» ジュエリーのブログ記事

日本列島を今季一番の最強寒波襲来の1月24日(火)のさっき。
「宍粟50山」の全完歩を目指し「三辻山(962m)」へ山遊びをしてきました。
お昼から用事があるので本日はショートコースを選択。

兵庫県神河町(←良い地名やなぁ)にある播但連絡道「神崎南IC」を過ぎ、県道8号線を西へに西へ山奥へ。


かなりの標高をかせいで「坂の辻峠」を左折してさらに林道へ進むこと5分。


(7:45)真っ白になった大きな駐車場にツルンと滑り込み「三辻山登山口」から出発します。


モリモリを想定し、期待と少しの不安の中、いつもよりチョイ厚着コーデでレッツラゴーです。


雪中行軍の覚悟で参ったのですが雪ないじゃん。


少しずつ白くなってきましたけど少なめ。


植林された単調のおもんない杉林を駆け足で急ぎます。


たまに登場する急登(ふぅ~ん、かかってこい!)


すると明るい稜線に出ました。
📍標識には「右は姫路市最高峰(片道約1時間)の山」、「左が三辻山すぐそこ」です。


何も疲れることもなく、過去一番の最短登山道かも(天保山があったわ)


(8:11)ほんでもって「三辻山」GET!
物足りなさ120%ですが、このあとの用事と夕方からの大雪に備え、ピストンでいそいそと登山口へ。




宍粟の深い山々(氷ノ山など)が見えているはずですが真っ白けのけ。


静かな山頂に高圧鉄塔から響く「ジリジリジリ・・・・」と不気味な音。
(この場所に居たらカラダがスパークしそう)


最近恒例まったりタイム突入。
「もの足らん」「汗をかいとらん」と、姫路最高峰へと足を進めるかを思案する、、、、ふりもして、
結局「今日の目的は達成したよ」と自分に言い聞かせました。


「もう1往復したろか」と自分の踏み跡をたどって下山します。
小さな動物の足跡が多々あり、和んだ冬山遊びでした。

今夜から全国的に大雪の予報です。
雪への備えと転ばないようにペンギン歩きで要注意ですね(た)

⚓<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店・田中貴金属特約店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

1月17日(火)のさっき。
先週の奈良県「龍王山」の山頂から見えていた「金剛山」「葛城山」の並びに、美しく尖っていた「二上山(雄岳517mと雌岳474m)」が記憶に残り本日はココをチョイス。
大阪平野と奈良盆地の眺めを堪能してきました。


(9:25)よく整備された「道の駅ふたかみパーク當麻」の無料駐車場にお世話になりました。
とても大きな駐車場で、お土産コーナーや飲食スペース、キレイなお手洗い(←これが一番大事)もあり💯な道の駅です。


この道の駅をスタートに時計回りで周回します。関西100名山です。


風情ある大きな屋敷が並び、古い町並みの中を不審者のようにキョロキョロ抜けます。


葛城市はとにかくいたる所に貯水池が数多く点在しています。
年配の先輩方々が平日の早朝から静まり返った釣り堀で竿を垂れておられます(最高に贅沢な時間の過ごし方だ)

一方、私(🐽た)は、エレファントカシマシの『俺たちの明日』「さぁ頑張ろうぜ!!オマエは今日も・・・」が頭の中をヘビロ。

セカセカと山頂を目指しますよー


ひっそりとたたずむ「祐泉寺」をくぐると本格的な登山道が現れます。


コースは整備はされており、加齢による蝉の鳴き声をバックミュージックに攻めます。


ド平日の火曜日なのに、本日だけで20人以上登山者とすれ違う人気の山。


“THE 低山”ということで、候補から完全スルーをしていた「二上山」でしたが、最近低山ハイクも(無くなってきたのが実情だが)発見・気づきの連続で楽しんでます。


⚓京都北部の舞鶴市は3日連続の雨続きですが、太平洋側は天候に恵まれうらやましい限りですね。


約1時間で起点となる峠に出ました。
📍この起点が大阪難波と大和をつなぐ古代の交通の要所です。
左(南)に進めば100mで「雌山」、右(北)に600mで「雄山」です。
先ずは「雌山」へGO!


大阪市内のコンクリートジャングルもチラっと見えてきました。


(10:50)「雌岳」に楽々ゲット!



山頂は大きな日時計のモニュメント。
「maizuruのwatchmarker」として現時刻と整合性があるかをチェック(バッツスゥーだぁ!)


大和の街並みと先週お世話になった「龍王山」の峰々も一望できます。


南方面には手前が「大和葛城山」で奥が「金剛山」とへ続いており、この山を含め全長45㎞、大阪府の「ダイヤモンドトレール」コース上になっています。




富田林市にあるインパクト抜群の「PLの塔」もチラリ。


大阪市内も広く一望できます(これはハイカーが多いのも納得)


脇にそれ、少し岩肌を登ると「おおせ坂」という休憩所があります。
事前調べでは、野鳥がお菓子をもらいに来ますとのこと。
では無塩のアーモンドを砕いてテーブルの上へ。


警戒しながら、さっそく「シロハラ」が近づいてきました(Google レンズ)で検索、


可愛いお顔でこちらを覗きながら・・・


食べてくれました。やったー!


続いて「ヤマガラ」も。癒されますねぇ。


しばし休憩してReスタートですが、足が冷えて関節の動きが悪くなる(あるある)


続いて「雄山」ゲット!こちらは景色は残念(ランチは「雌山」が良いですよ)


大津皇子のお墓やて。なんか寂しい。


この後は気持ちよく下山ですが、次々と登山者が現れます。
地元民に愛されている「二上山」


反対側の登山口「二上神社」に一礼して心地よくフィニッシュです。
ここは眺め良し!登山コース良し!体力的にも物足りないけど良し!の素晴らしい山でした。
おススメです(た)

⚓<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店・田
中貴金属特約店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

1月10日(火)のさっき、記念すべき2023年一発目は奈良県天理市にあります「龍王山(585m)」で遊んできました。

「天理トレイルセンター」を起点に「崇神コース」→「竜王山」→「長岳寺コース」の反時計回りで周回です。

←クリックで大きくなります。
「近畿日本鉄道」さんのMAPを拝借。


アノお山ですよぉ。


「天理市トレイルセンター」の裏手のお手洗いをお借りします。
🐈ここのネコちゃんですが、他の登山者ブログにも登場するネコちゃん達です。


(9:30)レストラン、お土産、歴史の紹介が展示されている立派な「天理市トレイルセンター」に駐車させていただきレッツラゴーです(ありがとうございます)


ふう~ん。


とにかく大きな「崇神天皇陵」の脇にコースがあります。


こんもり「崇神天皇陵」から「龍王山」を望む。


山頂まで約4kmの「崇神ルート」は緩やかな登山道です。


確かに歴史ロマンを感じられるコースになっています。
平日にもかかわらず数名の登山者ともすれ違い人気のコースなのも納得。


多くの武士達も草鞋でココを登ったことでしょうね。


いたるところに小さな古墳群が現れます。


覗き込むのは少し怖いような。


お墓やもんね。


たまに刺激的な急登も現れますが鼻呼吸で登れるのんびコースです。


ラスト手前の登山道は、手入れの行き届いていない真っ暗な放置林へ。


枝が幾重にも重なり、鳥や風すらも通れない残念な静寂な杉林です。


「オイ!乗用車でこれんのかい!」と突っ込みたくなる山頂付近のアスファルト道にコニャニャチワです。


大きな案内板でコースを再確認しますが、イラストがあ誇張されておりわかりにくい(ありがち)


「田龍王社」龍王社がまつられ雨乞祈願が行われた場所(龍王山の名前の由来)
ではでは、竜王山山頂のある「南城跡」へスパートを切りますよ。


「てんぐ岩」おっ!眺め最高ジャン!(全国に天狗岩は100カ所以上あるはず)


そんなこったで(11:35)「竜王山」山頂GETです(すっげぇ)


関西人気NO.1の「金剛山2017.1」「葛城山2014.9」がうっすら鎮座されています。
その右側並びにに尖った「二上山」の雄山と雌山の勇姿が(←候補に決定、テッテレー)


「う~わ~、何これえ!!大和の國の宝石箱やぁ~」(彦摩呂風に)


スタート地点の「崇神天皇陵」の森が足元に見えています。


📍山城跡山頂は何故か理解に苦しむアスレチック遊具があり、とても残念な気持ちに。


雪もチラチラと舞って雰囲気を演出してくれますね(でも寒いわ!!)




年末お世話になった「生駒山」やその先に「明石海峡大橋」もうっすら見えているおススメロケーション。
強風に身を震わせながらしばし休憩タイムです。
では凍える前に「長岳寺コース」で下山します。


このコースは岩盤が露出し、脇にはいくつものお地蔵さんがお出迎えしていただけます。


登山口起点のセンターに隣接する「長岳寺」に。


ココで一礼をして本日のハイクはフィニッシュです。
このコースは初心者でも登りやすく、景色が最高のおススメコースでした。
本年もよろしくお願いいたします(た)

⚓<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店・田
中貴金属特約店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

🐰新年明けましておめでとうございます。

2023年もより一層のサービス向上を目指し、スタッフ一同誠心誠意努めて参ります。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

15()本日より通常営業となっております。皆様のご来店お待ちしております。

 

ジュエリー・時計・メガネ・補聴器・田中貴金属特約店 グレースシオミ

625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地

TEL0773-62-0370

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

12月30日のさっき、兵庫県宍粟市の「宍粟50山」完歩を目指し、積雪の心配をしながら「長水山(584m)ちょうずいさん」に2022年、師走最後の山遊びです。

⚓海の京都舞鶴からノンストップケチケチ下道で二時間半の130kmドライブ

(9:00)兵庫県西部、宍粟市山崎町にあります「伊沢の里」の横の駐車場に停めさせていただきました。


座席の形状に固まった背骨をポキッと伸ばし、温泉向いの「ふるさと広場」の横より登山開始です。


猟銃による狩猟注意看板にビビりながら、この小さな貯水槽を右折して左から降りてくるコースです。


草木に覆われたうっそうとした登山道、道迷いの心配もない一本道。


額に汗をにじませ10分程ハァハァすると木造の気味の悪い休憩所に到着。


屋根裏に山崎町の解説(一応パシャリ、ふぅ~ん)


おりゃ!っと尾根に出ると「展望台」が現れます。
岩のせり出ている前まで危険を顧みず前進(GO!フォワード!)


うっすら霞のかかった「やまざき町」の街並みが一望できます(キレイだ)


この「展望台」まで登ってしまえばそこからは「長水山」山頂までほぼ緩やかなアップダウンの尾根道です。


背の低い松が続く単調なコースです。


ず~と、こんな感じ。自分の枯葉を踏む音しかしない。


たまに急登が行く手を阻みます。
(無呼吸で登ったるわ!さぁこい!!)


(9:45)途中にあるピーク「北山(412m)」山頂。
尾根道だけに光のシャワーが両サイドから降り注ぎます。


(9:55)「分岐」山頂は右。帰路は左へ降りていきます。


山崎町の街並みをチラチラよそ見しながら


やっぱりおもんない単調だ!


あれ!民家?周りには道路はないんやけどなぁ?


裏に立派な石積みが現れ、コレが「長水城」のなごりやなぁと推測。知らんけど。


おりゃ!っと城跡(山頂)に。


🐽鼻水をふきながら「フムフム」


さらに少し登ると。


(10:30)「長水山(584.8m)」GET!!


山頂は立派な不動明王が祀ってあります。


よくもこんな場所にどのようにして部材を運び上げたのやろ?・・・いつも先人に感心させられます。


天候にも恵まれ、東方面の山々もGOOD!


南の方面は瀬戸内まで見える素晴らしさ(ブラボー!)


北西の方面




今回も我がド定番、安定の羊かんをよう噛んで一年を締めくくる。


分岐からの帰路は林道をチョイスしました。


途中でおもんないアスファルト林道に変化(失敗した)

 (本日のYAMAP)
ここからはいつものブヒブヒランニングで(11:39)7.8kmでフィニッシュです。

2022年の登山&山遊びは、早春の1月4日の「須磨アルプス」から始まり、本日の「長水山」の28座お世話になりました。
その中でも5月に登った愛媛県、スリルと絶景を満喫、西日本最高峰「石鎚山」へ。が印象的で根性試しの想いで深い山でした。
「日帰り登山で同じ山を登らない(そろそろ限界かも・・・)」が大前提ですが、2023年もケガに注意しながら良き山に出会えることを楽しみに、遊びに、遊びに、お仕事に、励んで参ります。

一年間、山ブログにお付き合いいただきありがとうございました。みなさま良いお年を(た

(年末年始の営業日)
12月30日(金)休み
12月31日(土)休み
1月 1日 (日)休み
1月 2日 (月)休み
1月 3日 (火)休み
1月 4日 (水)休み
1月 5日 (木)から通常営業です。

⚓<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店・田中貴金属特約店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

12月27日、天気に恵まれたさっき。
大阪と奈良の境にあり関西でも人気のハイキングコース「生駒山(642m)」でエンジョイしてきました。

奈良県側からのアプローチです。
都会の中にあり、全体的にコースは整備され歩きやすい。


(8:30)「近鉄生駒駅」近くの市営駐車場にINし登山服に着替え、サラリーマンの視線を感じながらレッツラゴーです。


アノ山の奥です。


狭く複雑に入り組んだ住宅地の先に表参道(ハイキングコース)があります。


「宝山寺」へと続く早朝のキレイな参道の石段を颯爽と進みます。


朱色に塗られた小さな神社を横目に


「宝山寺」の手前まで来ると旅館が目立ち始めます。


看板を見ると旅館数は少し寂しくなったようですが、昔は全国の信徒さんをお迎えされたのでしょうね。


生駒ケーブルの終点「宝山寺駅」です。
「宝山寺」参詣の方はココから歩きです。


両サイドに立派な灯籠がお出迎え。


大きなしめ縄が吊るされた鳥居をくぐると空気が一変します。


「宝山寺」次々車が到着する第一駐車場です。
ここでお手洗いをお借りしたのですがとてもキレイ(これ大事)


大本山生駒山 「宝山寺」です。


開運・金運向上でご商売人さんには有名な「宝山寺」らしい。


せり立った大きな岩山を背に、いくつもの建物が立体的にあられ圧倒されます。
お線香の香が漂う立派なお寺です。


50円で10本(少し多いなぁ)の大きなお香を立てさせていただきました。


清々しい気分でぐるっと参拝させていただき、境内の端へと進むと登山口がひっそりあります。
ここから本番の急登が続きます。


「ケーブル梅屋敷駅」(レトロ感がいいじゃん)


ひっそりとした登山道は非日常(空気もウマい!)


🚠「おっ、ケーブルカーが来た!急げ!!」ズルズルとワイヤーが擦れる音が近づいてきました。
どんなイカツイケーブルカーが通過するのか興味深々・気合十分、「THE!撮り鉄」気分でカメラを構え準備万端(🔥よしバッチコーイ!)


あっ・・・メルヘンチックやん・・・ 我ながら構えていた勇姿に恥ずかしくなってしまいます。


すれ違い、独りで乗車されてた中年オジサマと目が合いさらに複雑な心境に 何もなかったかのように、サッと登山コースに復帰。


気を取り直して我が脚で登山道をブヒブヒ進みますよ。
年末の早朝の手摺りは濡れており、石畳は霜でニュルっていてヨチヨチウオーク。


(10:01)しばらくすると急に前方がパッと明るくなり、ケーブル「生駒山上駅」終点に。


目の前には閑散とした「生駒山上遊園地」がゲートオープンで「YAMAPがこの先やで、おいでよ」いざないます。
それじゃぁ・・・と入園料を払わんでも良いのかなぁ?~と不安のまま「知りませんよぉー入りますよぉー」と、しれっと入ります。
(実は入園料は不要でした)


今は冬季閉園中で、多くの作業員の方々が山頂の寒風の中、あちこちで作業をされています。


今回の目指す一等三角点は、SL広場の敷地内にありタッチできず無念(なんで柵の中やねん!)


デカ!!この飛行塔は1929年開業当初からあり、一時遊園地は海軍の基地として使用され、戦中の金属回収令から免れた日本最古の現存する大型遊具らしい(メンテナンスが大変やろうね)


お待ちかねの大阪市内の姿が現れましたよぉ。


すんごっ!!
いつもの見渡す限りの山々も良いけど、大都会が広がっているのも感動モノですね。


ごっちゃごちゃの「梅田」のビル群や「あべのハルカス」、遠くは「淡路島」や「明石海峡大橋」、「六甲山」も一望できるご褒美。
新年1月3日、🏉高校ラグビー観戦にお邪魔する「近鉄花園ラグビー場」も手前にあります。




こちらで景色をアテにしばし休憩、ピストンをして本日のハイキングは終了です。
長い間、低山として見て見ぬふりをしていた「生駒山」、人気があるのもうなずけました(た)

 

⚓<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店・田中貴金属特約店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

12/20(火)のさっき、滋賀県八日市にある(神様だらけ)パワースポットで山遊びしてきました。
ここ最近、山登り「おひさぁ~な」お預け状態で息がアップアップを期待していましたが鼻呼吸で十分でした。

「太郎坊山(357m)」→「箕作山(373m)」→「小脇山(373m)」→「岩戸山(320m)」の反時計回りで小さなアップダウンを楽しめる(プチ)周回です。


真ん中の岩肌むき出しのアノ山が「太郎坊山」です(太郎って?)


(8:40)無料の「太郎坊宮駐車場」をお借りしてストレッチからのレッツラゴーです。
信仰の山ということで、山に入る前に先ずは参拝します。


⛩「成願寺」で一礼をして、本日の無事を祈願します。


すぐ左手に天まで続く長い長い石段が気持ちいい。


🐽鼻息荒めで登りきると朝日に照らされた立派な「参集殿」が現れます。


ここより2コースに別れる。
ではアマノジャクな(た)は裏参道をチョイス。


ふむふむ


大きな「七福神」が次々とお出迎えしていただけます。


この⛩「不動明王拝所」を一周して、裏の扉をノックして願えば叶うとの事ですが、、、ノックするのが怖いのでスルーです。


ここにも「大黒天」さま鎮座。


冬山あるあるですが、枝葉が落ち眺望が広がりますよ。


⛩「一願成就社」こんな狭い岩肌に次々と神社が現れます。


「恵比寿」さま。


境内最上部の⛩「本殿」横の展望舞台。


こりゃ素晴らしい見晴らしだ!


そのすぐ横に大きなパックリ割れた「夫婦岩」がテッテレー!っと現れます。


モーゼの十戒の海割れのように大岩の間を通らせていただきます。


地震来るなよ!今はアカンど!」とビビりながら通り抜けると、こちらが正面入口でした。


⛩「拝殿永安殿」滋賀県名物の“飛び出し坊や”が天狗スタイルです(ナイス!)


かなり背の低い舞台のココで舞を踊ったのかなぁっと勝手に想像。
(昔の人は小柄でこのサイズで十分だったのでしょうね、、、知らんけど、、、)


お清めの「御霊水龍神舎」です。完全に反対廻りのコースでした。


「御霊水」先を突き進むと、やっとこさハイキングコースが現れます。


クワガタ取りに行った夏の早朝の懐かしい森のにおいがします。
冷たい清らかな新鮮な空気を胸いっぱい吸い込み幸せタイム突入です。


そんなこったパンナコッタで高度を上げていきますよ。


低山ですが周囲に遮る山々もほぼ無く、ほぼ360°の眺望が望めます(サイコージャン)


少しまったり癒しタイム。


おりゃ!っと「太郎坊山」山頂ゲッツ!



「太郎坊山」より動画せっかちスピードの痛恨ミス(画面酔い注意ですよ)
ではでは次の「箕作山(みつくりやま)」へと向かいます。


(10:25)おりゃ!っと「箕作山」こちらもGET!


以前お世話になった「伊吹山」や「金糞山」もはっきり見えますよー。


ココのロケーションマジ最高やん。
今までこの際を通って左に見える鈴鹿山系へと数々向かえど、こんな素晴らしい山をスルーしていたことに反省(THE!灯台下暗し)


向かいのモッコリはさっき居た「太郎坊山」です。


(滋賀の田園風景)色とりどり縦横四角に整備された農地を見ていると日本人の几帳面さが伺えますね。


「小脇山」をいつの間にかスルーして「岩戸山」に。
こちらの岩には方向を指し示した十字が刻んであり「旗振山(野洲)」へと通信をしていたよう。


「十三仏」ふ~ん。


岩メッチャデカ!!(←まるで小学生)


「・・・聖徳太子が・・・」漢字が難しくてギブ。


「岩戸神明」裏山から下山してきたようで、やっぱりコース周回が反対のようでした。


空から降り刺さったような、とにかく大きな巨石です。
そりゃ先人は神が宿ると考えるはずですねぇ。
ではではラストスパートの下山です。


全く疲れることもなく数々のお地蔵さんに道案内していただき、集落まで降りてきました(やっぱり反対廻りのような)


ではラストスパートのあの「太郎坊宮」まで戻ります(それで太郎ってネーミングなんやったんやろね?)
本日の「太郎坊山」周回は神様が次々と現れるパワースポットでした。
おススメ★★★星3つです(た)

 

⚓<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店・田中貴金属特約店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

もうすぐ師走だというのに、季節外れの暖かい日差しで顔が日焼けした11/22(火)のさっき。
「明星ヶ岳(549m)」へ、軽~く汗ばんできました(「汗ばむわぁ~」山田花子風)

数日前、ポチポチ検索をしていたら魅力的なネーミングに惹かれコノ山をチョイスです。


(8:00)⚓海の京都舞鶴から4時間、三重県亀山市「国分寺南参道駐車場」へニュルりと参上。
気張ってくれた車に「おおきに!」と労をねぎらい、縮みこまったメタボ体系をストレッチしてレッツラブーです。


参道らしくお地蔵さんがお出迎えしてくれます。


登山道(参道)はまぁまぁ荒れてますよー(亀山市様へ)


少し疲れてきたナイスタイミングで大きな岩が現れます。
左が「もたれ岩」、右が「腰掛岩」と勝手に命名し休憩。


ズラリと整列されたお地蔵サン達がお出迎えしてくれます。
目線を合わせないように横目でお辞儀をしながらスルーしますね(なんとなく怖い)


少し進むと、静まり返った「国分寺本堂」に到着です。
お尻を向けた立派なモーモーちゃんが振り向くナイスショット(かわいい)


誰もいなく、ひっそりと山奥で佇む寂し気なお堂です(弘法大師ゆかりみたい)


「国分寺」を抜けると📍分岐が現れます。
本日はココを右へと登り、左側から戻ってくる反時計回りです。


(8:22)早くも「国分寺山393m」をGET!


かなりの急登が続き第二の心臓・我が自慢の「ふくらはぎ」をイジメジメです「気持ちいいー!」


変態のようにハァハァの口呼吸で攻め登ると「なんだ!?」この細っチョロイ違和感しかないアンテナ。
おだてられ登ったものならポキリそうやん(ブー)


そんなこった、パンナコッタで(9:15)「明星ヶ岳(東峰)549m」山頂イタダキ!(見過ごす地味さ)


山頂は木々に囲まれ残念なロケーションなので、スルーしてその先の「西峰」へ向かいますよー


葉の落ちた木々の間から遠くの山々がようやくコニャニャチワしてくれます。


ラスト急登を登りきるとリビングほどの「西峰」山頂にフィニッシュします。
ここでチョー早めのモグモグタイム突入します。




北側には以前お世話になった鋭く尖った「鎌ヶ岳」や「御在所」など鈴鹿山脈の南部の姿が。


天を仰ぐと、、、なんと同時に4機もの飛行機が西から東へ。
不安定な世界情勢、国民が逃避行してるんちゃうん?(妄想族)と心配になります。


天気も気温もGOOD!癒しの時間を満喫します。


下山コースは不明瞭な「沢ルート」を選択しました。(📍目印が少なすぎます、亀山市様へpart2)
途中に広大なSHARP「世界の亀山」液晶工場が現れます(うちのテレビの故郷かぁ~)


本日はネタが少ないので沢ガニちゃんをパシャリと登場。
ひっそり好きな方(←おられるのかなぁ?)にはおススメな山でした(た)

 

⚓<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店・田中貴金属特約店> グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地 TEL:0773-62-0370

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス もご覧くださいね。
京都北部の地域情報、ブライダル特集 CSオンライン もご覧くださいね。

平素は格別のお引き立て賜り誠にありがとうございます。

さてこの度、11月11(金)・12日(土)・13日(日)の3日間 グレースシオミでは、シオミ店内にて『舞宝展』(ジュエリー・ウオッチの展示会)を開催させていただく運びとなりました。
普段店頭では見ることのできないジュエリーやウォッチ、👜BAGやコートなど北近畿最大のアイテム数で豊富にご用意しております。
また特別な特典やイベント、皆様が楽しめる企画も多数ご用意しております。

<舞宝展 2022>
2021年 11月 11日 (金) 10:00 ~ 18:30
2021年 11月 12日 (土) 10:00 ~ 18:30
2021年 11月 13日 (日) 10:00 ~ 18:30

※通常営業はしておりますが、メガネ・補聴器、金・地金の売買、古物の買い取りは開催日の3日間休業とさせていただきます。

なお👓メガネ11/10(木)午後から前日準備の為、また11/14(月)開店からは順次ですが、店内を整えて参りますので眼鏡フレーム等ゆっくりご覧いただけない場合もあるかと存じます。
お客様には、ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店グレースシオミ

〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370  FAX:0773-64-3806

初号機のデザインを受け継ぐ「GMW-B5000D」をベースに、エリック・ヘイズ氏の代表的なアートをバンド部分にあしらったアーティスティックな特別なモデルとなっております。10月28日(金)本日発売です。


GMW-B5000EH-1JR ¥96,800(税込)

お求めは信頼・安心のCASIOコンセプトショップ
⚓京都舞鶴グレースシオミまで  ☎0773-62-0370まで。

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム(ジュエリー)
グレースシオミ インスタグラム(メガネ)
googleマイビジネス
もご覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

グレースシオミオフィシャルHP

ホームページはこちら!

ランキング参加中!!

アーカイブ