» 山のブログ記事

6月21日(火)のさっき、関西の登山では常にお勧めヘビロな「芦屋ロックガーデン」へ、7.3kmの完歩を楽しんできました。

「阪急芦屋川駅」~「芦屋ロックガーデン」~「風吹岩(447m)」~「東お多福山(697m)」~「東お多福山登山口バス停」~バスで15分「阪急芦屋川駅」着の周回コースです。


梅雨シーズン真っただ中、Yahoo天気予報では昼からの雨予報なのに、駅に着くと雨が降ってるやん!
駅周辺はキレイな洋館や街並み、また小学生も清楚な制服で通学。「これが芦屋か」と納得。


駅近くのコインパーキングに車を停車させていただき、小雨がちらつく中、人目を気にし小さな柔軟体操でレッツラゴーです。
街中を走る八割以上の車は、Mercedes-Benz・BMW・Audiばかり、やっぱり芦屋はおそるべしエリアです。
(ちなみに黄色ナンバーは一台も見ていません)


各車庫から高級車がズラリと揃う関西の高級住宅エリアをようやく抜けると、緑が深い森への入口が顔をのぞかせます。


おっ!よく見る登山口発見。


この登山者向けの「滝の茶屋」を抜けると・・・


落差10m程の「高座の滝」と「護摩堂」が現れます。


こじんまりとした滝でマイナスイオンのシャワーを浴びますよー。


では気合を注入して本格的な登山開始です。


ゴリゴリ険しい岩場の連続に伏目がちになりそうですがワクワク感がそれを勝る。


熱帯雨林気候のなかえげつなぁーいほど汗が吹き出し、汗なのか雨なのかインナーがずぶ濡れ。


花崗岩の岩場が登山道をナイスな演出、大人のテーマパークやぁ~


振り返ると憧れの神戸の街並みがチラっと。
雨と蒸し暑さが相まって森林浴を楽しんでいる余裕はありません。


体幹と頭をフルに使う登山(たのしぃーブゥー)


1924年に近代のロッククライミングはココから始まったらしい。


本日、雨の火曜日は登山者の姿はほとんどなし(独占です)


(9:15)「風吹岩(447m)」GET!


ところで、どれが「風吹岩」なのかわからず出発してしもた。


ゴルフ場の中を縫うように登山道が続きます。


「雨ヶ峠」分岐。ほんまに雨やし。


ガスに覆われたススキの草原が幻想的。


あれぇー山頂はどこかいなぁ~?


(10:55)「東お多福山(697m)」GET!と思いきや、YAMAPで位置情報確認すると、もう過ぎてるやん。
こちらもどこが山頂だったのかスルーしていました(戻る気力ゼロ)


ほんじゃ~バス停へ向かいますよー


(1時間に1本程度の地方あるあるバス停)
15分程度のバス中は全身ずぶ濡れのため席に座れずユラユラ立ちんぼ状態。
アウェー感100%の乗客目線が気になる小心者(た)は肩身が狭く息苦しかった(小銭を出すのも一苦労)

(本日のYAMAP)

ロックガーデンは岩場のバリエーションが豊富で山ガールに人気コースなのがうなずけます。
都会のすぐ裏手にこんな素晴らしいテーマパークがあるのはうらやましいですね。
ショートコース、ロングコースと多彩なコースが広がり、おススメですよ(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

5/31(火)、念願だった西日本最高峰「石鎚山1982m」にピストン山行です(しっかし京都舞鶴からは遠かったなぁ)
登山口までは天空の路「UFOライン」を通りたかったのですが、地元の役場に伺うと、土砂崩れで片側交互らしく、遠回りだが比較的緩やかな県道をおススメ。

今回は「土小屋登山ルート」をチョイスしました。
「弥山(石鎚神社頂上社)」を経由して「天狗岳」へピストン山行です。


まず前日に車で瀬戸大橋を初渡り、愛媛県西条市に移動、準備と気合いは120%です。


坂出ICを出て、まずはうどん県で腹ごしらえ。


口コミで人気の「なかむら」さんでツルツルタイムです。


この昭和感ある食堂スタイル「かけうどん大¥350」に「ちくわ¥120」と「サヨリ¥140」の天ぷらをチョイス。


うどんは当然だが出汁がウマい!店員さんもとても親切です。
お腹も心も満たされ今宵の宿泊地、愛媛県西条市に西へ西へと移動
四国のでっかさにも疲れる。


目的地の「いよ小松IC」にある道の駅に巨大「モンベルショップ」が併設されており、そちらにおじゃましまんにゃわ。


ショップ館内は登山グッズの販売だけではなく、クライミング施設など体験ゾーンが充実。
モンベルの商魂がアツいぜよ!
そして一日目は終了・・・

いよいよ決戦当日、前日の雨が残る早朝の街中よりオリャっと山道を約1時間30分(しんどー)
(8:30)人気の「土小屋登山口」から前のめりでレッツラゴーです。
駐車場には5台ほど先客あり。


お昼からのはれ予報に期待し、ガスの中を進みますよー。


前日の雨でぬれた木製の歩道は、ニュルニュルで非常にキケン(どこを踏めばいいのやら)


危険個所には不安定ではあるが木製の歩道が続きます。


幻想的だ。


時より立派なベンチもあり登山者の方々が休憩されています。


本日はセカセカせずに、憧れの霊峰「石鎚山」を満喫します

でも景色が全く残念。


本日は「くもり時々菓子」かな。


天空へ続くニュルニュル階段。


不安しかない・・・


落石注意エリアで木道が崩落しています。
でっぷり腹の空気をぬいて(ふぅー)恐る恐る・・・


📍「二ノ鎖元小屋の出会」土小屋コースと成就コースと合流。
急に登山者が増えます。


天狗のお地蔵さんにもご挨拶。


ロッククライミングのような「二ノ鎖(65m)」
かなり悩んだのですが、前日の雨で足元がニュルっているので勇気ある断念、無念じゃ・・・


鎖場の迂回路です(急がば回れと自分に言い聞かせ)
こんな山奥に鉄製のハシゴ。よー設置したなぁ。


空に浮くハシゴですが、山肌に張り付いており基礎部は大丈夫かなぁ?と不安しかない。


そんなこったで、石鎚山頂が見えてきましたよー


(12:00)「弥山(1973m)」念願の山頂をGET!
山頂には10名ほどの登山者とロープを体に巻き付けたクライマーの猛者もおられ人気がうかがえます。


真っ白やし必要ナッシング。


立派な「石鎚神社」だ!失礼します!


⛩狭い山頂エリアに、頂上社・山荘がひしめき合っています。


山岳信仰の聖地「天狗岳」が雲の間から顔をのぞかせました。すごぉーー!


神社裏にある「三ノ鎖(68m)」を上から望むと、ほぼ垂直じゃん。
まさに「修行の山」だ!!


迂回路選択に納得をして、ご褒美のランチタイム突入です。


背を望むと吸い込まれるそうな断崖絶壁、前のみを向いてぱくつきます。



となりのおじい様と会話をすると、東京在住で10年前に四国八十八カ所を49日間で済ませたが、この山のケーブルカーの時間が間に合わず、ようやくの想いで本日ココでフィニッシュだとか(10年越し)
「では記念に写真をお撮りましょう」とパシャリ!大変喜んでいただけました。
「これであの世に行けるわぁー」と言って「天狗岳」に・・・(おいおいまさか


顔出し禁止の(た)、初おのぼりショット。


天気予報通り雲が抜け、「天狗岳」の全容がテッテレー。
では、いったん山頂にザックと今までの人生の想いでを置いて私も「天狗岳」のピークに根性試し。


キレッキレの稜線で慎重に四つん這いになりながらドキドキがイイね!


横に顔を向けるとこんな感じ。


日本100名山、四国のてっぺんを取ったどぉー!!


いきはよいよいかえりはこわい~

「天狗岳」から振り返ると、ザックと想いでを置いてきた石鎚山山頂と神社。
あんな猫の額みたいな場所に神社と山荘が凝縮。
ゆっくりのんびりし過ぎたので14時下山開始となってしまいました。


帰路の登山道もようやく雲も晴れて「天狗岳」が見えました。
あんな先っぽにいたんですね。
このあと片道450km、夜中に帰宅、かなり疲れましたが大大大満足の山遊びでした(た)

*****************************************************
【告知】6月11日(土)12日(日) グレースシオミ111周年記念の「ジュエリーフェスティバル」を開催させていただきます。
宝石のお祭りをコンセプトに、お気軽に楽しんでいただける展示会として開催させていただきます。
ご来場いただいたお客様が、素敵な商品と出会えるようにたくさんご用意しております。
皆様のご来店お待ちしております。
 

 

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

5/17(火)のさっき、奈良県宇陀市にある「伊那佐山(637m)」「井足岳(550m)」に里山ハイクを堪能してきました。

反時計周りで「伊那佐山」→「井足岳」→「榛原集落」の人気の一周コースです。


(8:25)「伊那佐文化センター」に登山者専用の無料駐車場がございます。
雨もパラツキ、不安な気持ちでストレッチ完了し元気に飛び出しますよー(いくぞー)


集落には登山者用に無料で杖の貸し出しがあります。
1300年の歴史がある奈良県民は懐が深い。


今日は曇り空で気温も寒くメタボ冬っ子(た)にはナイスコンディション。


集落奥の脇にひっそりと登山口があります。


道中は石碑が多く終始整備されており、道迷いの心配もなく歴史に彩られた山だとわかります。


鳥居をくぐりるということは登山道というより参道に近いのかな?


たまに心臓爆つく急登が現れますが比較的緩やかで距離があるという感じ。


今にも崩れてきそうな不安定な岩肌がせり立ってます。
そろりと歩きましょう。


少し寄り道をしてNEWベンチが設置されている「天狗岩展望台」へ。


景色のご褒美を堪能して山頂を目指します。


(9:43)「伊那佐山」山頂にニュルりと。


伊那佐山山頂には「都賀那岐神社」が鎮座しています。
こんな山奥ですが整備・管理がしっかりなされており地元民に愛されている神社だとわかります。


神社裏手にわずかにチラリズムですが・・・
(景色は疲れを吹き飛ばす最高のご褒美です。どうか枝払いをお願いいたします)


伊那佐山~井足岳までジャイアンのように棒で蜘蛛の巣を払いながら尾根ウオークです。


(10:45)「井足岳」GET!


定期的にご挨拶に来る虫たちを追い払い最近マイブームの休息タイム突入。
早めのランチなどをいただきますよー
ほんでもって下山開始です。


恐ろしく密な杉林。下が全く見えん違和感しかない。
結構倒木も点在し山の整備はかなり大変なのでしょうね。


こちらの展望台にもベンチが設置されしっかりと整備されています。


「岳山536m」立派過ぎる表示板


所々展望が望めますね。


グリーンに輝くコガネムシ君を発見。
Googleレンズで調べたら「糞虫」とのこと。
「オレ、ウ〇コ、スキヤケド、キレイニカガヤキタイワ!!」と願えば、糞とは程遠いこんなキレイなカラーに進化できるのですね。


榛原集落までおりてくるとお尻の白いシカ2頭に遭遇。
(奈良やし鹿と共存をしているのでしょうかね)

背中が青藍色でお腹は赤褐色のヒヨドリ(たぶん)が餌をついばんでいます。
邪魔しないよう御食事タイムを少し様子見です。


ラストは伊那佐文化センターまで「THEニッポンの原風景」を里抜けウオーク。
この山々は「大王地区まちづくり協議会」や地元の方々のご尽力が見て取れる整備された一周約8kmのコースでした。
体力に自信が無くても楽しめるおススメ周回コースですよ(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

長かったGWも終わり、そろそろ新入社員に「5月病」が襲う5/10(火)

お昼から舞鶴のおとなりさん、福井県小浜市の南側にある「飯盛山」へサクッと低山ピストンです。


「青葉山」「多田ヶ岳」とともに“若狭三山”と呼ばれているらしい(これで三山完歩)


⚓海の京都、舞鶴から1時間弱。「飯盛寺駐車場」に¥300で停車させていただきました。
(13:01)2頭の番犬が交互に「ワン!ワン!」うるさく吠えられ、せわしなく筋肉を伸ばしレッツラゴー!です(うっさいわ!)


「飯盛寺」山門を横目で拝観し、目的の山へと歩を向けます。
(ちなみに拝観料は¥400)


「YAMAPコースタイム」登りが1時間35分なのでおもんない舗装道路をのんびりテクテク


広場の中央に大きな岩が居座るココが車止め終点。


「登山口」です。山頂はどんな景色が待っているかお楽しみです。


5月も中旬で虫の襲来にイラッと感80%で、右手の「不動の滝」をチラチラと。


不安しかない結束のあまい長い2本橋を渡りますよ。


オレ重いで!しなってるやん、大丈夫か?」と短い歩幅で。
(ポチャッたら帰ろっとと決め込む)


登山道は全体的に整備が少しよろしくないような感じです。
また📍マークの間隔が広く、大きなコースアウトはしないのですが、細かな道迷いが多発します。
(※女性で一人は心細い感じ。小浜市さま、整備をお願いします)


我慢の急登でハァハァ尾根に出ると一気に光が差し込みます。


癒されるぅ~こうでなくっちゃね。


ブナの優しい柔らかな光、最高のご褒美です。


(2:08)「飯盛山(584m)」山頂GET!


OBAMA市内が少しだけチラリズム(木々が邪魔やん)
景色は少し残念ですね。


一応、今更ですがぁ、あるある三角点にタッチ。


最近マイブームの山頂まったりタイム突入です(20分間)
本日はカロリーオーバー疑惑があるBIGヨウカンです(ようかんでね)
普段は甘過ぎて食べれないのに山頂では美味しくいただける不思議ヨウカン。


下山の途中にもチラっと景色が望めましたがやっぱり残念。


久しぶりにキレイなアリジゴク集落に遭遇。
(幼い時にわざとアリンコを入れてたなぁ~と反省)

(本日のYAMAP)
(15:23)駐車場に帰還、またまたワン!ワン!とうるさくはやしたてられ、せわしなくお着替え(ほんまうっさいわ!)
往復4.2km、2カ所ほど急登が現れますが、比較的サラッと遊べる山でしたよ(た)

 

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

4/26(火)のさっき。三重県亀山市にあります「高畑山(773m)」に山歩きに行ってきました。

「懐かしい国道1号、鈴鹿峠やなぁ~」と大学の時、🏍鈴鹿サーキットに「鈴鹿8耐」を見にバイクで行った事を回想しながら峠トンネル脇を右折して山へINします。


(8:40)巨大な「万人講常夜燈」が現れます(デカ!)
270年前に鈴鹿峠に建てられた常夜燈とのこと。


関西と東海を別ける鈴鹿峠ですもんね。そりゃ歴史があるのも納得。
この公園に駐車させていただきます。


少し進むと江戸と京都を結ぶ旧東海道にが現れ、登山口がひっそりとあります。


東海自然歩道にもなっており当時は多くの人の往来があったことにロマンを馳せます。


夜には山賊も出たんかぁ?とか想像しながら山歩き開始です(では行ってみよぉー)


げっ!楽々ハイクと決め込んでいましたが、いきなりの急登が立ちはだかる。


芸術的な木の根が露出してイカツイ(この根を踏むとすってんころりんパターン)


我慢の40分で高度をかせぎますが、湿度の高い真っ白の世界に心も体もげんなり。
私の天パーもクリクリにカール。


🕷クモ巣マンションを発見。
露で糸が白くなりこれはこれでキレイです(密集でご近所トラブルにならんのかな?)


展望台であろうポイントに辿り着いたのですがやっぱり残念。くっそー白!!


(8:37)ガスガスの「ナイフエッジ」へ。
この山一番のアトラクション。


「オラ、ワクワクすっぞー(孫悟空風)」よじ登ります。


何やねん、、、白!!


でも登山道は鳥たちの会話に引き込まれ和ましてくれます。


もうすぐGWなのにまだ風は冷たい。
脂肪をまとった冬っ子(た)にはちょうど良いけどねー


(10:13)オール白の「高畑山(773m)」イタダキ!
天候が怪しいので小休止して下山開始です。


可愛らしい小さな白いお花「アセビ」(こんな写真撮るなんて歳食ったなぁ)


またまたきしょいイカついフォルムの大きなケロちゃん発見。
「動くな!絶対に動くなよ!」と、大きさ参考のため根性で指を近づけるのですが震えが止まらない。
そんな終始雲の中を歩いた「高畑山」でした。


この「高畑山」ですが調べると「亀山7座トレイル」のひとつやって(知らんかったなぁ)
①「錫杖ヶ岳 (2021.10.20)」②「野登山 (2021.11.23)」③「高畑山(本日済み)」。
残り④「仙ヶ岳」⑤「臼杵ヶ岳」⑥「四方草山」⓻「三子山」の後4つあるやん。
「カメヤマセブン」を制覇する新たな目標が生まれた山遊びでした(た)

——————————————————————-
「レディスウォッチフェア」5月30日まで開催しております。
通常よりレディスウオッチをたくさん取り揃えております。
※5月8日(日)は母の日です。プレゼントにいかがですか?

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

4/12(火)のさっき、松阪市オフィシャルマウンテン『まつさか香肌イレブン』
11座制覇に向けて本日は「木梶山(1230m)」一周時計回りで遊んできました(疲れましたが)

地図上に「中級」としっかり明記してあったことに気づかず、いつもの調子で余裕のよっちゃんで挑み、我慢の連続でした。
※ちなみに『まつさか香肌(かはだ)イレブン』とは、①局ケ岳(2021.8.31)、②栗ノ木岳、③三峰山(2018.2.13)、④高見山(2017.4.18)、⑤木梶山、⑥明神岳、⑦桧塚、⑧池木屋山(2021.6.1)、⑨迷岳、⑩烏岳、⑪白猪山(2022.2.15)です。


(9:05)⚓日本の平和を守る海上自衛隊のある街、舞鶴からクタクタの約5時間。
「キワラ滝登山口」にゲートがあり車はココまで(キワラってどういう意味やろ?)
「木梶不動尊」に一礼しレッツラゴーです。


約1時間のおもんない林道沿いには大小多くの滝があり、マイナスイオンのシャワーが浴びれます。


林道脇にはメッチャ可愛い花が咲いていたのでパシャリ!
🌼これはキレイやなぁと私の感性がビビビッと。
後ほどGoogleレンズで調べたら「ハシリドコロ(走野老)」といい、名前の由来は食べると狂乱状態になり走り回るほど苦しくなるのだそう。俺のビビビッ感性恐ろしやぁ(笑)


(10:10)長めのウオーミングがてら、木梶林道終点にやっと📍「木梶山登山口」が現れます。


この登山口は、いきなりの激登で「心臓爆裂物語」です。


汗だく我慢の20分ほどで稜線にでます。


ブナなどの広葉樹にはまだ葉がついていなく、木々の間から景色も望めます。
お天道サンの光のシャワー(紫外線)も浴びます。


(11:28)「木梶山(1230m)」山頂GET!
🍫チョコを注入してしっかり休息タイム突入。


「ヘイベイ平」を進むと大好物の尾根歩きです。


向かいの尾根を左から右へと一周します(まだまだかなり遠いなぁ)


遠くには奈良県桜井市(たぶん)がチラリズム。


春の暖かい風が心地よい。


(12:16)のんびりと「木梶の辻」に

「馬駈ヶ場」の尾根道はメッチャキレイで隣の山には所々雪も残っています。


(13:45)台高山脈の起点となる「馬駈ヶ辻(1320m)」の三叉路。


光のシャワーを浴び、延々と続く稜線は非日常でおススメですよ(虫も増えてきました)


ひと息、夏の高原の香りが漂い、どことなく懐かしさも感じ、スイスの別荘を思い出す(←うそ)


人気のスポット「赤ゾレ池(ハート池)」まぁ確かにハートやけど。


(14:20)「伊勢辻山(1290m)」台高山脈北部縦走路へ。


カナダ産ココナッツ味のオーガニック&ナッツバーを注入。
ハイカロリーで口の中が(日本人には)アマアマやなぁ。


「わぁ!デカ!キショ!」恐る恐る拳サイズのカエル君に手を近づけ「絶対動くなよ!」と念をおくり根性試し。


左の奥が関西のマッターホルン「高見山」です。
本日は木梶山周回コースですが、14㎞以上あり、登りごたえ120%の楽しい山遊びでした(ちかれあたぁ)


(15:42)睡魔と心地よい疲れの中、📍最後のポイント「ハッピのタワ(峠)」まで来ました(こっちはアンハッピーじゃい)


「最後にケガをするんやぞ!」と言い聞かせ、恐ろしい程の急登を注意深くブヒブヒ下山すると・・・


ようやく木梶林道の途中に合流。
ここから駐車場までまたまた約1時間の苦痛の行進です(足が痛いし)


17時過ぎ駐車場に無事到着しました。
これで『まつさか香肌イレブン』6座目、ここは距離があるため周回の方は早めのスタートをおススメします。
残り5座は年内にはなんとは制覇したいなぁ(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

お楽しみご当地アルプス“第7弾”
3/29(火)兵庫県加古川市と高砂市にまたがる「播磨アルプス」でのんびり岩稜歩きしてきました。
 
鹿島神社」→「鷹ノ巣山」→「馬の背」→「高御位山(たかみくらやま304m)」→「長尾登山口」→「鹿島神社」と周回です。


この左の山から右の山へとぐるっと周回します。


 (8:50)大鳥居前駐車場(無料)に停めさせていただきました。
この巨大な鳥居はチタン製なんですって(おぉーチタン製腕時計何個つくれるんやろぉ)


それではバキバキに固まった筋肉をほぐし「鹿嶋神社」からレッツラゴーです。


少ない賽銭で本殿に一礼し、本日の無事を祈願(気持ちが大事やね、気持ちが・・・)


本殿左にある小さな⛩鳥居が登山口となっているパターン


巨人しか歩幅が合わない湿ったあるある石段を登りきると・・・


景観を考えてない見晴らしの良い青い展望台を発見。
その左側の壁を両ひづめも使いさらにブヒブヒ高度をかせぎます。


織田裕二風に「キターーーー」と心の中で叫びます。


遠くには豆粒のような登山者の姿も見える(まっちょれよー)


まさに自然が創ったアスレチックやぁ~(彦摩呂風)


今日は暑いなぁとしばし休憩タイム。
あの正面が目指す「高御位山」です。


ほんでもって「鷹ノ巣山」GET!
💛ここからは大好物のアップダウンの稜線歩き。


低山(少し物足りないが)ですが想像以上のロケーションが広がっており、瀬戸内海や市街地が一望できます。


まさに非日常でワクワクが止まらない(ワクワクでしかない)


後ろを振り返ると来た道と遠くには姫路市内の街並みが。


ちょうど真ん中の「市の池公園分岐」でチョコレートを注入。


ゴールは遥か遠く。


すれ違う登山者は比較的軽装が多く、がっつりウエアーが少し恥ずかしくなる(た)


所々殺風景な登山道に淡いピンク色のツツジが咲き癒される(こんな写真撮るなんて吾輩も歳取ったなぁ)


大きな一枚岩の急登をブヒブヒ駆け上がると・・・


疲れることもなく山頂です。


(11:05)「高御位山」山頂ゲッツ!
火曜日のド平日にもかかわらずテンション高めの多くの登山者がピーチクパーチクとても賑やか。


遠くには「姫路城が見えてますよ」と、他の登山者がおっしゃるのですがどうしても見つけられず(メガネ作ろかなぁ)


すんごい岩場に人影がありますね。


タイトル『ヒトリコンジョウダメシ』


大好きな小豆島も見えているらしいのですが見えず残念。


高砂市の街並み


遠くには「淡路島」の山々もかすかに見えます。


まさに天空の小さな神殿です(素晴らしいですよ)



山頂の「高御位神社」の社殿は東南方向の伊勢神宮を向いており、
聖地、伊勢神宮と出雲大社のちょうど真ん中にありパワースポットとしても有名らしい(しらんけど・・・)


所々に防火タンクが点在し、おもしろ語録が明記してあります。


いちいち読んでまうやろ!


さぁ人気スポットをあとに下山開始ですよー


阿弥陀町長尾の村まで壁に沿って降りていきます(阿弥陀って)


女性二人がお弁当を落とし叫んでいた山頂を下から(人でなくて良かった)


低山なのに気分上がりっぱなしの「播磨アルプス」
この山はおススメ☆☆☆つ!!気軽に遊べますよ(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。/

最近ポカポカ陽気が続き、花粉で目のカユイ3/15の火曜日。
夕方から用事があるので最短で楽しめるココをチョイス。

兵庫県宍粟市の「笠杉山(1032m)」でサクッと山遊びのはずでしたが・・・


駐車場のある「📍千町やけの小屋前(総合作業施設)」に向かうと林道に想定外の雪がモリモリ現れる。
車では無理と判断して一旦手前の上千町広場までUターンをかます。


(10:32)この広場を本日のスタートとしました。
舞鶴から2時間半、🍻前夜の二日酔いをほぐしてレッツラゴー

「📍千町やけの小屋」までワープできず、雪の深い林道歩きに大苦戦。


両足をとられ通常の2倍の体力と時間がかかる。


心が折れそうなくらいの積雪でスノーシューが必要でした。
それと減量しないとね

脇には、つぼみのかたそうな「ミツマタ」が群生(まだまだ春は遠いよう)


本日は時間がないのでこの山をチョイスしたのに・・・
何度も“撤退”が頭をよぎったのですが前進あるのみ。


鹿の足跡しかないのでこの数日は誰も入山していない様子。


(11:05)我慢の40分で「📍千町やけの小屋前」に到着。
本来ならここに駐車する予定でした(ワープ失敗)


南向きの広大な施設は雪が少なく陽ざしのシャワーが降り注いでいます。


雪に閉ざされ無音の静まり返った誰もいない山奥の公園施設、恐怖映画(シャイニング)を連想させます。


ではこの施設の裏山から再度登山開始(怖がりはもう疲れてるし・・・)


南向きの斜面は雪が無いので楽々なのですが・・・


たちまち雪が現れ心がポキッ!と鳴ります。


登山道が完全に消え、GPSで確認するのですが見つからず、秘技「道なき道作戦」を発動!!


クタクタ四つん這いで、何か知らんけど林道にひょっこりはん。


しかしGPSは直ぐに急斜面の山へと誘う。


またしてもクタクタで這いながら、またまた林道に(ガードレールを越える積雪量ですよ)


GPSはまたまた山へと誘う。


背中に日光を浴びながら最後の急登を蹴散らかすと・・・(しんどいけど楽しいM男)


おっ!そろそろやんけー!!


ジャジャーン(12:05)「笠杉山(1032m)」イタダキ


ココから先は雪の下がどうなっているのか想像できないのでstop。


素晴らしい景色が広がっています(氷ノ山方面)


木々に葉がついていないので360°見晴らし良好。


稜線がキレイでもう一度お世話になりたい「段ヶ峰(1103m)」も近い。


ホント撤退しなくて良かったぁ・・・


(ジャジャーン!!)🥌モグモグタイムだよねー。
本日はカナダ直輸入の「オーガニック&フルーツバー」でエネルギーを注入しました。


帰路もズボズボ落とし穴に埋まりながら太ももプルプルで無事に駐車場に戻れ一安心。
想定外でしたが楽しいチョイ雪山登山でした。

(本日のYAMAP)
この笠杉山ですが少し早かったような感じです。
あと一か月後なら最高かな(た)

 

※お知らせです※
3月21日(祝月)まで「カジュアルバッグフェア」を開催しております。


皆様のご来店お待ちしております。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

紫外線シャワーが降り注ぐ3月8日(火)のさっき。
大好きな奈良県宇陀市にひっそりたたずむ「三郎岳(879m)」にルンルン山遊びしてきました。
古都奈良から三重県へと続く歴史に彩られた伊勢本街道沿いに「マウントサブちゃん」がそびえています。
祭りだ、祭りだ、祭りだ、豊年まつり~)が頭の中をヘビロテ。


(8:40)舞鶴より激走4時間強。
↑登山口のある「小峠」より時計屋さん周りでレッツラゴー!します。


準備体操をしているといつのまにやらズボンの裾にちゃっかりと。
今シーズン第一号の「山ダニ君」を発見ダニー。
コンパチで蹴散らしましたが心配性の(た)は、このあと最後まで足元確認に気の取られる“うつむきハイク”決定です。


春先の低い笹薮ゾーンをジャイアンのように棒を振り振りダニを蹴散らし、最初ピーク「高城山(810m)」を目指すリアルジャイアン。


急登もあり登りごたえがありますねぇ。


(9:15)あっという間に「高城山」をGET!



古事記や日本書紀にも記載されている歴史ある山なんですって(ふぅ~ん)


しかし植林された杉のおかげで眺めはイマイチ。
では本日目的の「三郎岳(879m)」へと向かいますかぁ(祭りだ、祭りだ・・・)


今では少なくなったアカマツの間からサブちゃんが顔をのぞかせています。


「高城山」から「三郎岳」への稜線は、鞍部や岩山の連続で「まさに大人のテーマパークやぁ(彦摩呂風)」


眺めもGOOD、空気もうまし、サイコーやん。


ラストスパートの激登をハァハァすると・・・


(10:15)「三郎岳(879m)」山頂にクラクラ到着です。
虫もいなく穏やかな陽気の中、しばし休憩タイム突入。


こちらの山頂からの眺めは最高で、関西のマッターホルン「高見山」や「大台ケ原」をまで見渡せます。


清々しい空気のなか胸いっぱい深呼吸。


これやからや山登りはやめられないのですねぇ。


よく目にするお決まりのタッチィーーー(いつもはしないあまのじゃく(た))


ご近所の「住塚山」や「具留尊山」もコニャニャチワしています。


遠くには「古都奈良」も望めます。ほんじゃ先を急ぎましょう。
15分ほどブヒブヒ下山すると、こんな山奥の大きな岩に石仏が彫られているのを発見!
なんちゃって歴史学者の(た)としては少し寄り道をすると・・・


木々の間に

うわっ!!シカや!!!


こちらは焦っているのにゆったり堂々とこちらを眺めています(山神様やぁ)
時おり顔を背けたり、かいたり、リラックスの特別天然記念物の二ホンカモシカ。
3分ほど下手な口笛と得意のテレパシーで意思疎通をしたのち山の奥へと消えていかれました。



以前、岐阜県「鍋倉山」で遭遇し、今回で二度目まして。
http://www.manekineko-k.com/shops/fashion/shiomi/blog/?p=17162(2020.10鍋倉山)

山神さまに感動で気を取られて完全に石仏の事はまさかのスルーをしていました(すみません)
※ちなみに「明開寺奥の院・磨崖仏」でした。


カモシカ遭遇ラッキーDAYで、フワフワ気分で軽やかに先へと進むと「伊勢本街道」に合流。
昔はこの道を大阪、奈良の都からお伊勢さんへ草鞋で詣でしていたのでしょうね(先人は凄すぎ!)

(本日もハナタレ氷柱発見)
今日は暖かい小春日和なので(た)ハナタレしていません(もうすぐ花粉でハナタレますが)


⛩「愛宕神社」、全国どこにでもありますね。


🦋ポカポカ陽気の中、「THE日本の原風景」まで降りてきました。
春はそこまでやってきていますね。

(本日のYAMAP)
この歴史情緒も感じられる「三郎山」は登山道も整備されており登りやすくおススメの山でした。
最後までお読みいただきありがとうございました(た)

 

※お知らせをさせて頂きます。
3月11日(金)~21日(祝月)まで昨年も多くのお客様に大好評だった 年に一度、恒例の「カジュアルバッグフェア」を開催させていただきます。


👜全てのレザー商品が¥8,500~30,000までのお値打ち価格がズラリ。
リュック、ショルダー、ボストンバッグなど気軽に普段使いできる新作アイテムが100点以上揃います。
皆様のご来店お待ちしております。

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

3月1日(火)本日は滋賀県比良山系の南部にある「霊仙山(750m)・「権現山(996m)」・「ホッケ山(1051m)」にルンルン周回山遊びでしたが・・・

まずは↑この地図どおりに「霊仙山」から「権現山」、ほんでもって「ホッケ山」と周回計画。


いつもヘビロで利用させていただいているお気に入りの「道の駅妹子の郷・和邇IC」で手洗いを済ませ、山へと向かいます。


(7:30)栗原登山口駐車場に駐車をさせていただき、準備体操してレッツラゴー!ゴー!
ド平日にもかかわらず、先客がおられます(人気がうががえます)


アスファルト舗装の終着点に「霊仙山登山口」と「無線中継所」があり、電磁波をくらって、いつもの登山道へINします。


植林されたおもんない杉林の急勾配


さすが比良山系、3月ですがモリモリ雪の出現で足への負担が5割増しです。


(8:35)「霊仙山」をGET!
50㎝以上の白銀の世界の中、小休止で満喫。


ハイカロリーバー「🍫一本満足」を半分食べて「🍫もうすぐ満足」。
向こう正面に見る山が目指す「権現山」です。


一旦、下山して📍「ズコノバン」の分岐地点へ向かいます。
定期的に膝上まで落とし穴のようにズボッと“ズコノバン”します。


(9:25)ようやく「ズコノバン」分岐
「ズコノバン」といい「ホッケ」といい変わった呼称やなぁ。


ココからは保険でザック底に忍ばしている軽アイゼンを装着しパワーアップ!


優雅に飛ぶ鳥たちのように、もおだてりゃ高度を上げる~


🎀木にくくられたピンクの登山マークも乏しく、また1m以上の積雪で登山道は完全に消え、多くの登山者の足跡が散らばっています。


ボッコボコ落とし穴にはまりながら、時間とエネルギー消費で(o|o)カラータイマーがなります(でも痩せられない)


無音の世界、加齢によるセミの鳴き声が頭に響いています。


伝わりにくいのですが、かなりの激登ですよ。


👹山頂手前のラストスパートが40°以上の鬼登!


右を向けば近江の国。


左を向けば京都の北部の山々と、登山をかじりだした頃、初めて道迷いで苦しめられた思い出の深い京都最高峰「皆子山」が鎮座しています。


(10:53)肩で息をしながら「権現山」GET!


「疲れもぶっ飛ぶ予想以上の大展望が広がっています!」
が、、、やっぱり疲れはぶっ飛びませんね。


さっき🍫一本満足していた「霊仙山」を振り返る。


琵琶湖大橋から対岸の「近江富士(三上山)」、さらに遠くには鈴鹿山脈が伸びています。


先の「ホッケ山」に向かう予定でしたが、天候が怪しく積雪に体力と気力が失われココで「🍫一旦満足」と勇気ある断念をしました。


京都北部の山々を見つつ、体をぬける冷たい風で身も心もフリーズ状態です。


↑あれが目指す予定であった「ホッケ山」とその先の「蓬莱山」
「よっしゃ、今日はこれぐらいにしといたるわ!(池乃めだか風)」


(湖北方面)日本一の大きさ、日本一美しい琵琶湖に納得。


ホッカイロをたくさん持参したら良かったぁと後悔しながら、ブルブル震えが止まらない指先で☕ブレイクタイム開始。


メタボ気味の方はこんな感じで膝上までずぼりんちょ。


俺の鼻水より少し大きい氷柱。


帰路は凍りついた林道を足早に下山。


可愛い足跡もこの季節ならではですね。
ここ比良山系のコースですが春夏秋冬、どの季節に登っても素敵な世界観を感じらる本当におススメな山々です(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

グレースシオミオフィシャルHP

ホームページはこちら!

ランキング参加中!!

最近のコメント

アーカイブ