» 2016 » 2月 » 3のブログ記事

ワタクシ事ですが2月3日(節分)がお誕生日プレゼントは常に募集中)

父方の実家が京都吉田神社のご近所ともあって「縁」を感じていました。

でぇ『節分祭』でチョー有名な京都吉田神社ですが、

3日間 (2/2(火)~2/4(木))に渡っての開催とは知らず、

前日にパソコンで知る。ではでは、、3月2日(火曜定休)に早朝カットビGO!!


クルマをポイして左京区東大路通りから吉田山を見るとズラッと露天が並びます(パブロフのイヌ状態

まだ朝一番なので的屋準備中。800店もの露天が並ぶらしい(とにかく凄い数と良いニオイ)



わが母校を横目に(ウソ)進みます。


『吉田神社 節分祭』について少し。。

室町時代に執行されて以来、信仰と伝統を誇る京洛の一大行事で例年約50万人の参拝者が訪れ、

境内は多くの露店と厄除祈願やくちなし色の御神札を求める参拝者の人波で埋め尽されるらしい(カンコピ)



京都市内の有名企業さまから賞品が提供されています(福豆を買えばコノ抽選券がもらえます)



右の白いテントで旧年の御札などを収め左へ進む。



朝の9時過ぎ、オテテをあわせます(まだ参拝者はマバラ)

 

御神徳へ。こちらはお菓子の祖神として祀られている社だそうです。

オレーー甘い物が大好きなので「将来困りませんように」と祈願。



ではでは、節分祭の3日間にしか入ることのできない右奥の「大元宮」に向いましょう
 

神聖な場所で空気が張りつめています。



この境内グルリと朱色に塗られた祭壇が囲い、昔の国名で書かれて祀られています。

※ここにくれば全国のふるさとのお参りができるらしい(すごい)


ここにお参りできるのは年に3日間のみだそうです。



ギャンブル運ゼロですが「厄除け福当りつき抽選券&福豆(¥200)」を購入。

どちらがメインかわからない。強行バタバタでしたが、

少し春を感じ心が豊かになった(た)でした。

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

グレースシオミオフィシャルHP

ホームページはこちら!

ランキング参加中!!

最近のコメント

アーカイブ