» 山のブログ記事

全国的に猛暑のR2,8/11のさっき、本日も夕方から用事の為、お近く低山ハイクをチョイスです。

兵庫県神河町にあります「白岩山(973m)」へ。
「ふるさと兵庫100山」に選定されており眺望も良いとの情報で期待していたのですが・・・


神河町猪篠という集落に登山口があり「西ルート」から登り「東ルート」で下山の時計屋さん回りの山遊びです。

(8:00)「西口登山口」に駐車させていただき虫除けスプレーを爆浴びしてレッツゴー。


「西口ルート」ですが登山道は「つづら折り」ではなく、蒸し暑い中まさかの「直登」が待ち構えています。
それにもまして親指サイズの2,3匹のアブが爆音をたてて代わる代わるヘビローで襲ってきます(結局山頂まで)


足元では「山ヒル」の襲来にも怯えながら気の使う山です。


CAPと棒をジャイアンのように振り回しながら直登です。


ムシムシした林を抜け、尾根までようやく出てきました(ようやく涼しい風が)


とにかく「ブヨ」「アブ」「ハエ」が虫除け効果をガン無視ムシして襲ってきます(今後、殺虫スプレー持参を要検討課題!)


「山頂分岐」背丈ほどのヤブを直進で山頂へ向かいます。
右に曲がれば「東ルート」で下山です。


(9:20)あっというまに「白岩山」GET しかし“蒸しムシ・虫ムシ・無視ムシ”の三ムシ!(精神的につかれたし)


山頂はムキ出しの岩が点在しており火山が噴火した後にできた山だという事がうなずけます。


岩は白くなく黒いですね。


眺望を期待していたのですがあいにく雲の中。


全国的に連日快晴の酷暑が続く中、ココは曇りかい!


こ奴がしつこい「アブ野郎」です。


はよ帰ってシャワー浴びよーっと・・・


と思ったとたん雲が薄れてきました。


🏰おーーーー下々が見えてきたやん。


播但連絡道ですねぇ。


(10:30)無事に駐車場に。
短いコースでしたが結構怪しいマーク、リボン、踏み跡、コースが多岐に渡り点在しており、注意深く歩かないといけない山でした。

(本日のYAMAP)
楽しかったけど暑さと虫に参りました(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

「メガネのピット・イン&メガネ下取りセール」を~8/31(月)まで開催しております!
メガネ一式お買い上げいただいたお客様に、不要なメガネを3000円で下取りさせていただきます(お得!)
メガネ一式お買上げに付き下取りは1本のみ(ですが、壊れているメガネでも下取り致します)
皆様のご来店お待ちしております。

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

7/28、のちのぐずついた午前中。
夕方からの会議予定を鑑み、お近くの低山「高竜寺ヶ岳(696m)」をチョイス。
兵庫県と京都府との境に位置し、丹後富士とも呼ばれ日本海も一望できるはずでしたが。
(本日のYAMAP)
兵庫県「ふるさと兵庫50山」やって。


(6:40)「たんたんトンネル」の北側出入口に駐車場がありボッチ停車。


お天気は9時から予報で時間的にも余裕がありゆっくりお散歩ハイクです。


登山口までは荒れた寂しい林道をトボトボ進みます。


(6:51)登山口。
林道終点でアノ木製の朽ちた丸太を渡るのですが重量オーバーで足が抜け落ち(マンガ)いきなりドロドロでブルー

気を取り直しかけ上げりますよー。


「たばこ石」腰掛けの休憩所として昔から利用されているベンチらしい。
何万人と腰を下ろしたんかなぁと想像(そしたら、なんか身持ち悪くなってきた神経質なオレ)


急登は時々ありますが比較的登りやすい登山道
(ブヒブヒ攻めますヨ)


(7:10)あっという間に「尉ヶ畑峠」に。ココを右折して尾根道へ。
この峠ですが起点になっているらしく、古来より海の海産物などを運んだ交流の峠なんでしょうね。
ふるさと兵庫50山)に選ばれるはずです。


尾根は車も走れる幅の林道になっております。
あの先を右に再度登山道へIN


「残り1200m」の標識と目的の山頂がコニャニャチワしてはります。


もう小雨が降ってきました雨もヨカロウ!)


風は涼しく街中とは雲泥の差。


デカッ!!拳ほどあるカエルに遭遇。
勇気をだして指を近づけていますが、オレの背中にも(サブ)イボ出てますヨ。


「ブナの群生林」THE非日常。
キラッキラ輝く空間。


(7:40)「高竜寺ヶ岳」山頂をGET!(早っ)
まだ「おはよう朝日です」が終わってない時間やん。


360°の大展望を期待していたのですが雨で視界が悪いのとアブが襲ってきます。


雲がドンドン湧き上がってきたので残念ながら退散。


遠くには久美浜湾&日本海が見えている予定なのですが・・・


(8:20)のんびり満喫しながら駐車場へ。
少し物足らないあっという間のハイクで楽しい時間を過ごせました(た)
いつも最後までお付き合いありがとうございます。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

「偏光・調光フェア」7月31日(金)まで開催しています!(多くのお客様にご来店いただいております)
乱反射光を特殊なフィルムでカットするので、眼をまぶしさから保護出来る「偏光レンズ」。
また可視光・紫外線によって色が変わる「調光レンズ」もございますよ。
是非、この機会にご体感ください。

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

7/21のさっき、昼から雨予報のなか、岐阜県揖斐郡にある奥美濃「花房山(1,189m)」へ。

360°の眺望が見渡せたのは良かったのですが急登に悩まされ苦戦のピストン山行でした。
この奥美濃エリアは笹ヤブが多く、登山道が不明瞭な山が少なくない苦手なエリアです。

東杉原ルートの起点、立派な「藤橋城」を横目にご挨拶をし、その先から山行開始です。


(8:30)登山口に駐車場がありボッチ駐車(最後までボッチ)
虫除けスプレーから柔軟体操、気合い注入後、一礼をしてレッツゴー!です。


モミの木がいっぱいで自然が深い山です。
しかし本日は異常に蒸し暑くボタボタ汗が滴り不快山です。


標高200m~500mまで吸盤の強い「ヤマヒル」が登山靴に沢山つき勇者の杖(ただの枝)で取り払います。
脚を動かしてるのに10分歩けばシューズにヒルが必ずついています(どのように取りつくのかホント不思議


山頂まで危険なヤセ尾根ゾーンが2箇所ありこの時ばかりは冷や冷やしますヨ。
肩で深呼吸をしていると虫が瞬く間に襲ってきます(ほんまキンチョールぶちまいたろか!!)


命のミネラルウォーター500ml×4本でもぜんぜん足らない暑さ

(標高600m付近)巨大な徳山ダムが望めます。


疲労度120%でようやく山頂付近に、、、あと少しです。
登山道だけ笹ヤブが刈ってありヤブ漕ぎの心配は解消されました(地元地域の皆さまありがとうございます!)


この標高まで来ると、トンボが群れをなしているので虫が少なくラッキー。


(11:15)「花房山(1,189m)」にクタクタ&フニャフニャで山頂に。
日影がないので休憩どころではない、キビシイ!!状態(ほなすぐ下山)


かなりの疲労度で何処を撮っているのかわからない

おとなり山の「小津権現山」でしょうね。


写真撮る元気なし(早く水シャワーを浴びたい)

(本日のYAMAP)
(13:00)帰路で久しぶりに両脚付け根がこむら返り(蒜山三山ピストン以来)しました。
カラダは正直です。芍薬甘草湯を服用し、ダマしダマし駐車場まで帰還しました。
いやぁ~低山でなめてはいなかったのですが(体調も悪かったのかも)予想以上の急登が続く一本道で、アブ・ブヨ・ヒル・高温多湿に襲われ気の使う山でした(た)。
やっぱり奥美濃とは相性悪いなぁ~。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

「偏光・調光フェア」7月31日(金)まで開催しています!(多くのお客様にご来店いただいております)
乱反射光を特殊なフィルムでカットするので、眼をまぶしさから保護出来る「偏光レンズ」。
また可視光・紫外線によって色が変わる「調光レンズ」もございますよ。
是非、この機会にご体感ください(ブログ見たよでお安くなるかも)

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

梅雨に阻まれ山登りはおあずけ状態が続きモンモンとしておりまが皆さまはいかがおすごしでしょうか(明日もダメやね)
そこで先月登ってきた兵庫北部、宍粟市にあります「赤谷山(1216m)」にボッチ山遊びのご報告です(ココおススメ)
ブナの自然林が続き山頂は360°のパノラマビュー、当日は素晴らしいひと時を過ごすことができました。

宍粟市から鳥取県へぬける若桜街道沿いにある「新戸倉トンネル」を右折し、旧道の終着点が登山スタート地点です。
(8:10)舞鶴から約2時間、バキバキになった体をほぐしてレッツラゴー!です。


モノ寂しい廃道「戸倉峠」を目指し酸素濃度の濃ゆい林道をガンガン進みますよー(鹿にもご挨拶)


(8:22)「戸倉峠」に登山口がひっそりとあります。


最初の15分間は急登の連続ですが、それを我慢すればルンルン気持ちよい尾根道です。


ブナ林が非日常を演出。


大きなブナの下で新緑を通しての光と風のシャワーを浴びる(カラダの浄化)


癒したっぷりの木漏れ日の森。


(10:20)パットと視界がひらけ「赤谷山(1216m)」山頂へ滑り込み。


「氷ノ山」をバックにパシャリ。


東方面。空気がウマい。


南方面(たぶん三室山)


西方面。
アノ山もコノ山も登った山がぐるっと一望できるのだが風が冷たくてすぐ撤退。
お得意の下山は駆け足で。

(本日のYAMAP)
(11:10)駐車場にケガもなく帰還しました。
距離的は物足りなかったのですが爽やかなおススメのピストン登山でした(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370 FAX:0773-64-3806
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

天パーもクリクリする梅雨が続き山へのお出かけができません。
で、チョイ前に神の宿る奈良県大峯山系(関西100名山)「稲村ヶ岳(1726m)」行ってきた山行のご紹介です。

天川村洞川温泉地区にあります「母公堂(ははこどう)」からピストン。
お腹の弱い幼少から大変お世話になっている漢方薬「陀羅尼介丸」のふるさと。
この山は戦前まで女人禁制の山だったらしい。


舞鶴から我慢の4時間、まずは「母公堂」の駐車場に800円で駐車させていただきました(もう疲れているしー)


(8:32)お堂チョイ横の登山口から「法力峠」を目指してレッツラゴー!熊に注意看板有り!


所々に橋がかけてありますが崩落している橋もあります。


(9:18)ハァハァ言いながら「法力峠」に。
右に30分ほど進めば、鹿がわんさかいた「観音峯山」です。
今回は直進です。


おっ

マンモスやんカッチョイイ。


所々登山道が崩落しています。滑落即チーン(慎重に慎重に)


(10:17)起点となる「山上辻・稲村ヶ岳山荘」に気持ちよく到着です。


左折すると霊場・修験道の聖地「山上ヶ岳」です(コノ空間は神がかっていますよぉ)


赤い屋根の山荘ですが本日は閉まっているらしく、小屋の窓内に何か見えたら怖いので(ビビり)そそくさと横目でスルーします。


麓から吹き上がる寒風が強く耳がちぎれそう。


「大日山」の斜面下には残雪が涼しげにあります。


非日常が体験できる。


ラストは鬼の急登

眺望デッキがお出迎え(いつも思うが、よくこんな場所に建てたなぁ)


(10:52)「稲村ヶ岳(1726m)」山頂をGET!


デッキがあるという事は全方向抜群のロケーションのはず・・・


以前お世話になった「山上ヶ岳」「大普賢岳」「観音峯山」など眺望を期待したのですが全く見えず残念。


帰ぁ~えろ。


と、その前に寄り道して隣の「大日山(1689m)」へ向かいます。
「イカツくそそり立ってるなぁ」


「大日山」ですが、分岐から10分程、鋭いキレッキレのキレッドで奈落の底が待ち構えているチョー危険エリア(電波はほぼ圏外、ケガしたらあの世行き)


信じて良いのか不安になりそうなガチャガチャハシゴを頼りに三点支持でよじ登ります。


不安しかない木製階段。


(11:22)山頂に手に汗握ってホット到着。
山頂には祠があり、山岳信仰の山であることがわかりますね(行くも怖いが帰りもなお怖い)


カラータイマーが残りわずかなので山頂タッチ&ゴーです。


帰路はガスもハレて雄大な大峯山系が広がってきました(山あるある)


このトイレですがウソのように大きく傾いています。
ココでウ〇チを踏ん張り、くしゃみをしたら、ドリフのコントのように建物倒れそう。


(12:45)2回程足をくねり冷や汗かいたのですが(痩せなアカンね)駐車場に無事に帰ってきました。
全体的に急登は少なく、なだらかで距離(10.7km)のあるほぼ一本道。
ルートを外れる心配はありませんが、危険個所が数カ所あり注意は必要な山でした。
楽しい4時間強でした(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

6/23のさっき、福井県勝山市にある高山植物が広がる別世界「赤兎山」のお近く「大長山(1671m)」にピストン山行してきました。

さらにお近くには霊峰であり活火山の「白山」が望め、抜群のロケーションが楽しめました。が・・・
一昨日のYahoo!ニュースで「白山」が10時間の間に200回近くの地震が起きているらしく少し不安を抱えながらの登山でした。


二度目ましての関所(地域環境保護協力金)にて¥400を納めさせていただき協力終了(100円値上がりしてるー)
詰所のおっちゃんが車内を覗いて「お二人?」と発したのが気がかりでした(何が見えたんや!)


(7:35)駐車場前が登山口になっており鎮座するお地蔵さんに一礼してレッツラゴー。
前回の教訓から虫除けスプレーを“親の仇っ、コレデモカ!!”と爆浴びし、ウエアーがまだら模様に変身。


関西の山ではあまり見た事がない登山者カウンターが設置されています。
分岐の「小原峠」まで草も刈られ良く整備されているので協力金は納得ですね。


(8:05)「小原峠」にコースタイムの約半分で上がってきました(絶好調!中畑清!)
ココを右折したら「赤兎山」。では今回は左折「苅安山」&「大長山」へ。


本日も梅雨シーズンの真っ只中、日頃の行いで雨雲蹴散らし快晴です。


振り返ると遠くに2年前にお世話になった福井最高峰の「経ヶ岳」と「赤兎山」が見えています。


(8:28)小さな虫の無限攻撃にブルーになりながら「刈安山(1530m)」に降臨。


その先のモッコリ山の向こうが目指す「大長山」です。


左が「白山」、そのとなりが「別山」です。
(7年前に足を引きずりながら登った苦い記憶が蘇る)
BS山チャンネル以上にメチャメチャキレイ、これやから辞めれないのねぇ。


(9:15)アップダウンに苦しめながら「大長山(1617m)」に。


恐ろしいくらい360°大展望をひとり占めの贅沢タイム突入です。
ココは皆さんにどこでもドアで来てほしいなぁ。


左が雪を残した「白山」と並びに「別山」の勇姿。
何の障害もなく目の前に雄大な姿が現れますよー。


雲の下に勝山市内が見えていますよ。


丸みを持った優しい山容の「赤兎山」を見ながら下山です。

(本日のYAMAP)
(10:40)鼻息荒く登山口へ帰ってきました。
3時間で8kmでまずまずです。
このどっしりとした「大長山」、比較的登りやすくおススメです(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370 FAX:0773-64-3806
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

6/16、滋賀県と岐阜県の県境「ブンゲン(射能山)1260m」に山遊びしてきました(ブンゲンって響きも良いヤン)

反時計回りで先ずは「大長谷本流コース」→「北西尾根」→「県境尾根」→「南リフト山頂(最高点)」→最後はゲレンデを滑走します。


ひっそりとお出迎え。


グリーンシーズンの「奥伊吹スキー場」センターハウス。
(8:50)おニューの虫除けスプレーを爆浴びてしてむせながらレッツラゴーです。


登山口がこのように工事中の為、GPSを頼りに工事のおっちゃんの目を盗んでそこらの草むらからINします。


なんとか登山道に闇雲に取りつきました。
ではではドンドン進みますよー「あれ??GPSからドンドンコースアウトするやん」
ヤバァ―。またまたUかましてタイムロス(心もカラダも折れる)
実は↑この道は正規の登山道ではありません。

(正解ルート)
尾根を通過して更に向こう側の谷底へ降りないといけません。
(迷いそうな登山道)


ようやく苔におおわれた案内板が現れ一安心。
コノ山ですが迷い要注意です(踏み跡・マーク非常に乏しい)



1時間程汗だくで我慢の急登タイムを過ぎると北西尾根に出ます。
大海原をヤブ漕ぎします(ダニが待ち受けているので棒を振り回し前進)


(10:35)「ブンゲン(射能山)」に滑り込む。
動きを止めるとハエに襲われる(恐るべし虫除けに勝るオレの体臭


山頂からの景色は木々が多くイマイチ。


冬に来れば絶景が広がっているんやね。




遠くには「伊吹山」も


琵琶湖もうっすら見えています。


駆け足でどんどん先を進みます。
見えているのは「南リフト山頂駅」。


(10:54)鹿のフンだらけの「南リフト山頂駅」に。


眼下にはセンターハウスが見えています。


風が冷たく空気もウマい(腰をおろすと鹿のフン~)


では下山。アリスのチャンピオンを歌いながらチャンピオンコースをドタバタ滑走します。


真正面にはダニに襲われた「金糞山」が鎮座しています。


ゲレンデを独占(膝に衝撃が・・・)


「天狗岩」やって。ふ~ん。


(11:35)奥伊吹スキー場センターハウス(駐車場)に戻ってきました。


オーーあそこにいたんかぁ~

(本日のYAMAP)
鳥の鳴き声が多い自然の深い山でした(た)
GPSが必要な山かもです。ご注意ください。

「真珠まつり」開催しています!
6月21(日)までグレースシオミ特設コーナーにて開催いたします。
「二十歳のお祝いに」「ブライダルに」「記念日に」期間中は真珠製品などお値打ち価格で豊富な品揃えとなっております。
またHPでご案内します。「ブログ見たよ!」でお安くなるかもです。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370 FAX:0773-64-3806
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

6月9日のさっき、明日からは梅雨入り予報の中、兵庫県の日本海側、カニで有名な香美町と新温泉町にまたがる「久斗山(くとさん)650m」に登山してきました(兵庫100山です)。
低山のため、なめてたせいか勾配もかなりキツく、気温も高く汗ブル山行。

かの有名な「余部鉄橋」を見下ろす「蓮台山(628m)」「カサハ久斗山(650m)」「久斗山(670m)」の三つの山を含めて「久斗三山」と言われいます。


(7:38)舞鶴から2時間、林道は鎖で通行止めなので、ココに駐車してレッツラゴーです。


熊出没の警告にビビりながら林道をジャイアンのように歌い突き進みます。


(7:50)本来なら起点となるモノ寂しい広場(ジェイソンが出そうなキャンプ場になっている)


コノ山ですが、標識が少なく(っていうかほぼ無い)登山口&道を間違えやすい。
スマホのGPSも一時フリーズし、紙MAPで左を進んだのですが間違いで痛恨のロスタイム!
↑両サイドに林道があるのですが、正解は真ん中のこんもりが登山口でした(ブー!!)


踏み跡が所々消える中、半信半疑で急登を進み、不安で心細くドキドキタイムが続きます。


激闘1時間の我慢タイムを何とかこらえ、不明瞭な登山道から抜け出し安定の登山道が現れました。


右が目指す「蓮台山」で続いて左が「カサハ久斗山」です。


新緑が眩しい。明日から梅雨入りみたいなのでこの瞬間をエンジョイします。


(9:20)「蓮台山」&「八幡神社元屋敷」
よーこんな所に住んでたなぁ(何かに追われて住み着いたのかなぁ~と勝手に推測)


尾根道はブナ林とシャクナゲが両サイドに続いています(シャクナゲロードやね)


絶景の予定が残念ながら終始景色が見渡せなく穏やかな日本海がチラッと程度。


遠くには「余部鉄橋」が見えていますヨ。


(9:53)「カサハ久斗山」に到着。
予想以上のダメージが。


尾根は延々こんな感じ。


うぅ~ん。ほんま景色が残念だべさ。


(10:21)ようやく「久斗山」に、、、しんどぉーーー。


(10:35)尾根道最終は「濃於美山」まで。
ココをオリャっと左折して得意の下山です(ヤッホー)


ゴリゴリ下山ですが最近踏ん張りがきかずシリモチをくらっているので駆け足は封印です。
(11:28)駐車場に一周で本日の登山は終了です。
せっかくなのですぐ近くの「余部鉄橋」にチラッと観光です。


昔の鉄橋の土台がそのまま保存されています。


道の駅になっているのですが、観光客が沢山おられます。
全着替えても汗のニオイがしたらいけないので違う意味でソーシャルディスタンス。


フムフム・・・


明治44年に鉄橋が建造されるやん。
当店の創業と一緒ヤン!


矢印のようにぐるっと約4時間弱、9.5kmのクタクタ山行でした。
でも自然の濃ゆい楽しい山でした(た)

(本日のYAMAP)

今週末「真珠まつり」開催いたします!
6月12日(金)~21(日)の10日間限定でグレースシオミ特設コーナーにて開催いたします。
「二十歳のお祝いに」「ブライダルに」「記念日に」期間中は真珠製品などお値打ち価格で豊富な品揃えとなっております。
またHPでご案内します。「ブログ見たよ!」でお安くなるかも

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370 FAX:0773-64-3806
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

「住塚山(1009m)」から「国見山(1016m)」の時計回り8.7kmの周回です。

大好きな奈良の「曽爾高原」エリアに荒々しく鎮座しています。
この辺りはGOODな山が多くオキニエリアです。


(8:00)時計屋さんらしくピッタリに「屏風岩公苑駐車場」を柔軟体操をして虫除けスプレーをしてレッツラゴーです。


この高さ200mある「屏風岩」ですが国の天然記念物に指定されています。


登山口は向かって一番左奥にあり一礼して山遊び開始です。
心の準備の間もなく、いきなりの激登に汗ブルです(気持ちイイ!!!)


おっ!ムーミンで見た「にょろにょろ」発見。
正式名所は薄暗いブナ林に自生する「銀竜草」やって(イメージとちがうイカツイネーム)


よー似てるやん。


「待ってました」とばかりに、顔の周りに虫が襲ってきます。


(8:36)雲の中の「住塚山(1009m)」に心臓バクバクで滑り込む。


景色は悪いけど空気がウマいので良しとします。
次に目指すは「国見山です」


一旦くだります(神様、なるべく水平に作ってください)


(8:50)「ゼニヤタワ」の分岐点、、、このポイントの名称は覚えれんわ。


雲も徐々に希望通り高くなり、神がかった奈良の山々が姿を現します。


「住塚山」から「国見山」までは気持ちイイ尾根道が続く。


(9:06)「国見山(1016m)」コースタイムよりマイナス30分(まずまず)


国を見る山っていうだけに昔は遠くまで望めたのでしょうが、今では山頂の景色は木々に囲まれてチラリズム程度。


まぁヨシやね(座ると虫に好かれる)


俺のコブシサイズのカエル様に遭遇。
勇気をだして手を近づけ撮影するのだがコワい(カエルの方が微動だにせず根性あるね)


(9:37)「クマタワ」分岐に降臨です(これも覚えにくいネーミング)
写真正面から降りてきて右折します。


コノ道は東海自然歩道やって。
※東は東京の八王子 ~ 大阪の箕面まで1697km続く長距離自然歩道です(いつかは挑戦したいなぁ)


(9:57)次は屏風岩の上を目指し、自然歩道からバイバイして右折。


1.2kmほど延々とアスファルト&コンクリート舗装が続く退屈な時間

(9:20)(YAMAP)を頼りに左折してようやく登山道へIN。
コノ道を真っ直ぐ行くと二度と思い出せない「ゼ・ニ・ヤ・タ・ワ」の分岐に合流らしい。


15分程登ると屏風岩の裏から表舞台に参上です(左には曽爾高原が)


「地震くるな!地震くるなよ!」と呟きなが崖下を覗くと駐車場が見えています。


写真ではわかりにくいのですがキレッキレの崖(吸い込まれそう)
一歩崖に踏み出せばあの世行き確定です。


ジグザグに崖を降り高度を下げ・・・


反対側の登山口「若宮神社」の裏側に汗だくで舞い降りてきました。


(10:53)駐車場に帰ってきて無事終了です。
ついさっきまでアノ屏風岩の上でブルブルしてたんやね。


全体を通して気持ちイイ山遊びでした。
おススメですね。いつも最後までお読みいただきありがとうございます(た)


(本日のYAMAP)

「真珠まつり」開催します。
6月12日(金)~21(日)の10日間限定でグレースシオミ特設コーナーにて開催いたします。「二十歳のお祝いに」「ブライダルに」「記念日に」期間中は真珠製品などお値打ち価格で豊富な品揃えとなっております。またHPでご案内しますね。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370 FAX:0773-64-3806
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

日本クライミング協会公認の名門ブランド「PETZL(ペルツ)」とのコラボレーションモデルが登山に最適のプロトレックより限定登場です。5/29発売開始。

普段使い用のシリコンバンドとともに、ペツル製のクイックドロー(カラビナ)「スピリットエクスプレス」がセットされ、アウトドア好きにはたまらない逸品となっております。


PRW-60YJP-1JR  ¥61,000(税込¥67,100)

お求めは信頼・安心の “CASIOコンセプトショップ”
京都舞鶴グレースシオミまで
0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村

グレースシオミでは、時計のちょっとした修理からオーバーホール、
電池・バンド交換もさせていただいております(まずは無料見積もりを取ります)
他店で断られた時計もお気軽にお問合せください。

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

グレースシオミオフィシャルHP

ホームページはこちら!

ランキング参加中!!

アーカイブ