・ら・のぉ・・・さらに山奥に登山口があります(秘境)


砂利の林道を慎重に進むと歴史遺産が!(廃墟ツアーありかもですよ)
そうです!「面谷鉱山」の跡地で、1922年(大正11年)閉山されるまで銅が産出されていたみたいです(当時は活気があったんやろうなぁ~)


鉱山跡地を横目にタイヤのパンクを心配しながら悪路をさらに奥へ・・・(携帯県外、JAFも来れんやろなぁ)
(9:35)舞鶴から約4時間、疲労度80%で「面谷登山口」に🅿駐車。
福井№の先客が2台あります(いつ出発したかわからんが抜かしたる!と勝手に勝負)


📍登山口に無事を祈願し一礼、🐻クマに怯えながら歩を進めます。


キラキラした沢を渡って(左足はまったしー最悪)深い深い森のなかへと。


木々も鮮やかに色づいていますが、紅葉まであと少しって感じです。


(10:23)「📍巡視路分岐」に。ここを左折。


🔭遠くに「白山」が見えています(もう一度登りたいTOP5の山です)


(10:47)送電線の「鉄塔28A」が一緒になります(構造物に少し残念な気分)


ココで福井市内から来られた年配の先輩登山者3名が休憩をされていて、“待ってました!”とそれぞれから話かけられます (オジサマ達は休憩してたのに、オレ、イマ、イキ、あがってんのに・・・


(11:00)オジサマ達に「お先です」と告げ&逃げ、次の「鉄塔30A」にハァハァ到着です。


次は「小平家」にあるツインズ鉄塔を目指します。


右手に目指す「平家岳」が見えてきましたよー(うわぁ一回下山せなアカンやん


澄みきった空気が冷たく、自然も色鮮やかで非日常の空間。


ツインズの鉄塔下まで来ると真正面に「平家岳」と、左には「井岸山」が。
まず少し下って左の「井岸山」に登って、右の山頂を目指すのがコース。


とにかくいったん下山します(だれかケーブル張わしてぇなぁ)


(11:40)「井岸山(1400m)」股関節が攣りそうな予感(芍薬甘草湯をIN)


では、おとなり山の「平家岳(1442m)」へGO!


🔥炎のラストスパート!!(以外と近かった)


(11;55)スピード狂で平家岳山頂へ(ヤッター)
この山名ですが合戦に敗れ逃げ込んだ平家の一部が住み着いたのが由来らしい(こんな奥地まで逃げなアカンかったんやね)


真ん中のイカツイフォルムは、前にお世話になった日本100名山の「荒島岳」です。


🔭遠くには白い帽子を被った「白山」と手前はさっきいたツインズの鉄塔です。
鉄塔の右側にさっきの先輩登山者3名が見えています。


南の方面には「能郷白山」や「冠山」が見えているはずなんやけど(知らんけど・・・)


一番奥に薄っすらでっかいシルエットの「御嶽山」が鎮座。
いやぁ迫力あるなぁ。


360°最高のロケーションが広がっています(皆さんに「🚪どこでもドア」で来てほしいなぁ)
約800年前、平家の落人もこの景色を見て暮らしていたのでしょうね。
ではでは、リュック奥にあった賞味期限切れの羊かん食べて、汗でアンダーウエアがチメタいので帰ろうっと。

(本日のYAMAP)
(13:50)ケガも無く、登山口へ帰還、自然遊びと五感磨きで大満足の(た)でした。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

10月20日(火)気持ち良いほどの秋晴れのさっき。
ブナやナラの森で自然豊かな「鍋倉山(1049 m)」にピストン山行してきました。

岐阜県揖斐郡にあり、コロナ前の3月にお世話になった「貝月山(1234m)」の隣にあります。


(8:30)車を駐車させ、「長者平」登山口に「貧者」が準備体操してレッツラゴーです。


東海自然歩道」のコースとして整備されています。
ではでは、この先の終点は大阪箕面の森まで続いているのかぁ~と思いをはせます。


紅葉には少し早い時期ですが、黄色く色付いていますよ。
来月は最高でしょうね。


車で来れる林道はココまで。
この先はいつもの登山道となっております。


こんな感じ。終始、緩やかな登山道でおススメですよ。


自然が豊かで緑のカーテン越しに光のシャワーを浴びてルンルン。


(9:12)「長者平分岐」左からコニャニャチワして、右へ進みます。


🦌🦌とにかく鹿とチョコボールウンチが多く、あちこちで「キュンキュン」鳴いて侵入者に警戒しています(誰がクマやて!チンチラポッポ)


左奥のゆるやかなモッコリが目指す「鍋倉山」です。


マリオが出てきそうな、吸い殻入れが登山道に所々点在しています(逆に火事あぶなんちゃうん)
登山中は🚭タバコは吸わないが鉄則!(登山する人はタバコをやめないとね)


物凄い数のイガイガ栗が所狭しと点在しています。
中身は全て空っぽ(🐻熊か🐗イノシシの冬支度が始まっているようです)


(9:50)「長者平展望台」、このコース唯一の展望台でして、


3月お世話になった「貝月山」が目の前に。


(10:11)「鍋倉山(1049 m)」に気持ちよく滑り込みます。
山頂の展望は360°木々に囲まれており、この先にある「避難小屋」へと期待膨らませ足を運びます。


(10:20)なんか気持ち悪い「鍋倉山避難小屋」がお出迎え。
ココも360°眺望が望めませんでした(ホンマ残念)
とりあえず、窓の中を無視してパンとコーヒーで小休憩。


帰路ですが、わずか10m間に3つの吸い殻入れがありますよ(どういう事や?)


仕方なくキョロキョロ木々の間から東方面を覗くと遠くに雪を被った「御嶽山」が見えています。


北側の方面の山々ですが「白山」でも見えないかなぁ~と期待をしたのですがたぶん「冠山」の峰々やね。


うわっ!!右から左へドタドタと目の前を横切り、恐れることなくコチラを眺めストップ(ナイス!カモシカ!)


よく見ると特別天然記念物の「ニホンカモシカ」です。
初めて見ました「山神様」みたい。


こちらは「カメラ・・・カメ・・・」と焦っているのですが、あちらは怖れることもなく堂々とお尻を向けてコチラを余裕の凝視。
「おいで!」と声をかけても逃げません(ではバイバイね)

(本日のYAMAP)
(11:40)いつものドタバタジョギング下山で登山口に無事帰還。
自然の豊かな深い深~い森で本当におススメできる山でした(た)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
「秋の大バーゲン」開催中です。(10月31日まで) 限定品など一部除外品もございますが店内のジュエリーが50~30%OFF
👓メガネもフレーム30%OFF、レンズも合わせて驚きプライスになっております。
また今話題の⌚GPSウオッチや電波時計などお得なプライスにさせていただきます。
本当にこの機会がチャンスです。皆様のご来店お待ちしております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

10月6日(火)秋晴れのさっき。

兵庫県神崎郡にある「砥峰高原」へ山遊びです。
ススキの群生地として有名で、ピークには少し早いのですがススキに圧倒されてきました。


砥峰高原~峰山高原~暁晴山(1077m)とぐるっと周回します。


「とのみね自然交流館」近くの(自然保護管理料名目)駐車場代500円を納めてレッツラゴーです。


一礼してゲートINです(気温14℃さむー)


おっ!大河ドラマ「平清盛」「軍師官兵衛」、映画「ノルウェイの森」のロケ地にもなったとのこと(どれもみてないけど)


すり鉢状の広大な草原に、背丈ほどの黄金色のススキが風にユラユラ。


まずは「砥峰高原」の外周をかけ抜け、先の「峰山高原」へと足を進めます。


高原入口の反対側まできました。


奈良の「曾爾高原」もすごかったけど、ここのススキも素晴らしい!


満点の星空が眺められることで有名な「峰山高原」まではいつもの林道ですね。


と、思ったとたんアスファルト道が現れる。
このハイキングコースですが、砂利道、コンクリート舗装道、アスファルト、そして登山道、と複雑なコースです。


(8:42)「峰山口駅」
コース案内板が各所に設けられ、道に迷うことはありません。


右のもっこりが目指す「暁晴山」、左側建物のある場所が「峰山高原」です。楽勝です。


静かで美しい幻想的な森。鼻いっぱいで深呼吸、体内に酸素をいっぱい取り込みます。


なだらかな勾配で鼻水たれながらジョギング、最高!


「山笑う登山口」方面へ右折(山笑うって・・・)


おっ!大きなジャングルジムが姿を現す!


中継基地アンテナが乱立している所が目指す「暁晴山」山頂です。


「峰山高原」の山頂リフト乗り場です(風がかなり冷たいのー)


(9:23)よこ風に叩きつけられながら「暁晴山(1077m)」GET!


フムフム、ほとんど制覇してるし(チョイ自慢です)


「峰山高原」夏は最高の避暑地なのがうなずける。


360°素晴らしい大展望です(中継アンテナが無ければ・・・ですが)
とにかく寒いので、Touch&Goで「砥峰高原」に戻ります。


やっぱり圧巻。ススキの間を駆け抜けて映画のワンシーンを勝手に妄想。


「砥峰高原」の展望台デッキより。


駐車場管理のオジサマいわく、ススキのピークは10月中旬~とのこと(超ーーおススメですよ)

(本日のYAMAP)

(10:30)12kmのハイキングは少し汗ばむ程度でちょうど良い距離でした。
観光客(GOTO?)の方やハイキング姿の方々で平日にもかかわらずいっぱい人(ナイス観光スポット)
このハイキングコースですが本当におススメ☆☆☆3つです(た)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
「秋の大バーゲン」開催中です。(10月31日まで) 限定品など一部除外品もございますが店内のジュエリーが50~30%OFF
👓メガネもフレーム30%OFF、レンズも合わせて驚きプライスになっております。
また今話題の⌚GPSウオッチや電波時計などお得なプライスにさせていただきます。
本当にこの機会がチャンスです。皆様のご来店お待ちしております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

4連休の最終の秋分の日、「大日山(1,368m)」&「越前甲山(1,319m)」へ山行してきました。
ネットでググると積雪期にスキー登山で登られる方もおられるようです(ホンマか?何処を滑るんやろ?)

福井県勝山市と石川県加賀市にまたがる県境の山で「🦖福井恐竜博物館」の近くに登山口があります。
(ちなみに今年の舞鶴市内の小学校修学旅行がこの博物館になったみたいです)

右手のオレンジ↑矢印の急登から攻め、が「越前甲山」を経由しての「大日山(たぶん)」へピストンしてきました。


(7:18)大好きな早朝FMラジオを聞きながら「越前甲山登山口」に到着。
登山口前が駐車場になっており柔軟体操で筋をのばしてボッチ登山レッツラゴーです。


最初の10分程は地元の方々が草刈りをしていただいてるようで清々しい気分でスタートが切れ期待大!
が、、、とはいかず、その後は泥の中の登山道でシューズがドロドロでブルー

(7:48)📍分岐の「大日峠」です。ココを左折し稜線へ出ます。
峠からが我慢の急登連続攻撃が容赦なく襲ってきます。
(2枚目の写真オレンジ矢印の部分です)


最初の目的「越前甲山」まで急登が続きますが秋の穏やかな光が差し込み非日常の空間(💳Priceless!)


(8:40)「越前甲山(越前大日)」に滑り込む。
予想していた以上にダメージハンパない。
この先の「大日山」に行くか引き返すか心の👼天使と👿悪魔が戦っております。


山頂は気温も低くトンボが群れをなし、大嫌いな虫がいないのが幸いです


心の天使が勝ち、次はあの中央に鎮座する「大日山」を目指しますよー。
ココからのコースタイムは片道1時間30分やって)


甲山山頂は広く開けており、お弁当などいただくには最高の空間となっております。
ではでは先を急ぎましょう。


勝山市内と遠くには大野市も一望できますよ。
まさに秋分の日で風も気持ちイイ


稜線の登山道は夜露に濡れた笹ヤブが覆い、下半身がビチョビチョになります。
左のモッコリは「加賀甲山」でポツンと赤い屋根の避難小屋が見えています。
目指すは右手のモッコリ山頂です。



「岩峰」大好きなロープ場(元気なら3往復くらいしたい)


(9:55)「大日山山頂」をGET!素晴らしいロケーションに感動。
(心が折れずに本当に良かった)


プレートが設置してあり人気の山みたいですね(フムフム)


山頂は360°開けておりバツグン!(福井市内も一望)
この山頂へのアプローチは各方面からできるようで「加賀甲コース」の「池洞新道」からのアプローチが比較的登りやすいみたいですよ。


📍「白山」や「大長山」「赤兎山」「経ヶ岳」「荒島岳」などのお世話になった山々全て望めます。


おススメ指数、☆☆☆3つです。


☕少し休憩のあと、アノ↑真ん中モッコリ「越前甲山」へ戻り下山しました。

(本日のYAMAP)
(11:48)気持ちよく無事にゴールしました(今から舞鶴まで3時間かぁ・・・ハァ~)

メガネ・補聴器専門店の「グレースシオミ」では、9月19日(土)~26日(土)まで補聴器無相談会』を開催しております。
聞こえ」でお困りごとやご質問など些細なことでも結構ですのでご相談ください(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

 

9/1(火)防災の日の午前中、滋賀と岐阜の県境にある「虎子山(1183m)」からその先の「笹刈山(1212m)」まで稜線をピストンハイクしてきました。
「虎子」と書いて「とらす」と読みます。ちなみに岐阜100山です。

県境の国見峠からのアプローチは楽チンなので更に先の6/16にお世話になった「ブンゲンまで足を延ばせればなぁ~」と稜線タッチを計画。


滋賀県側から自然豊かな「国見林道」を攻め(8:30)国見峠に到着です。

(立派な石碑)
「近江の国」と「美濃」を結ぶ県境ということで「塩と絹の道」として歴史に彩られた古道の峠です。
ロマンを感じる峠に登山口があり準備体操をしてレッツラゴー!です。


最初の20分間は急登が待ち構えており尾根まで我慢タイムです。


左が植林された滋賀県側の杉林、右が自然のままの岐阜県側。
※登山道と怪しい獣道が交差していて注意が必要な山です。


(9:18)「虎子山(1182m)」をなんなくGET!(なにか寂しいなぁ)


山頂は360°またまた雲に覆われブルー それじゃ先の「笹刈山」を目指しますヨー。


次の「笹刈山」までの稜線は両サイドが草木に覆われ終始景色はBADビュー。
単調で景色も楽しめず、距離とアップダウンもありかなり疲れる。


黄色のテープが頼りなのですが、小さく目立たず道迷い4回発生(ドキドキタイム)
この稜線はGPSが無ければ別の谷に降りてしまいアウトやね。


最後までボッチでした(人気が無いのやろね)


「笹刈山」まで600m手前。
笹ヤブゾーン突入です(しっかり刈られてますよ)


(11:00ジャスト)「笹刈山」山頂に、顔のまわりのブヨと一緒に滑り込む。


あ~あ、今回も重たいガスの中ジャン

先の「ブンゲン」まで・・・と思案したのですが、雨が降ってきたのであっさり撤収です。


山名の由来どおり山頂付近は背丈ほどの笹に覆われています。


ラッキーにも雨もあがり、さっきお世話になった山頂が奥に見えています。


(12:52)コースアウトで不満タラタラのなか「虎子山」まで戻ってきました。
少し雲もぬけ、眼下に大自然(国見スキー場かな?)が広がっています(こうでなくっちゃね)

(青ラインが本日のYAMAP)
(13:20)両脚クタクタ汗ダラダラで登山口まで戻ってきました。
「5時間で山行12.5km、24000歩なら納得」と自分に言い聞かせ終了です。
やっぱ⛰ピークに広がる山々が眺望できないのでは不完全燃焼やなぁと再確認した(た)でした。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370 FAX:0773-64-3806
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

8月24日にお休みをいただきまして、長野と岐阜の県境にある中央アルプス最南端「恵那山(2191m)」へ。
日本百名山であり、かつ新・花の百名山に選定されており堪能してきました(メッチャ眠たい中ブログってます)

2001年に完成した人気のある広河原ルートを選択しました。

(アノ真ん中モッコリが「恵那山」)
キレイな星が輝く静まり返った舞鶴を出発します。
中央自動車道名物の長い「恵那山トンネル」をぬけたらすぐに「園原IC」を降り10分ほど進むと・・・


星空観測に適した場所」日本一に認定されている長野県伊那郡阿智村にある登山者用駐車場です。
(7:50)車止めゲート横の駐車場には早くも8台もの先客がおられます。
(名古屋・岡崎ナンバーが多い)


駐車場から登山口までの約2Kmをストレッチ&歌いながら先の登山者を追っかけます。


(8:15)「広河原登山口」がお出迎えしています。
ココを谷へと降りていきますよー


ニュルニュル丸太の橋を慎重に渡りきって登山開始です。


登山道というよりかなり急登のガレ場の様相(100名山はこうでないと)


「まだ1合目かいなぁ」もう疲れてるしぃ。


この写真には小心者の大きなヘビがニョロニョロ逃げ出していますよ。


一方、こちらは小さなミヤマクワガタのメスが戦闘態勢!


笹ヤブエリアが多く、🌼花もあちこち咲き蝶々が乱舞して非日常。
だけど花の子ルンルン気分にはなれない(鼻息ハァーハァー


ようやく4合目に(かなりのダメージ)
広河原ルートは1~4合目までがかなりの急登と事前調べ済み(この後は心が折れなかった)


明るい稜線に出ました。登山道の笹ヤブは人幅に刈ってあり登りやすい(よーココまで刈りにくるなぁ)
この時点までは快晴だったのですが、このあと雲がモクモク湧き上がってきます。


↑ハエとアブがにらめっこしています。
こ奴らが顔の周り(汗臭い)をヘビローで次々とご挨拶にきますよ。


9合目まできました。残り300mラストスパート!
桐生選手なら30秒チョイだがそうはいかない。


(10:40)コースタイムより1時間早く到着(チョイ自慢)


(10:50)「恵那山避難小屋」キン肉マンハウスみたい。
裏手に見える岩山が展望台となっておりお約束でいきます。


せっかく期待していたのに眺望が全く望めません(腹はへこまんのに心はかなりへこむ


「御嶽山」とか中央アルプスが広がっているはずやのにーー


汗だくの衣服は寒く着替えのため脱いだ瞬間にブヨに襲われるがコンビニニギリでパワーチャージ!


7合目まで降りてきたら雲がハレてきましたよー(なんだよぉー)


駐車場のある村が見えています(よー登ってきたなぁ)


脚の付け根が痛くなりそうでヒヤヒヤ下山。


たしかに恵那山は植物と虫の宝庫でした。
お得意の下山はブヒブヒ駆け足で(12:55)ケガなく無事帰還。


駐車場に↑こんなものが掲示してあるのを発見。
QRコードを読み取ったら¥620が¥520になるとの事ですので読み取りますが、ネット圏外の為ダウンロードできない。


ではでは「月川(げっせん)温泉」へ汗を流しにお邪魔します。
QRの件を説明したら¥100値引きしていただけました。
※このご時世、アルコール消毒と名前と電話番号を記載します。


宿泊旅館でもあり、オーナーの方が気さくにお話をしてくれます。


お客様が私一人のため写真の許可をいただきました。


透明のお湯がまとわりつく素晴らしい温泉(何といっても清潔感ある)
満点の星空の下でのにこの露天風呂にはいりたい。
さっすが登りごたえのある日本百名山でした(た)
余裕がないとしんどい山です(舞鶴から日帰りでは・・・あたりまえか)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

グレースシオミオフィシャルHP

ホームページはこちら!

ランキング参加中!!

最近のコメント

アーカイブ