天パーもクリクリする梅雨が続き山へのお出かけができません。
で、チョイ前に神の宿る奈良県大峯山系(関西100名山)「稲村ヶ岳(1726m)」行ってきた山行のご紹介です。

天川村洞川温泉地区にあります「母公堂(ははこどう)」からピストン。
お腹の弱い幼少から大変お世話になっている漢方薬「陀羅尼介丸」のふるさと。
この山は戦前まで女人禁制の山だったらしい。


舞鶴から我慢の4時間、まずは「母公堂」の駐車場に800円で駐車させていただきました(もう疲れているしー)


(8:32)お堂チョイ横の登山口から「法力峠」を目指してレッツラゴー!熊に注意看板有り!


所々に橋がかけてありますが崩落している橋もあります。


(9:18)ハァハァ言いながら「法力峠」に。
右に30分ほど進めば、鹿がわんさかいた「観音峯山」です。
今回は直進です。


おっ

マンモスやんカッチョイイ。


所々登山道が崩落しています。滑落即チーン(慎重に慎重に)


(10:17)起点となる「山上辻・稲村ヶ岳山荘」に気持ちよく到着です。


左折すると霊場・修験道の聖地「山上ヶ岳」です(コノ空間は神がかっていますよぉ)


赤い屋根の山荘ですが本日は閉まっているらしく、小屋の窓内に何か見えたら怖いので(ビビり)そそくさと横目でスルーします。


麓から吹き上がる寒風が強く耳がちぎれそう。


「大日山」の斜面下には残雪が涼しげにあります。


非日常が体験できる。


ラストは鬼の急登

眺望デッキがお出迎え(いつも思うが、よくこんな場所に建てたなぁ)


(10:52)「稲村ヶ岳(1726m)」山頂をGET!


デッキがあるという事は全方向抜群のロケーションのはず・・・


以前お世話になった「山上ヶ岳」「大普賢岳」「観音峯山」など眺望を期待したのですが全く見えず残念。


帰ぁ~えろ。


と、その前に寄り道して隣の「大日山(1689m)」へ向かいます。
「イカツくそそり立ってるなぁ」


「大日山」ですが、分岐から10分程、鋭いキレッキレのキレッドで奈落の底が待ち構えているチョー危険エリア(電波はほぼ圏外、ケガしたらあの世行き)


信じて良いのか不安になりそうなガチャガチャハシゴを頼りに三点支持でよじ登ります。


不安しかない木製階段。


(11:22)山頂に手に汗握ってホット到着。
山頂には祠があり、山岳信仰の山であることがわかりますね(行くも怖いが帰りもなお怖い)


カラータイマーが残りわずかなので山頂タッチ&ゴーです。


帰路はガスもハレて雄大な大峯山系が広がってきました(山あるある)


このトイレですがウソのように大きく傾いています。
ココでウ〇チを踏ん張り、くしゃみをしたら、ドリフのコントのように建物倒れそう。


(12:45)2回程足をくねり冷や汗かいたのですが(痩せなアカンね)駐車場に無事に帰ってきました。
全体的に急登は少なく、なだらかで距離(10.7km)のあるほぼ一本道。
ルートを外れる心配はありませんが、危険個所が数カ所あり注意は必要な山でした。
楽しい4時間強でした(た)

<ジュエリー・ウオッチ・メガネ・補聴器の専門店>
グレースシオミ
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜266番地
TEL:0773-62-0370
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ

グレースシオミ Facebook
グレースシオミ インスタグラム
googleマイビジネス
もご覧ください。

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

グレースシオミオフィシャルHP

ホームページはこちら!

ランキング参加中!!

最近のコメント

アーカイブ